お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちの男性が女性にモテる理由は、長期戦が可能だから

 

 お金持ちの男性は女性にモテるといわれる。その理由はお金があるからなのだが、そう言ってしまうと身もフタもないし、女性の側もお金があれば何でもいいというわけではないだろう。お金持ちは有利な立場で行動できるケースが多く、これが大きく作用している可能性がある。

お金があると長期戦が可能となる
 この話は男女関係に限らず、あらゆる分野に共通する話だが、経済的に余裕があることの最大の利点は、長期戦ができることである。

 筆者の知人でバツイチの経営者がいるが、彼の見た目はごく普通か、もしくは冴えない部類に入る。だが、女性のヒット率は高い。ちなみに彼は、全身ブランド物といった雰囲気ではなく、高いお店にばかりに誘っているわけでもない。

 彼のヒット率が高いのは、ある程度、長期戦で取り組んでいることに起因している。もちろん彼が、数多くの女性に声をかけていることは間違いない。何人もの女性に声をかけまくるのは、まるでゲームのようで、結構みっともないかもしれないが、現実問題として、多くの女性に声をかけないと、うまくいく回数が減ってしまうのもの事実だ。

 これはビジネスの話に置き換えればよりイメージしやすいだろう。セールスは効率も大事だが、やはり絶対数の影響は大きい。結局のところ、大きな成果を上げている営業マンは、多くの潜在顧客と接触しているものだ。

moteru5479

恋愛はビジネスと同じ?
 問題は誘った後のことである。彼の見た目はごく普通なので、誘っても断られることが多いそうだ。ところが彼は、断られることについてはまったく気にしていない。2回ほど頼んでみて、ダメそうだと分かると、あっさり引き下がり「でも気が変わったら一緒に行ってね」と付け加えている。

 その後、しばらくの間は、その女性と顔を合わせることがあっても、ごく普通の会話に終始し、誘ったことにはまったく触れないそうである。ある程度の期間を置いてから思い出したように「そういえば、食事の件だけど、気が変わったりしていない?」と切り出すと、結構な確率でOKしてくれるそうである。

 女性も食事に誘われて悪い気はしないはずである。だが、誘いに乗る気はあまりないし、しつこいのは絶対にイヤというところがホンネだろう。ここであっさり引き下がられ「気が変わったら一緒に行って欲しい」と言われてしまうと、相手も少しだけ後悔してしまう。

 後日会っても、その件にまったく触れられないと、人によってはちょっとガッカリしてしまうかもしれない。そのタイミングでもう一度誘えば、OKしてくれる確率が上がるという算段だ。

 実は、こうしたやり取りは、仕事ができる人なら、ビジネスの現場で自然と実行しているはずである。相手に提携を持ちかけるようなケースはまさに恋愛と同じなので、こうした手法が生きてくる。仕事ができてお金が稼げる人にモテる人が多いのはこのあたりの原因がありそうだ。

  関連記事

a0008_002042
床屋に髪を切るべきか相談するな

 「床屋に髪を切るべきか相談するな」というのは、かのウォーレン・バフェットの名言 …

fufu0001
ダブルインカムはお金持ちへの最短距離

 大きくお金を儲けるにはある程度の元手が必要。これは残念ながら真実である。よほど …

panasonic03
選択と集中か?それとも分散か?

 かつて選択と集中というキーワードが流行ったことがある。現在でもグローバル経営の …

oikomare6494
お金持ちは追い込まれる前に動く

 お金持ちになれる人は、追い込まれる前に動く。まだ余裕があるので、それほど多くを …

SONY DSC
お金持ちはお金持ちなりに大変なのだ

 お金持ちにとって、そうではない人とのコミュニケーションは大きな負担となる。   …

Image2
体育会系はお金持ちになれない

 本コラムでは、資格マニアや読書家など、お金持ちになりにくいタイプの人をいくつか …

hatudate
割り勘男がお金持ちになれない訳

 初デートの時に割り勘はOKか?というのはよく議論になるテーマだ。男女平等の世の …

iyasinojouho
お金持ちは情報を願望として処理しない

 大きなお金を稼ごうと思う人にとって情報は武器である。すでに多額の資産を築いた人 …

sainoutosikaku6879
才能と資格が一致するとは限らない

 世の中では、ある職業や立場に就くために、一種の資格が必要なケースが出てくる。弁 …

a0006_002881
「時間が出来たら」という人はお金持ちになれない

 旅行や趣味などお金や手間のかかることについて「時間が出来たらやりたい」と考える …