お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは追い込まれる前に動く

 

 お金持ちになれる人は、追い込まれる前に動く。まだ余裕があるので、それほど多くを犠牲にせずに最悪の事態を回避することが可能だ。一方、貧乏な人は、追い込まれてからしか動けない。状況が悪くなってからの行動なので極めてリスクが高く、場合によってはこれが致命的な損失になってしまう。

状況が悪くなれば、さらに動けなくなる
 何か良くない状況が発生した時、それに対応することは経済的にも精神的にも負担が重い。しかし状況が深刻にならないうちであれば、最小限のロスで撤退することができる。

 物事には失敗やトラブルが付きものであり、それは成功者も同じである。しかし成功できる人は、多少の損失が出たとしても、事態が深刻になる前に、そこから離脱することができる。失ってしまった時間やお金はコストだと割り切ることができるのだ。
 
 最悪の状態にさえならなければ、また次のチャンスを狙えばよい。大切なのは致命的な損失を抱えることなく、しっかりと生き延びることである。

 しかし、貧乏人体質の人はそれが実行できない。目先の損失が嫌で、早い段階での決断を回避してしまうのだ。結果として、最悪の状況になるまで動けず、大変なリスクを背負ってしまうことになる。

 一般的に、傷口が浅い段階で決断できない人が、さらに傷が深くなってから、きっぱりと決断できる可能性は低い。たいていの場合、物理的にどうしようもなくなるまで放置してしまう。

oikomare6494

お金への過度な執着心があるとお金持ちになれない
 ギリギリまで追い込まれた人は、その状態を回避しようと、今度は極めて大きなリスクを取ったりする。うまくいかなった場合には、それで万事休すだ。このパターンですべてを失ってしまう人は多い。

 本コラムではよく指摘しているが、こうした事態に陥ってしまう原因のほとんどは、お金に対する過度な執着である。失敗を認めて撤退することにはリアルな損失が伴う。早い段階で決断すれば、金額も少なくて済むわけだが、お金に対する執着心があるとそれを邪魔してしまう。

 矛盾しているようだが、適切なリスクを取って、大きな利益を出すためには、お金に対してむしろ淡泊になることが重要である。これは資本主義というメカニズムが持つ皮肉といってよい。

 失敗したプロジェクトからなかなか撤退できない企業を時々見かけるが、これもまったく同じ理屈である。目の前の損失に対する執着が強すぎると、どうしても決断することができない。

 このようなタイプの人や企業は、普段はリスクに対して過剰に消極的である。だが、追い込まれてしまうと、今度は、見境がないレベルまでリスクを取りに行ってしまう。何事にもバランスが大事である。

  関連記事

1896149
アメリカと日本でこんなに違う「運」に対する考え方

 お金持ちの世界は結果がすべてである。お金持ちになれなかったり、お金を失ってしま …

shouhitaisho9316
お金持ちにとって消費してよいお金とは

 散財して資産をなくしてしまうお金持ちは論外として、大きな資産を維持できるお金持 …

menntaruokane7469
お金持ちになるための2つのステップ

 お金持ちになるためには、二つのステップをクリアする必要がある。ひとつは、実際に …

ER177_Lmaibotu01
埋没コストを誤解してはいけない

 原発の停止と再稼働問題によって、ここ数年埋没コスト(サンクコスト)の概念がクロ …

seigikan
お金持ちは正義を振りかざさない

 最近は何かと正義が重視される。ネットを眺めれば「○×の発言はケシカラン」「○× …

mobile
勝つことより負けないこと

 お金持ちになるために意外と重要なことが「負けないこと」である。 投資であれ事業 …

buken
お金持ちはお金がある時に借金する

 借金はお金がないときにするものというイメージがあるが、お金持ちの行動はその逆だ …

EU011_L
お金持ちになる人は若いうちから贅沢を経験している

 生まれつきお金持ちの人は当たり前として、後からお金持ちになった人も、多くが若い …

GD169_L
借金や破産にもいろいろある

 お金持ちになるために借金をする人も少なくない。特に事業をする場合には一定の軍資 …

naniwa
高利貸しが儲かると思っているようではお金持ちにはなれない

 銭ゲバの象徴ともいえる高利貸し。非合法のものはヤミ金、合法だがかなりドギツイの …