お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

基礎講座(預金編)19:ネット銀行には通帳がない?

<ネット銀行には通帳がない?>

  ネット銀行というと、店舗を持たないネット専業銀行をイメージする人が多いだろうが、メガバンクなどの店舗型銀行でもネット専業銀行と同様のインターネットサービスを提供している。

 では、ネット銀行とは何か?ということになるのだが、定義というものは実はない。したがって、ネット専業銀行という「銀行そのもの」と、店舗型銀行が「インターネット上で提供している銀行サービス」をまとめてネット銀行と捉えればよいだろう。

 そうなると、今回のタイトル「ネット銀行には通帳がない?」の回答はどうなるかというと、これは銀行のタイプによる。

 まず、店舗のないネット専業銀行は通帳を発行しない。これはイメージ通りだろう。ネット専業銀行の場合は、ネット上で見られる入出金明細で履歴をチェックすることになる。

 ただし、参照期間が決まっているため(銀行によって異なる。長いと口座開設日からすべて、短いと2年位)、定期的にデータをダウンロードしておく必要がある。

 メガバンクなどの店舗型銀行は当然ながら通帳を発行している。つまり紙の通帳もあるし、インターネット上でも通帳に近いもの(一定期間の入出金明細)を見ることができるというわけだ。

 もう1つ、この店舗型の銀行がバーチャルの支店を持っているケースがある。例えばメガバンクなら、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行には、「インターネット支店」という店舗のない支店がある。ここに口座を開くと、通帳は発行されない。

 ただし、前述のように一定期間内は(2ヶ月とする銀行が多い)インターネット上で明細が見られるため、日ごろはここで履歴をチェックすればよい。もちろん定期的にダウンロードしておかなければならないのは言うまでもない。
 その期間を過ぎても、銀行によっては、通帳に近いステートメントを発行してくれる銀行もある(三菱東京UFJ銀行など)。このステートメントの参照期間も無制限ではないため(2年など)、やはり定期的にダウンロードしておく必要がある。

 各行とも、入出金明細やステートメントのダウンロードをし忘れても、有料で紙の明細を発行してくれるが、日ごろからダウンロードをする癖をつけておいたほうがよいだろう。

お金に関する基礎講座のメニューへ

【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト