お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちになれる人は節約しない

 

 お金持ちになれる人は節約しない。これはバンバンお金を使えばお金持ちにになれるという話ではない。節約という考え方そのものは間違っていないが、節約だけでは大きなお金を貯めることは不可能である。支出をうまくコントロールしてまとまったお金を作るには節約するのではなく、お金を使わないことが大事なのである。

価格と品質がうまくバランスする領域を探す
 お金持ちの人はたいてい、無目的の貯蓄や、節約そのものを目的とした節約には否定的である。お金を増やすためにはどうしても一定金額の軍資金が必要となる。貯蓄というのは、投資の原資にすべきものである。

 また、貯蓄をするためには、どうしても節約という考え方も必要となってくる。つまり節約は最終的に投資につながっていなければ意味がないということになる。筆者もまったく同感である。

 だが節約を実施するのはそうそう簡単なことではない。「安物買いの銭失い」という言葉はあるが、そうだからとって高いものばかり買っていてはお金はなくなる一方である。まとまったお金を作るには、安くて、それなりの品質のものを買うことが重要となってくる。

 モノの値段と品質を考える際に注意する必要があるのは、値段と品質の関係である。値段が高くて品質がよいの当たり前のことである。しかし値段が2倍高いからといって、品質が2倍になるわけではない。たいていの場合、値段が高くなればなるほど、品質がよくなる割合が低下してくる。

 最近はコスパという言葉が安易に使われているが、もっともコストが安く、かつ品質のよい領域というものを探し出すことが重要である。

setuyaku

最強の節約は買わないこと
 ひとつの例をあげてみよう。2000円のワインと1万円のワインを比較した時、1万円のワインは、2000円のワインに比べて5倍味がよいというわけではない。
 どのくらい値段が上がると品質が向上するのかという割合はものによって異なるが、感覚的には値段が倍になっても品質は1.2倍から1.5倍程度と考えた方がよいだろう。

 そうなってくると、長く使えばよいからといって、高いモノを買うという行為は、必ずしも合理的とはいえなくなってくる。賢明な人は、価格と品質の関係が最適となる商品をしっかりと選択するはずだ。

 だがこれだけでは不十分である。いくらコストパフォーマンスがよい商品を買ったとしても、それで捻出できる金額はたかが知れている。しかしこれを克服する方法がある。それは「買わないこと」である。

 これは冗談でいっているワケではない。お金の神様と言われた作家の故・邱永漢氏は、買いたいと思うモノの8割は不要であると喝破している。1000円のものを900円にしても効果は100円だが、900円の支出そのものを控えれば、効果は9倍である。

 本気でまとまったお金を作ろうとする人は「支出しない」という戦略を本気で考えてみた方がよいだろう。そんな考え方はバカバカしいと思うなら、消費生活を謳歌すればよい。

  関連記事

ER177_Lmaibotu01
埋没コストを誤解してはいけない

 原発の停止と再稼働問題によって、ここ数年埋没コスト(サンクコスト)の概念がクロ …

gakkou
学校教育の呪縛から解放されないとお金持ちにはなれない

 日本人は学校教育が大好きである。勉強が好きなことは悪いことではないが、学校教育 …

kyokan01
共感を望んでいてはお金持ちにはなれない

 世の中には他人からの共感を求める人は多い。リアルな友人関係でもネットのブログで …

alibaba001
アリババと楽天の違い

 中国の電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディングが、とうとう米国の株式 …

satsuhito00
お金儲けとは他人からお金を奪うことか?

 お金儲けは他人からお金を奪うことであり基本的に略奪だという意見がある。一方で、 …

sentaku401
迷ったらチャレンジングな方を取れ

 お金持ちになるための考え方の一つに「迷ったらチャレンジングな方を取れ」というも …

hinkon
本当のところ日本の貧困はどの程度なのか?

 NHKの報道をきっかけに、貧困問題に関する議論が紛糾している。ネットでの議論を …

a0006_002426
お金持ちは金額大きいときほど大胆に決断する

 多くの人にとって、小さな金額の方が大きな金額よりも判断がラクだろう。金額が小さ …

shoseki551
お金に関する情報をどこで得てきたか?

 世の中には、特別な情報を得るコネがないとお金持ちにはなれないと思っている人が大 …

gakkou749
お金持ちは学校からの呪縛から自由

 お金持ちになれない人のかなりの割合が、学校の呪縛から自由になっていない。特に日 …