お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちになるための2つのステップ

 

 お金持ちになるためには、二つのステップをクリアする必要がある。ひとつは、実際にお金を稼いだり、それを増やしたりするための具体的テクニックを習得するということ。もうひとつは、具体的なテクニックを実践できるようにするためのメンタルな部分での改善である。前者よりも後者の方がはるかに難しい。

原因の特定は簡単だが、問題はその後
 多くの人は、なぜかメンタルな部分を軽視し、テクニックや知識を身につければお金持ちになれると思っている。だがこれが失敗の元である。
 テクニックや知識などは、本を読んだり、人から話を聞けば、かなりの部分をカバーできる。こうした手段で十分な知識を習得できないなら、そもそもお金持ちなど目指さない方がよい。

 だが、こうしたテクニックや知識は、頭で分かっていても、実践できないことがほとんどであり、そこをカバーするのがメンタルな部分である。だがお金の縁がない人は、いつまでもそこに気付かず、そして、それを無視し続ける。結局、いつまで経ってもお金持ちになることができないでいる。

 多くの人は、何かの状況を前にして、その原因を特定することはできる。しかし、その原因が根本的に何によってもたらされているのかまでは、思考が回らないことが多い。下手に知識があったりするとその傾向はさらに顕著になってしまう。

 スポーツ選手や芸能人のスキャンダルで激しいバッシングが行われることがよく話題となる。過剰なバッシングはよくない、あるいは過剰なバッシングには様々な弊害が伴うというところまでは、多くの人が分析する。だが問題はそうしたバッシングが発生する根本的な原因である。

menntaruokane7469

お金持ちになれるかなれないかの違いはごくわずか
 これには大衆の心理が大きく関係しており、社会的な話であり、メンタルな話でもある。なかなか言いづらい面もあるかもしれないが、もっとも重要なのはそうした部分なのである。

 お金持ちの話に戻すと、「人は過去の成功体験にとらわれて、変化に対応できなくなる」といった分析はよく行われる。だが、なぜ人が過去の成功体験にとらわれてしまうのかについては、あまり触れられない。成功体験にとらわれないようにしようという話でお茶を濁してしまうのだ。

 だが、そのような事を言っている人は、似たような状況に遭遇すると、結局は、同じ行動を取ってしまう。メンタルな部分の改善に至っていないからである。

 過去の体験に依存してしまうという心理は、個人のプライドや現実逃避など、少々やっかいなメンタリティが関係している可能性が高い。ここには触れたくないという心理も発生するだろう。

 だが本当にお金持ちになりたければそれではダメである。心の中の嫌な部分をえぐり出してでも、真理を追究しなければならない。
 お金持ちになれた人は、特殊な能力やスキルを持っているわけではない。こうした強いメンタリティを持っていただけである。成功と失敗を分けるのは、ごくわずかな違いでしかないのだ。

  関連記事

EY008_L
お金は精神構造を支配する

 お金持ちになるためには、お金に支配されてはいけない。だがお金に支配されないよう …

kyokan01
共感を望んでいてはお金持ちにはなれない

 世の中には他人からの共感を求める人は多い。リアルな友人関係でもネットのブログで …

ED156_L
本を貸しても返さない人はお金持ちになれない

 本を貸してもなかなか返さない人がいる。多くのお金持ちの人が、お金持ちになりにく …

yozawa
ネオヒルズ族「与沢翼」が失速した理由とは?

 インターネットの広告事業や情報商材の販売で月収数億円(自称)を稼ぎ、ネオヒルズ …

sansu5967
3.1+5.9=9.0と解答できる人はお金持ちになれる素質がある

 少し前、3.1+5.9=9.0という解答が小学校のテストで不正解になるという問 …

a0002_006825
貧乏人と付き合うと貧乏になる

 貧乏人とばかり付き合っていると自分も貧乏人になってしまうとよく言われる。 これ …

ikehaya
ノマド的生き方でお金持ちになれるか?

 最近ノマド的な生き方に関する議論が熱い。メディアではノマド的な生き方をしている …

a0002_008026
お金持ち脳は30代までに決まる

 お金持ちになる人はフツーの人とは思考回路が異なっている。フツーの人と同じように …

a0731_000465
タワマンに住む人はお金持ちではない?

 最近流行りのタワーマンション。一部ではお金持ちの象徴とされているようだが、現実 …

ikari5001
相手はどの程度怒っているのか?

 人のコミュニケーションにおいて、相手がどの程度怒っているのか正確に把握すること …