お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちの人は自分の死を数字にできる

 

 お金持ちの人にとって時間は何よりの貴重品である。したがって自分が死ぬまでにどのくらい時間があるのか、人が死ぬ確率はどのくらいなのか、冷静に計算していることも多い。こうした思考回路はお金持ちにとってますます有利に働くことになる。

死ぬまでの時間をカウントダウンする起業家
 GMOインターネット創業者の熊谷正寿氏は、常に自分が死ぬまでの時間をカウントダウンしているという。ゼロから会社を立ち上げ、巨大企業に成長させた熊谷氏だが、まだまだやりたいことがある。このため、エクセルで自分の余命を常にチェックし、限られた時間を有効に活用しているのだそうだ。

 そんなことをしてもいつ死ぬのか分からないだろうと思った人は少し慎重になってみた方がよい。人がどの程度の確率でなくなるのかは容易に知ることができるし、そうした感覚があると資産形成にも非常に役立つのである。

 普段はあまり意識していないかもしれないが、生命保険というのは、人が亡くなる確率を客観的に分析しないと成立しない商品であり、保険の商品設計は非常に参考になる。

 では、人が亡くなるというのはどの程度、現実的な問題なのだろうか。

 実は豊かになった現在の日本では人はそうそう亡くなくならないというのが客観的な判断である(もちろん不幸にして亡くなってしまう方は一定数存在するが・・)。

 例えば、60歳まで死亡保険金が出るタイプの商品に30歳で加入したと仮定しよう。月々の保険料は1万5000円だとすると、加入者は60歳までの間に合計で540万円のお金を払うことになる。保険金が6000万円の場合、保険会社は加入者が死亡する確率を540万円/600万円で9%と計算していることになる。

kauntodaun

人はそうそう亡くならない
 しかし、現実に30歳の男性が60歳までに死亡する確率は7%程度しかない。9%の人が亡くなることを前提に保険料を徴収しているが、実際に亡くなる人は7%である。この差額はすべて保険会社の儲けということになるわけだ。

 40男性が1年以内に死亡する確率はわずか0.1%、50歳になっても0.3%である。これを高いと見るか低いとみるかは人それぞれだが、意外と低いというのが多くの人の印象ではないかと思われる。

 そうなってくると、平均寿命までのカウントダウンを毎日行っている熊谷氏の習慣にはしっかりとした合理性がある。また、この計算結果は、場合によっては過剰な保険に入ってしまう人がいる可能性も示唆している。

 もちろんイザという時の備えは必要だが、過剰な保険負担が家計を大幅に圧迫している人も少なくない。死亡するリスクと支出については適切なバランスが必要であり、このあたりの感覚は、資産形成の大きなカギとなってくるはずである。

  関連記事

oboriken
お金持ちは情報のバイアスから自由である

 人は知らず知らずのうちに情報にバイアスをかけている。多くの人が、どうなるのかを …

mobile
勝つことより負けないこと

 お金持ちになるために意外と重要なことが「負けないこと」である。 投資であれ事業 …

rakuten
楽天やAmazonで生活する人

 前回のコラムでは、自力で食べていけることと、お金持ちになることには大きな違いが …

a0009_000153
お金持ちの健康志向は独特だ

 お金持ちの人で健康に関する意識が高い人は多い。確かによほどの資産家で、しかもほ …

sinnjitu2147
お金持ちにとって、真実とは自分の外にあるもの

 真実は世の中にひとつだけと思われているが、実際は違う。人によって真実の定義が違 …

mannsatu7448
多くの人はインフレの恐怖を知らない

 アベノミクスの成果が出てきたのか、このところ日本の物価が上昇している。2月の消 …

a0002_007180
苦労した人がお金持ちになりやすいワケ

 苦労が多かった人はお金持ちになりやすいといわれているが、それは大筋合っている。 …

piramido4477
人間ピラミッドの議論から考える経済的思考

 このところ小学校や中学校の組体操で行われている人間ピラミッドに関する話題を多く …

goutei3321
お金持ちの帝王学

 お金持ちの家に生まれた子供は非常に有利だが、一方でかなりのプレッシャーにもさら …

rurumoraru4789
お金持ちは共通のルールを重視する。貧乏人は個人的なモラルを重視する

 社会におけるルールとモラルは似ているが、実は全く異なる概念である。ルールは合意 …