お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

投資で成功していないのに、なぜか他人の投資手法を声高に批判する人

 

 投資の話をしていると、他人の投資手法についてむやみに批判する人が必ず出てくる。たいていの場合、こうした人は投資で成功しておらず、お金を持っていない。

貧乏人の常套句「そんなこと誰でも知っている」
 もし投資やビジネスで成功していて、ある程度の資産を持っているなら、他人の投資手法を批判する必要はまったくない。もしバカげた手法だと思っても、自分には関係ないからだ。

 もし、本人がアドバイスを求めているのであれば丁寧に解説するが、本人がそうでないなら基本的にはスルーである。ましてや他人の投資のやり方を批判するなど、まったくもって意味不明である。

 だが、そのような人は、必ず一定数存在している。

 以前、数人で投資について話をしていた際、筆者が「相場というのは値幅よりも時間の影響が大きいので、あまり価格だけを見ない方がよい」という話をした。するとその場にいたAさんが「それはおかしい」と、なぜか激高して筆者を批判してきた。

 不思議なことだが、この手のタイプは、なぜかすぐに激高する。

 彼は、筆者の主張に対して「そんなことは誰でも知っている」と批判し、彼が信奉しているあるテクニカル理論を持ち出してきて「価格の動きを読まなければ投資で勝つことはできない」と「あなたの分析は薄っぺらい」と声高に自己主張を始めた。

 筆者は「いろいろな考え方があると思うが、時間に着目するのもひとつの方法論なのでは?」と穏やかに返したのだが、彼は聞く耳をもたず、さらに批判を繰り返してきた。

gekiko1114

知識をコツコツと積み上げた人が成功できる
 筆者が彼に資産額を聞くと300万円だという。あまりにもAさんが非礼なので「そんなこと誰でも知っているとおっしゃいますが、なぜ、豊富な知識を持つあなたの資産額がたったの300万円なのですか?」「私は誰でも知っていることしか知りませんが、それでも数億の資産を作ることはできましたよ」と話した。

 彼は「金額の問題ではない」「自分も利益を上げている」、さらに激高して意味不明の反論をしてきたので、筆者はその場を切り上げた。

 おそらくだが、Aさんは自身の経済力や社会的地位、投資でうまくいっていないことなどについて強い不満を抱いている。

 本来なら、努力でそれを覆せばよいのだが、彼は、他人を貶めたり、批判することでしか、自身を正当化することができない。投資やビジネスで成功して多少のお金を持てば、彼の性格も変わるかもしれないが、このタイプに限ってななかなか成功できないので、きっかけすらつかめないというのが現実だ。

 しかも、投資でうまくいっていない人ほど「そんなことは誰でも知っている」というセリフを多用する。ビジネスや投資で重要なのは基礎的な知識であり、基礎的な知識というのは、あっと驚くような内容ではない。
 一見すると、誰でもが知っているようなレベルの話をコツコツを積み上げ、確実に自身の中で消化していくことによって、はじめて実力が身に付いていく。

 当たり前に見える知識をバカにする人は、ほぼ100%大きな資産を作ることはできない。

 気の毒ではあるが、この手の人に出くわしたら、すぐにその場を立ち去るのがベストである。彼等と関わるのは、人生の壮大な無駄遣いである。すでに成功した資産家にとってはもちろんのこと、これから成功を目指すビジネスマンや投資家にとっても、時間ほど貴重なものはないはずだ。

  関連記事

sushishokunin4531
寿司職人の修行は無意味なのか?という論争から分かること

 寿司職人が何年も修行することの是非がネットで話題になっている。きっかけは、ホリ …

soros
権威に逆らうとお金持ちになれる?

 フツーの人と同じような常識的で大人しいことばかりやっていては、そうそうお金持ち …

maxweba
社会学でも証明されたお金に執着しない人がお金持ちになれるメカニズム

 お金に対して過度に執着があると、お金持ちになりにくいといわれる。お金持ちになっ …

tenteki
お金で命は買うことができるのか?

 最近では富裕層ブーム?を反映して、お金持ちのための特別な病院が増えてきている。 …

hikutsu
卑屈な精神構造ではお金持ちになれない

 せっかくのチャンスがありながら、物事に対する考え方一つで、それを生かせないケー …

gojuon
お金持ちは物事を内容で理解し、貧乏人は語り口調で理解する

 物事の理解の仕方というのは、人によって天と地ほど違う。お金持ちの人は、このこと …

rakuten
楽天やAmazonで生活する人

 前回のコラムでは、自力で食べていけることと、お金持ちになることには大きな違いが …

a0001_013656
リスクをとった人にもれなくご褒美はアリか?

 先日、20代前半の若者が事業に失敗した。それほど大きな負債を抱えたわけではない …

a0002_001045666
会社は従業員の物という考え方はなぜダメなのか?

 一時期、会社は株主のモノか、従業員のモノかという論争があった。どうも日本では、 …

S氏夫婦は自由を満喫している(写真はイメージです)
お金から自由な人と不自由な人

 前回は資産家と高級取りの違いについて考えてみた。同じ「お金持ち」でも資産家の人 …