お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

ロックフェラーを陰謀論として理解しているうちはお金持ちになれない

 

 ジョン・ロックフェラーは、歴史上もっとも多くのお金を稼いだ人物として知られている。ロックフェラー一族は、多数の企業を支配下においていたことから、一族が世界の政治や経済を陰で操っているといった陰謀論的な話題の対象にもなっている。
 だが、ロックフェラーについてこうした陰謀論をイメージしているうちはお金持ちへの道は遠い。ロックフェラーの実像は、豪腕だが戦略的な実務家であり、彼から学べる点は多い。

油田の採掘ではなく地味な流通を選んだ理由
 ジョン・ロックフェラーは1839年、ニューヨークで生まれた。真面目で熱心な少年だった彼は会計を学び、その後、ある企業の経理担当として仕事を始めた。ここで彼は、契約や資金の回収など、後の石油会社の経営に役立つ知識をすべて習得したといわれている。

 20歳になり、ジョンは友人と運送業をスタート。その後、オハイオ州にある小さな製油所を所有することになった。これがスタンダート石油の前身となった企業である。

 当時、石油が発見され、ビジネスの世界でも石油ブームとなっていた。多くの人が、一攫千金を夢見て油田の採掘を目指したが、ロックフェラーは違った。彼は油田の開発には目もくれなかったのである。

 油田の開発はリスクが大きく、掘り当てられるかどうかは、かなりの部分が運に左右されてしまう。しかも、石油が巨大なビジネスに成長するのであれば、最終的に業界で大きな影響力を持つのは流通や販売の部分である。石油の流通・販売なら、それほど大きな資本を必要とせずに参入が可能であり、確実にビジネスを成長させることができる。

 こうしてロックフェラーは石油の流通という地味な業態からスタートし、やがてその会社はを世界的な巨大企業に育て上げた。

rokkufera

ソフトバンク孫正義社長との共通性
 この話は、実はソフトバンクの孫正義社長とよく似ている。孫氏は起業するにあたり、今後、急成長が期待できるソフトウェアの業界を選択した。だが多くの起業家とは異なり、孫氏はソフトウェアの開発には手を出さなかった。

 ソフトの開発は、うまくいけば大きな利益を得られるが、失敗することも多く、賭けの要素が強いビジネスである。彼はソフトウェアの開発ではなく、参入が容易で、着実にビジネスを成長させることができる流通の分野を選択した。ソフトバンクという社名はここから由来している。

 ソフトバンクは、ソフト流通の世界では有力な企業に成長し、孫氏はそこを基盤に事業の拡大を図っていった。孫氏は特に口にしていないが、ロックフェラーのビジネスからヒントを得たことは間違いないだろう。

 ロックフェラーはかなり強引な手法も使ったので、一部からは非常に恐れられた。世界を支配しているという陰謀論もこうしたイメージから出てきたものだろう。だがロックフェラーの強みをあえて強調するなら、強引なことではなく、やはり実直さだろう。

 彼は晩年、後進の実業家に対して、簡単に仕事を変えるなと説いている。着実なビジネスを志したロックフェラーらしいアドバイスといえる。

  関連記事

suga
お金持ちになりたければ、まず300万円作れ!

 何もしないでお金持ちになれるということはまずない。お金持ちになるためには、何か …

bakuzen2001
漠然と正しい人が儲かる

 「正確に誤るよりは、漠然と正しくありたい」これは経済学者ケインズの名言だが、こ …

bakgaesi2
半沢はお金持ちになれない

 ドラマ終了後も世の中では半沢ブームが続いている。半沢の将来は実業家か?という話 …

chojikanzangyo
お金持ちは日本人が長時間労働になってしまう本当の理由を知っている

 電通の過労自殺事件をきっかけに、日本人の働き方が議論となっている。確かに長時間 …

Image2
即断即決できる人がお金持ちになれる理由

 お金持ちになるための秘訣のひとつに即断即決がある。これは多くの人が言及している …

a0002_004908
人を「使う」ことができなければお金持ちにはなれない

 特別な能力を持っているごく一部の人を除けば、自分一人だけでお金儲けをすることは …

obo0021
お金持ちはコピペが上手い

 小保方さんの論文問題をきっかけにコピペの是非が再び議論の対象となっている。人が …

4350891
医者はお金持ちなのか?

 かつて医者はお金持ちの代名詞だった。今でも医者は高額所得者のイメージがあるかも …

restoran
お金持ちはなぜ自分の店を持ちたがるのか?

 お金持ちの中には、飲食店を本業にしているわけでもないのに、自分のお店を持つ人が …

ER177_Lmaibotu01
埋没コストを誤解してはいけない

 原発の停止と再稼働問題によって、ここ数年埋没コスト(サンクコスト)の概念がクロ …