お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

三菱自動車のデータ改ざん事件などから見えてくる、お金が稼げない人の思考回路

 

 三菱自動車のデータ改ざんや東芝の不正会計など、このところ、日本企業の不祥事が目立つようになっている。日本人の良識が劣化したなどという意見も聞かれるが、おそらくその考え方は正しくない。
 ずっと前から日本人の思考回路は同じであり、近年、日本が経済的に貧しくなってきたので、こうした事件が表面化するケースが増えてきたに過ぎない。実は、こうした事件の背景にあるメカニズムは、お金を稼ぐという行為と密接に関係しているのだ。

不正をするつもりがないのに不正に手を染めてしまう人
 三菱のデータ改ざんや東芝の不正会計は、人為的なものだが、実際に不正を行った張本人は、積極的に不正をするつもりで不正に手を染めたのだろうか。おそらくそうではないだろう。

 日本で発覚する不祥事のほとんどがそうなのだが、いわゆるやむにやまれぬという事情であり、不正を行った本人は、普段からマジメで人を騙すような人ではなく、愛社精神に溢れていることがほとんどである。

 だが、不正をするつもりはないのに不正をしてしまったということほど恐ろしいことはない。こうした不正に手を染めてしまう人は、善悪の概念が、根本的に間違っている可能性がある。つまり本質的によいことなのか、悪いことなのかで物事を判断するのではなく、周囲がどんな雰囲気なのかを優先しているからである。

 このように書くと、周囲からプレッシャーを与えられる人の気持ちを考えていないと批判されることがある。だが、周囲からプレッシャーがあったのだから仕方がないというのは根本的に間違った価値観である。皆がこうした圧力に屈しなければ、そもそも、このようなプレッシャーが生じることはない。

 つまり、これはどういうメカニズムなのかというと、いわゆる「抜け駆け」なのである。最初に圧力を受けて、これに屈しなかった人は、左遷されるかもしれないが、次に着任した人も同じであれば、やがて組織として不正を強要することができなくなってしまう。

futofukutsu

日本社会においては、信念があるというだけで、実はかなり有利になる
 しかし、自分が左遷されるのが嫌だという理由で、不正に手を染めてしまえば、組織としてこれにブレーキをかける手段はなくなってしまう。つまり、誰かが抜け駆けをしてしまうことで、抑制に歯止めがかからなくなるのである。

 確かに左遷は嫌だろうが、日本の企業であれば基本的にクビにすることはできない。一方で不正が発覚すれば、最悪の場合、犯罪者になってしまい刑務所行きである。どう考えても左遷された方がマシである。
 仮に会社にいづらくなって辞めたとしても、刑務所に行くリスクとは比較にならないはずだ。だが、一部の人は、刑務所に行くリスクを冒してでも、左遷されたくない、あるいは会社を辞めたくない方を選ぶのである。

 このような人は、完全にリスクとリターンの感覚がマヒしている。左遷されずに済む、あるいは、周囲からのプレッシャーから解放されるという目先の利益のために、犯罪者になるリスクを取ってしまうのだ。さらにいえば、善悪の概念も完全にマヒしている。自分がラクになるためだったら、不正行為をすることも厭わない。

 たまたま、こうした環境に放り込まれていないだけで、実は日本人にはこのタイプの人が多いのだ。残念なことに、このようなタイプの人は、ほぼ確実にお金とは縁がない生活を送ることになる。
 お金儲けは決してラクな作業ではない。目先の利益やラクさで信念が揺らいでしまう人は、こうした困難に打ち勝つことができない可能性が高い。

 だが逆に考えれば、こうした人が多いということは、しっかりとした信念を持っている人にとってはチャンスということになる。信念のない人が多いということはライバルが少ないということを意味している。
 自分に信念があると思える人は、ぜったいに行動を起こすべきだと筆者は考える。成功できる確率は高いはずだ。

  関連記事

Image6
アフィリエイト・ビジネスは儲かるのか?

 最近ではネットが生活インフラの一部として定着してきたことで、パソコンやタブレッ …

denenchofu
ホームレスも知っている中産階級の過剰消費

 ホームレスの人たちの大きな収入源のひとつはゴミ捨て場からの回収といわれている。 …

4350891
医者はお金持ちなのか?

 かつて医者はお金持ちの代名詞だった。今でも医者は高額所得者のイメージがあるかも …

a0002_010290
お金持ちの人は常に一定の調子を維持する工夫をしている

 人は常に一定の調子を維持できるタイプと調子にムラがあるタイプに分かれる。調子に …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …

a0008_001856e
貧乏人の運に対する考え方

 前回に引き続いて、お金持ちと「運」に関する話をしたい。前回は、お金持ちの人ほど …

risk0001
お金持ちはリスクの感覚が優れている

 何かお金儲けをしようと思ったら、リスクはつきものである。リスクとうまく付き合う …

a0001_013656
リスクをとった人にもれなくご褒美はアリか?

 先日、20代前半の若者が事業に失敗した。それほど大きな負債を抱えたわけではない …

sinnjitu2147
お金持ちにとって、真実とは自分の外にあるもの

 真実は世の中にひとつだけと思われているが、実際は違う。人によって真実の定義が違 …

a0800_001183
コンプレックスはお金持ちになるための有力なツールだ

 世の中にはラッキーな人がいるもので、たいした努力もすることなく、ちょっとしたア …