お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

舛添知事に庶民感覚がないという話はウソ。お金持ちから見ると彼の行動は典型的な庶民

 

 舛添要一東京都知事の経費問題が大騒動になっている。当初は別荘がある湯河原まで公費を使ったハイヤーで移動していたことが問題視されていたが、政治団体の資金を個人的な旅行に使っていたなどの疑惑も出てきており、このコラムを書いている段階では予断を許さない状況となっている。

自身の支出を会社の経費で処理しようとする人は基本的に貧乏人体質
 舛添氏に対しては「庶民感覚が欠如している」「税金ドロボー」などと激しい批判が寄せられている。週末、別荘に向かう際に公費のハイヤーを使うというのは、許容される範囲を超えており、批判されるのは当然だろう。

 ただ、こうした彼の行動に対して「庶民感覚がない」というのは少し違うかもしれない。お金持ちの目線から見れば、舛添氏の行動は典型的な庶民であり、むしろ庶民感覚丸出しである。

 舛添氏は都知事なのでハイヤーが使えるし、経費の金額も大きくなるので、特権階級的に見えるのかもしれない。だが、要するに彼がやっていることは、自分の飲み食いの支出を会社の経費で落とすという行為であり、お金持ちがすることではない。ケチなサラリーマンが日常的にやっていることと、基本的に同じ類いのものである。

 本コラムでは何度か指摘しているが、自分の支出を会社の経費で落とそうと血道を上げる人は、基本的に貧乏人体質である。会社の経費に血眼になっているということは、目の前のお金が最優先ということを意味している。
 大金を稼ぐには、戦略的に大きなものにお金を投じる決断が必要だが、このようなことをやっているうちは、思い切った行動には移せないだろう。

masuzoe

湯河原の別荘は昭和な人にとってはあこがれの的?
 舛添氏の様子が少し哀しげに見えるのは、週末に湯河原の別荘に通うという、いかにも「昭和」な行為を、政治家としての旬を過ぎた今になって、そして、これを組織の経費で実現しようとしている点である。

 問題の別荘は、舛添氏が自身の会社を通じて1999年に購入したものである。当時、舛添氏はタレント学者だったのでかなりの収入があったはずだ。都知事選に落選した年でもあり、ひとつの区切りとして夢を実現したかったのだろうか。

 湯河原はかつて文人が別荘などを構えていたことで知られる街で、古い世代の人にとって、週末をここで過ごすことは一種の憧れのであった。

 その後、舛添氏は国会議員となったが、政界再編の波にもまれて行き場を失い、今回、非常にラッキーな形で知事に滑り込むことができた。ようやく安定した名誉と地位を得ることができ、少し贅沢をしたくなったのかもしれない。彼がそれなりの年齢になったことも影響しているだろう。

 だが、それを経費でというのが何とも哀しすぎる。彼がまだ政治家として旬を過ぎておらず、大きなお金を動かせる立場にいれば、このような行為には走らなかったかもしれない。舛添氏はかつてはお金持ち体質だったのかもしれないが、今となっては、それも完全に過去の話である。

  関連記事

a1640_000054
お金を儲けるとはどういうことか?

 お金持ちになるためにはお金を儲けなければならない。当たり前のことである。だが生 …

a0001_016474
頭で分かっているというのは分かっていない

 人間の理解には2つの段階がある。ひとつは理解したつもりになっている段階と、もう …

a0001_016523
いつもお金の話をすることの有効性

 ただ黙って座っているだけではお金持ちになることはできない。 お金持ちになるため …

naniwa
高利貸しが儲かると思っているようではお金持ちにはなれない

 銭ゲバの象徴ともいえる高利貸し。非合法のものはヤミ金、合法だがかなりドギツイの …

GD088_L
不景気であればあるほど貧乏人は徳をする?

 現在、日本は長期不況の真っ最中。だが一方では富裕層の人はリッチな暮らしをしてお …

a0002_006348
なかったことにしてしまう人はお金持ちになれない

 自分に都合の悪い出来事はなかったことにしてしまう人は多い。確かに嫌なことを延々 …

a0055_000748
お金持ちはゲーム感覚を大事にする

 お金持ちになれる人は、お金儲けをゲーム感覚でやっていることが多い。ここでいうゲ …

a0002_007013
モデルと付き合うとお金持ちになれる

 お金持ちの男性でモデルと付き合っている人の割合はなぜか高い。  お金持ちといっ …

musume
お金で解決することの是非①

 一般にお金でものごとを解決することはよくないといわれている。本来別の方法で解決 …

gakkou
学校教育の呪縛から解放されないとお金持ちにはなれない

 日本人は学校教育が大好きである。勉強が好きなことは悪いことではないが、学校教育 …