お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちになれる人は節約しない

 

 お金持ちになれる人は節約しない。これはバンバンお金を使えばお金持ちにになれるという話ではない。節約という考え方そのものは間違っていないが、節約だけでは大きなお金を貯めることは不可能である。支出をうまくコントロールしてまとまったお金を作るには節約するのではなく、お金を使わないことが大事なのである。

価格と品質がうまくバランスする領域を探す
 お金持ちの人はたいてい、無目的の貯蓄や、節約そのものを目的とした節約には否定的である。お金を増やすためにはどうしても一定金額の軍資金が必要となる。貯蓄というのは、投資の原資にすべきものである。

 また、貯蓄をするためには、どうしても節約という考え方も必要となってくる。つまり節約は最終的に投資につながっていなければ意味がないということになる。筆者もまったく同感である。

 だが節約を実施するのはそうそう簡単なことではない。「安物買いの銭失い」という言葉はあるが、そうだからとって高いものばかり買っていてはお金はなくなる一方である。まとまったお金を作るには、安くて、それなりの品質のものを買うことが重要となってくる。

 モノの値段と品質を考える際に注意する必要があるのは、値段と品質の関係である。値段が高くて品質がよいの当たり前のことである。しかし値段が2倍高いからといって、品質が2倍になるわけではない。たいていの場合、値段が高くなればなるほど、品質がよくなる割合が低下してくる。

 最近はコスパという言葉が安易に使われているが、もっともコストが安く、かつ品質のよい領域というものを探し出すことが重要である。

setuyaku

最強の節約は買わないこと
 ひとつの例をあげてみよう。2000円のワインと1万円のワインを比較した時、1万円のワインは、2000円のワインに比べて5倍味がよいというわけではない。
 どのくらい値段が上がると品質が向上するのかという割合はものによって異なるが、感覚的には値段が倍になっても品質は1.2倍から1.5倍程度と考えた方がよいだろう。

 そうなってくると、長く使えばよいからといって、高いモノを買うという行為は、必ずしも合理的とはいえなくなってくる。賢明な人は、価格と品質の関係が最適となる商品をしっかりと選択するはずだ。

 だがこれだけでは不十分である。いくらコストパフォーマンスがよい商品を買ったとしても、それで捻出できる金額はたかが知れている。しかしこれを克服する方法がある。それは「買わないこと」である。

 これは冗談でいっているワケではない。お金の神様と言われた作家の故・邱永漢氏は、買いたいと思うモノの8割は不要であると喝破している。1000円のものを900円にしても効果は100円だが、900円の支出そのものを控えれば、効果は9倍である。

 本気でまとまったお金を作ろうとする人は「支出しない」という戦略を本気で考えてみた方がよいだろう。そんな考え方はバカバカしいと思うなら、消費生活を謳歌すればよい。

  関連記事

momosuke
元祖ホリエモン。福沢諭吉の義理の息子は毒舌拝金キャラ

 ホリエモンこと堀江貴文氏は「お金で何でも買える」と発言して世間の顰蹙を買った( …

morningset
時間のコストというものを真剣に考えよう

 時間には実は莫大なコストがかかっている。この部分をどう考えるのかで、豊かさに対 …

Image6
お金持ちへの道から遠ざけてしまうNG会話

 わざわざ自分をお金持ちから遠ざけてしまうようなNG会話が染みついている人がいる …

a1640_000054
お金を儲けるとはどういうことか?

 お金持ちになるためにはお金を儲けなければならない。当たり前のことである。だが生 …

hora
ホラは吹いた方がよい

 普通ホラ吹きは嫌われる。だがお金持ちになった人にはホラ吹きが多い。今回は吹いて …

GD181_L
お金持ちは人を敵か味方かに分けない

 「人間には、敵か、家族か、使用人の3種類しかいない」と豪語したのはかの有名な田 …

kyaba01
お金持ちはキャバクラでおいしい思いができるのか?

 キャバクラでモテるためにはお金が必要だという。一方で、お金をかけずにキャバクラ …

kome001
生産性が高いということ

 「コメ作りをやっていると人口が減る」という秋田県知事の発言がちょっとした話題に …

sansu5967
3.1+5.9=9.0と解答できる人はお金持ちになれる素質がある

 少し前、3.1+5.9=9.0という解答が小学校のテストで不正解になるという問 …

a0002_010335001
将来のために今ガマンするはウソ

 将来のためには、今ガマンをすることは重要だといわれる。日本は小さいときから、後 …