お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは「書き言葉」で考える

 

 言葉には話し言葉と書き言葉の2種類がある。同じように頭の中においても、話し言葉で考える人と、書き言葉で考える人に分かれる。どちらも同じ言葉なのだが、お金持ちになるという点において、圧倒的に有利なのはやはり書き言葉の方だ。

話し言葉は前後関係などが渾然一体になりがち
 話し言葉は文字通り、普段話している内容そのままの言葉である。これに対して書き言葉は、文章として書く時に用いられる言葉ということになる。
 お金持ちになるにあたって書き言葉が不利になってしまうのは、話し言葉は、頭の中に浮かんだものがそのまま形になりやすく、物事の前後の関係性などが渾然一体となってしまうからだ。

 よくブログなどでは話し言葉での記述が見られる。

 話し言葉は親しみやすい感じがするので、相手を安心させるテクニックとしては時に非常に有効な手段となる。しかし、いつも話し言葉でしか物事を考えていない人は、複雑な事柄を整理したり、関連付けることが苦手になる。また思考のスピードも遅くなりがちだ。

 話し言葉は、「えーと」とか「うーん、やっぱり」といった具合に間に余計なフレーズが入る。どうでもよい話題について、何も考えずに漠然と読み進める場合には、話し言葉でもよいだろう。だが、素早く全体像を理解したいといった時には、話し言葉での記述はイライラするはずである。

 同じように、頭の中で話し言葉で考えていると、思考のスピードもゆっくりになってしまう。このモードに入ってしまうと頭がフル回転しなくなる。

kakikotoba

お金持ちに読書家が多いのは必然
 筆者は本コラムで、お金持ちになるためには、論理性が重要だという話を何度も繰り返してきた。論理性を保つためには、書き言葉で考えることが重要である。

 お金持ちになる人に読書家が多いというのは、すでに社会的なコンセンサスとなっているが、この話も言葉の件と密接に関係している。書籍のほとんどは書き言葉で書かれており、読書するという行為は、自然と書き言葉で思考する結果につながってくる。

 読書の効用のひとつは、書き言葉で考えられるようになることであり、お金持ちに読書家が多いことはある意味で必然の結果なのである。

 書き言葉的な思考に慣れるためには、今の自分の気持ちを文章にしてみるとよい。気持ちを文章にすると、意外と自分の気持ちをよく理解できていないことに気付く。

 あきれているのか哀しいのか、淋しいのか気楽になったのか、など、複数の気持ちが混同し、単純に区別が付かないこともある。あえて言葉で説明することで、気持ちの混乱状態を整理できるはずだ。
 こうした論理性は、自分の状態を理解することだけにとどまらず、相手の状況を理解する助けにもなる。相手を理解することはすべての経済活動の基礎であり、お金儲けに関するすべての局面で役に立つだろう。

  関連記事

Image0002
お金持ちはお金に対する大衆の心理を理解している

 日本人の多くは、恐ろしいほどお金やビジネスに対する知識がない。知識がないといと …

a0001_015857
物事を言い切ってしまう人はお金持ちになれない

 世の中には物事について言い切ってしまう人がいる。その道何十年という大ベテランな …

PHM11_0584
インサイダー取引を批判しているようではお金持ちになれない

 インサイダー取引とは、企業の重要情報を持つ関係者が、その情報が発表される前の株 …

a0002_010590
お金持ちになれる人は夫婦仲が良い

 既婚者でお金持ちになれる人は夫婦仲が良いというケースが多い。同じお金を稼ぐので …

ER177_Lmaibotu01
埋没コストを誤解してはいけない

 原発の停止と再稼働問題によって、ここ数年埋没コスト(サンクコスト)の概念がクロ …

iihito190
お金持ちが人によって態度を変えるワケ

 お金持ちの人は相手によって態度を変えるとよくいわれる。これにはお金持ちではない …

FB119_L
年収1000万円はお金持ちではない!

 前回はいくら以上から大金持ちといえるのかというテーマだったのだが、結論としては …

yasasi7001
お金持ちが交渉相手に対して優しいことが多い理由

 お金持ちの人は、思いのほか、交渉相手に対して優しく接することが多い。もちろんこ …

goutei3321
お金持ちの帝王学

 お金持ちの家に生まれた子供は非常に有利だが、一方でかなりのプレッシャーにもさら …

futofukutsu
三菱自動車のデータ改ざん事件などから見えてくる、お金が稼げない人の思考回路

 三菱自動車のデータ改ざんや東芝の不正会計など、このところ、日本企業の不祥事が目 …