お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

ロックフェラーを陰謀論として理解しているうちはお金持ちになれない

 

 ジョン・ロックフェラーは、歴史上もっとも多くのお金を稼いだ人物として知られている。ロックフェラー一族は、多数の企業を支配下においていたことから、一族が世界の政治や経済を陰で操っているといった陰謀論的な話題の対象にもなっている。
 だが、ロックフェラーについてこうした陰謀論をイメージしているうちはお金持ちへの道は遠い。ロックフェラーの実像は、豪腕だが戦略的な実務家であり、彼から学べる点は多い。

油田の採掘ではなく地味な流通を選んだ理由
 ジョン・ロックフェラーは1839年、ニューヨークで生まれた。真面目で熱心な少年だった彼は会計を学び、その後、ある企業の経理担当として仕事を始めた。ここで彼は、契約や資金の回収など、後の石油会社の経営に役立つ知識をすべて習得したといわれている。

 20歳になり、ジョンは友人と運送業をスタート。その後、オハイオ州にある小さな製油所を所有することになった。これがスタンダート石油の前身となった企業である。

 当時、石油が発見され、ビジネスの世界でも石油ブームとなっていた。多くの人が、一攫千金を夢見て油田の採掘を目指したが、ロックフェラーは違った。彼は油田の開発には目もくれなかったのである。

 油田の開発はリスクが大きく、掘り当てられるかどうかは、かなりの部分が運に左右されてしまう。しかも、石油が巨大なビジネスに成長するのであれば、最終的に業界で大きな影響力を持つのは流通や販売の部分である。石油の流通・販売なら、それほど大きな資本を必要とせずに参入が可能であり、確実にビジネスを成長させることができる。

 こうしてロックフェラーは石油の流通という地味な業態からスタートし、やがてその会社はを世界的な巨大企業に育て上げた。

rokkufera

ソフトバンク孫正義社長との共通性
 この話は、実はソフトバンクの孫正義社長とよく似ている。孫氏は起業するにあたり、今後、急成長が期待できるソフトウェアの業界を選択した。だが多くの起業家とは異なり、孫氏はソフトウェアの開発には手を出さなかった。

 ソフトの開発は、うまくいけば大きな利益を得られるが、失敗することも多く、賭けの要素が強いビジネスである。彼はソフトウェアの開発ではなく、参入が容易で、着実にビジネスを成長させることができる流通の分野を選択した。ソフトバンクという社名はここから由来している。

 ソフトバンクは、ソフト流通の世界では有力な企業に成長し、孫氏はそこを基盤に事業の拡大を図っていった。孫氏は特に口にしていないが、ロックフェラーのビジネスからヒントを得たことは間違いないだろう。

 ロックフェラーはかなり強引な手法も使ったので、一部からは非常に恐れられた。世界を支配しているという陰謀論もこうしたイメージから出てきたものだろう。だがロックフェラーの強みをあえて強調するなら、強引なことではなく、やはり実直さだろう。

 彼は晩年、後進の実業家に対して、簡単に仕事を変えるなと説いている。着実なビジネスを志したロックフェラーらしいアドバイスといえる。

  関連記事

konwaku
フローでお金持ちになる方法とストックでお金持ちになる方法の違い

   お金持ちにになるためは2種類の方法がある。ひとつはフローでお金持 …

a0002_000167
お金持ちは紹介の扱いが上手

 人からの紹介はネットワークを広げるチャンスだ。よい人を紹介してもらえれば新しい …

a0002_005819
荷物が多い人は貧乏人?

 最近、旅行ではなく普通の移動時に荷物用カートを使う人が増えてきている。電車など …

muroi
お金持ちには友達がいない!

 作家でタレントの室井佑月氏がいつもの口調でバラエティ番組でコメントしていた。  …

jikosekinin
お金持ちの人が考える自己責任とは

 お金持ちの人は自己責任の考え方が徹底している。だが、ここで注意しなければならな …

utagai6440
お金持ちと庶民とどちらが疑い深い?

 お金持ちと庶民とどちらが疑い深いだろうか?お金持ちの人は庶民と考え、庶民はお金 …

yume0025
夢を持てという人を信用するな

 夢を持つことは大事だといわれる。ネットやテレビを見ても夢を持たなければいけなよ …

a0002_001578
ファストフード命という人はお金持ちになれない

 お金持ちになろうとしている人で、ファストフードが大好きという人がいたら、少しば …

sobauchi54
お金持ちになれる趣味の持ち方

 世の中には、いい趣味の持ち方といった話がある。いい趣味を持って、オンとオフをし …

aisaa
自動車ドロボーから下院議員になった男

 前回のコラムでは、趣味に凝るタイプの人はお金持ちになりにくいという話を書いた。 …