お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

日本人は皆マスゾエさん?経費に血道を上げる人はお金持ちになれない

 

 舛添要一東京都知事がとうとう辞任を決断した。舛添氏を批判する声はすさまじいものがあるが、実は、日本のサラリーマンの中には、舛添氏的な人は無数にいる。単純に役職が低いので大きなお金を使えないだけで、経費にタカろうという人は多いのだ。

経費に血道を上げる人は、お金に対する執着心が異様に強い
 筆者は、以前から、会社の経費で飲み食いしようとする人は、お金持ちになれないと指摘してきた。ケチな人はダメだという単純な理由もあるのだが、ここには、もう少々、本質的な理由がある。

 舛添氏くらいの立場になれば、不適切な支出といってもかなりの額となるが、普通のビジネスマンにとっては、会社の経費で落とせる額などたかが知れている。そんな程度の支出のために、周囲からはケチだと思われたり、経理部門に文句を言われたりしながら、経費の処理をすることはあまり合理的とはいえない。

 では、なぜ経費で落とそうという人は、そこまで経費での処理にこだわるのだろうか。ズバリいうと、これはお金に対する異様な執着心の裏返しである。しかも、ある種の性癖と同じで、実は本人にもコントロールできていないことが多いのだ。

 理性で考えて不適当であっても、自分のカネを使わないで済む方法があると、それをガマンすることができないのである。こうした感情は、まさに右脳レベルの話なので、理性で抑えることが難しい。そして、自分のお金を問答無用で手放したくないというこうした感情は、お金儲けにとって、もっとも邪魔な存在なのである。

ryoshusho9379

手離れが良くないと大きなお金は稼げない
 筆者は、以前、自身が経営する会社で、ある大企業の出身の人物を雇ったことがある。その人物は入社早々、会食の経費を会社に請求してきたが、内容はまったくのプライベートなものであった。筆者が指摘しても、仕事に関係あるという、見え透いた言い訳を延々と繰り返すだけであった。

 これは一種の病気であり、おそらくこの人物は、経費の使い方について指導を続けても、改善することはほぼ不可能と考えられた。
 その人物については、筆者は、多少の時間を置いた上で、会社を退いてもらった。後で知ったのだが、その人物は家計もかなりの浪費体質となっており、兄弟からお金を援助してもらっている状況だったようである。

 お金とは不思議なもので、普段は支出には厳しくても、使うべき時にお金の手離れがよい人のところに、なぜか集まってくるものである。
 ビジネスや投資において、ここぞ!という時には、苦労して貯めたお金であっても、惜しげもなくつぎ込まなければダメである。この決断ができるかどうかが、最終的には勝負の分かれ目となる。

 普段のお金の使い方において、ケチで経費依存のタカリ体質になっている人が、イザという時に思い切ってお金を投じることが出来たケースを筆者は見たことがない。

 もしお金持ちになりたいと思っているのなら、経費で落とそうなどという考えは、すべて消し去ることだ。

  関連記事

hatudate
割り勘男がお金持ちになれない訳

 初デートの時に割り勘はOKか?というのはよく議論になるテーマだ。男女平等の世の …

Image2
我慢すると貧乏になる

 最近はずいぶん変わってきたが、日本では子供のことから徹底的に我慢することを教育 …

soros
権威に逆らうとお金持ちになれる?

 フツーの人と同じような常識的で大人しいことばかりやっていては、そうそうお金持ち …

GD093_L
交渉ばかりする人はお金持ちになれない

 交渉が上手な人は儲け方がうまいと思われている。確かに交渉が上手なことは重要なこ …

koutujiko
お金持ちになれる人は、特権に対する解釈が違う

 先日、TBSの記者が万引きで逮捕されるという事件があった。今回のケースにおいて …

a0002_010421
どのレベルのお金もちを目指すのか?

 ひとくちにお金持ちといってもいろいろある。500万円の貯金があればお金持ちと思 …

PHM11_0604ety
心が狭い人はお金持ちになれないのか?

 自分が心が狭いのかどうかを気にする人は多い。ネットの掲示板や相談コーナーなどに …

GD169_L
借金や破産にもいろいろある

 お金持ちになるために借金をする人も少なくない。特に事業をする場合には一定の軍資 …

FQ145_L
老後が心配なのでお金が欲しいという人は要注意

 お金持ちになりたいと思う理由は人それぞれだ。だが、なんとなく老後が心配なので、 …

yasukukau001
利益を上げる方法は単純だ

 利益を上げるためには、安く仕入れて、高く売ればよい。そんなことは誰もが分かって …