お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは物事を内容で理解し、貧乏人は語り口調で理解する

 

 物事の理解の仕方というのは、人によって天と地ほど違う。お金持ちの人は、このことを痛いほどよく理解しており、ビジネスや投資にフル活用している。これが分かっているのと分かっていないのとでは、極めて大きな差が付くことになる。

同じ中身でも、相手の受け取り方は正反対になる
 お金持ちの人は、物事を論理で理解する。文章であれば書いてある中身で、しゃべっている場合には、その論旨で意味を理解する。しかし多くの人が同じように物事を理解しているわけではない。むしろ物事を情緒で理解する人の方が圧倒的に多いのだ。

 文書であれば、中身ではなく文体で判断しているし、相手がしゃべっている場合には口調で判断しているのだ。そんなわけはないと思うかもしれないが、これは事実である。

 実際、筆者はコンサルタントの仕事をしている時に、顧客企業と様々な実験を行ったことがある。例えば、本人にとって深刻な内容を、やさしく、そして気軽そうな口調で相手に伝えた場合と、これとは逆に、本人とってはたいしたことのない話を、厳しく、こわそうな口調で相手に伝えた時とでは、後者の方がより深刻に捉えているケースの方が圧倒的に多かった。

 また、同じ難易度の話を、やさしそうに読める文体で書いたものと、小難しそうな文体で書いたものとでは、読んだ人の反応はまるで異なっていた。前者の文章を目にした人は「内容が薄い」など、上から目線での感想を持ち、後者の文章を目にした人は「勉強になった」といったような下手に出るような感想が多くなる。

 これは学歴もあまり関係しない。高学歴者が論理的な理解が得意というのは幻想に過ぎず、どんな職業の人でも、情緒型の人は結構な割合で存在しているのが現実だ。

gojuon

これは一種のマインドコントロール?
 つまり、多くの人が、実は文章や説明というものを論理的になど把握などしていないのだ。一方、お金持ち体質の人は、相手の口調や文体がどうあれ、何を言っているのか、何と書いてあるのかを徹底的に知りたがる傾向が強い。そのような人と、口調や文体でしか内容を把握しない人との間で、競争力に差が付くのは当たり前のことである。

 お金持ちの人は、ここからさらにもう一歩進んで、相手が情緒でしか理解しないことを、ビジネスなどでフル活用している。カギを握るのは内容ではなく、口調や文体であることを利用して、人をうまく動かすのである。これは一種のマインド・コントロールであり、やり過ぎると少々問題なのだが、多くの成功したリーダー達が実践していることでもある。

 こうしたテクニックに惑わされず、しっかりとした判断力を身につけるためには、情緒で物事を判断しないよう、日頃から訓練することが重要である。相手の話を聞くときには、どんな口調なのかは無視して、何を言っているのかをまず理解するクセを付けていく。文章も同じで、基本的に文体は無視して読み進めるのがよい。

 情緒を使ったトリックはマスメディアの記事ではフル活用されている。記事をよく読むと、内容と語り口調が正反対といものも少なくない。記事を見て単純に怒ったり、喜んだりしている人は要注意である。マスメディアの記事など信用にならないと普段から息巻いている人ほど危ない。

  関連記事

a1180_006712
提示された価格をそのまま受け入れてしまう人は貧乏なまま

 世の中、何をするにもお金がかかる。だが何かをするにあたって、提示されている金額 …

GD181_L
お金持ちは人を敵か味方かに分けない

 「人間には、敵か、家族か、使用人の3種類しかいない」と豪語したのはかの有名な田 …

setuyaku
お金持ちになれる人は節約しない

 お金持ちになれる人は節約しない。これはバンバンお金を使えばお金持ちにになれると …

a0002_006348
なかったことにしてしまう人はお金持ちになれない

 自分に都合の悪い出来事はなかったことにしてしまう人は多い。確かに嫌なことを延々 …

pump054
お金持ちを分類してみると

 世の中に存在しているお金持ちはいくつかの人種に分類することができる。もちろんす …

tegamitegaki
手書きの手紙で依頼する人は仕事がデキないという発言をどう理解すべきか

 手書きの手紙で依頼してくる人は「仕事ができない人」だという、若手社会学者・古市 …

tenbin42dd828
お金持ちは他人との関わりをマネジメントしている

 お金持ちの人は、他人との関わり方について、常に細心の注意を払う。下手に他人に関 …

a0002_001045666
会社は従業員の物という考え方はなぜダメなのか?

 一時期、会社は株主のモノか、従業員のモノかという論争があった。どうも日本では、 …

a1180_003202
お金持ちになりたければただの消費者になってはいけない

 お金にまつわる世界では、人間には「消費者」と「投資家」の2種類しかないといわれ …

sentaku401
迷ったらチャレンジングな方を取れ

 お金持ちになるための考え方の一つに「迷ったらチャレンジングな方を取れ」というも …