お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちになりたければ、まず300万円作れ!

 

 何もしないでお金持ちになれるということはまずない。お金持ちになるためには、何か行動を起こさなければならないのだが、何か行動を起こすにはお金が必要である。皮肉な現実だが、お金持ちになるためには、ある程度のお金が必要になるのだ。

スガシカオの人生哲学とは
 ミュージシャンのスガシカオ氏は、かつて広告代理店に勤務するサラリーマンであった。会社勤めをしながら音楽活動を続けチャンスを待ち、現在の立場を得た。

 スガ氏がTV番組のインタビューで「夢を追いかける若い人に向けて何かメッセージを」と問われ「とにかくお金を貯めてください」と言っていた。スガ氏は生活費を切り詰めて貯金していたのだが、デビューのチャンスが巡って来たときには、躊躇なく会社を辞め、そのお金を使って最新の機材を揃えたのだという。

 ミュージシャンのデモテープを作るための資金ならばそれほど多くは必要ないかもしれないが、何らかの事業や投資を満足に行うためには、やはり300万円から500万円くらいのお金が必要となる。

 ワタミの創業者である渡邉美樹氏が起業資金を作るために佐川急便のセールスドライバーとして1年間勤務したことは有名な話である。佐川急便のセールスドライバーは現在では普通の仕事になっているが、かつては給料が破格に良いものの、過酷な労働環境で知られていた。

 ネットの普及や新しいサービスの登場で、事業運営に必要なコストはここ10年で激減している。単に事業を開始するだけであればもう少し少ない金額でも大丈夫かもしれない。
 だが、1ヶ月や2ヶ月で事業が軌道に乗る保証はないし、事業をプロモーションするための費用などは、ある程度まとまった金額でないと効果が出ないものもある。それと何よりも、ある程度の期間事業を継続しないと、市場に認知される前に撤退することにもなりかねない。
 どのようなビジネスであれ、やはり300万円から500万円くらいの軍資金はあった方がよい。

投資も金額が大きい方が有利
 投資についても同様である。伝説的な投資家の中には、資金10万円から1億円を稼いだ人もいるだろう。
 だが金額が小さくなればなるほど、選択できる投資手法が少なくなってくる。金額が大きい方がやはり有利なのである。
 
 300万円から500万円というと、多くの人にとっては相当高いハードルかもしれない。だが厳しいことを言うようだが、この金額を何とかして用意できないようだと、お金持ちになってからも相当苦労し、結局失敗してしまう可能性が高い。

 軍資金を用意できるか出来ないかはお金持ちになるための一種の試金石なのである。

 比較的給料のよい会社に勤めるサラリーマンであれば、300万円の貯金は節約だけで作れるかもしれない。だが、給料が安い会社や定職を持っていないという場合には、そうそう簡単にこの金額を作ることはできない。

 もしそうなら、知恵と体力で勝負である。

知恵か体力か人脈か?
 ワタミの渡邊氏のように、キツイ仕事だが給料の良いところを探すのもよし、親兄弟を説得するのもよし、場合によって彼氏や彼女に出してもらうという手だってあるのだ(実際、ホリエモンの創業資金は、当時付き合っていた彼女の父親から出ている)。
 究極の知恵は、お金がまったくかからないビジネスを見つけ出すことだ。

 広告代理店から事業をスタートし、現在では10社以上の会社を保有する実業家のN氏は、最初の仕事に広告代理店を選んだ理由として「お金がなかったから」と述べている。
 広告を出したいクライアントの代わりに、広告を入れる媒体を探してくるのが広告代理店の仕事である。N氏はクライアントから先にお金をもらい、そのお金を使って営業活動し、媒体を見つけてきたら決済をしていた。先にお金がもらえるので、資金がゼロでも事業を進めることができたのだという。
 
 口でいうのは簡単だが、実際にこれをやるのは相当難しい。先にお金を払ってくれる会社などそうそうあるわけがない。N氏はクライアントの会社の社長さんにいたく可愛がられており、特別待遇が可能だったのだ。

 結局、お金というものは、知恵か体力か人脈のどれかに依存している。そしてごくわずかだが、運にも依存するのだ。

【参考記事】
出来ない理由を並べる人はお金持ちになれない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kouka64a
消費税前、駆け込み購入は無意味

 4月1日から消費税が増税された。日本はこの四半期、景気の落ち込みが予想されてい …

siomura
都議会ヤジをお金持ちの視点で見ると

 東京都議会のヤジが大きな問題となった。とりあえず都議会としては、「信頼回復を目 …

a0002_00llc
お金持ちの人から話を聞くときの注意

 お金持ちの人たちの話は、著書やメディアのインタビューなどを通じて、間接的にでは …

masuzoe
舛添知事に庶民感覚がないという話はウソ。お金持ちから見ると彼の行動は典型的な庶民

 舛添要一東京都知事の経費問題が大騒動になっている。当初は別荘がある湯河原まで公 …

a0027_001582
お金持ちになりたければ本当の敵を知れ

 お金持ちには敵が多いという。確かにそれは当たっているが、実はお金持ちを目指した …

a1370_000218
お金持ちにギャンブル好きが少ない理由

 お金持ちの人にギャンブル好きは少ない。だがそれは、お金持ちは堅実でしっかりして …

roudoujikan512
年収が高いほど労働時間が短い?

 サビ残という言葉に代表されるように、日本の職場は長時間労働が多いといわれている …

a0001_016nnb
お金持ちは物事の是非と損得を明確に整理できる

 正しいことと自分が得することは一致するとは限らない。これがなかなかうまく合致し …

a0001_013656
リスクをとった人にもれなくご褒美はアリか?

 先日、20代前半の若者が事業に失敗した。それほど大きな負債を抱えたわけではない …

kuraudo5466
クラウドの進展は、お金儲けをしたい人にとって大きなチャンス

 このところ、ITビジネスの世界で大きな変化が起こっている。これまで一部のサービ …