お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

ショーンK氏に怒っているようでは、お金持ちになれない

 

 ショーンK氏の学歴詐称問題が話題となっている。学歴詐称は論外であり、ショーン氏に弁解の余地はないだろう。今回のケースはかなり大胆ではあるが、こうしたウソをつく人はどの世界にもいるものである。
 彼の学歴詐称について、もし感情的にどうしても許せないと思っているのだとすると、あなたはお金持ちからは遠い場所にいるかもしれない。

ショーン氏の経歴詐称で怒ってしまう理由
 人を肩書きだけで判断する傾向が強い人は、お金持ちになりにくい。立派な肩書きというのは、誰が見ても立派なものであり、皆がすばらしいと言うに決まっている。皆が評価することが分かっているものしか評価できなければ、人に先んじて価値のあるものを見つけ出すことはできなくなってしまう。

 このようなタイプの人は、新しいビジネスを立ち上げることもできないし、掘り出し物の銘柄に投資することもできないだろう。常に人と同じか半歩遅れて行動することになるので、得られる利益も少ない。

 ショーン氏が本当に卓越したコメントが出来ていたのかは別問題として、これまでショーン氏の発言そのものを高く評価していたというなら、仮に肩書きがウソだったとしても、それほどの怒りはないはずだ。言っている内容と、それを言っている人の経歴は直接関係しないからである。

 しかし、ショーン氏の学歴詐称について激しく怒っている人は、彼の発言内容ではなく、その肩書きだけを信用していた可能性が高い。
 自分は肩書きだけで高く評価していたことが、思わぬ形で明らかになってしまったので、騙されたという感情となり、それが怒りに変わってしまうのだろう。

keirekimondai

言っている内容で人を判断できなければお金持ちにはなれない
 最近は学歴差別をなくそうということで、あえて学歴を問わない採用というものも行われている。
 だがこれも、皆が学歴でしか人を判断していないことの裏返しである。言っている内容で物事を判断できるのなら、あえてその人の経歴を隠す必要はないからである。

 考えてもみて欲しい。これまで自分の周囲で、その人の地位や学歴などではなく、言っている内容で相手のことをしっかり評価する人はどのくらいいただろうか。おそらくほぼ皆無なはずである。
 現実にはほとんどの人が、肩書きでしか相手を評価していない。そうであればこそ、学歴社会は今でも続いているのだ。

 お金持ちになりたいと思っている人は、むしろこうした日本社会の歪みはチャンスと考えるべきである。肩書きなどによる権威付けがないばかりに、実際の価値よりも低く評価されている人や企業というものがたくさん存在するからである。

 こうした掘り出し物をいち早く見つけることができれば、最終的にはそれを大きな利益に変えることができる。お金持ちになれる人は、騙されたと怒る暇があれば、その分の時間と労力を、チャンスを探すために費やすはずである。

 ショーン氏についてどう思うのかという問いは、ある意味で、お金持ち脳に対するテストということになるのかもしれない。

  関連記事

sumubasho771
年収は住む場所で決まる?

 年収が住む場所で決まるという、刺激的なタイトルの本が話題となっている。米国の経 …

sinsuk
島田 紳助氏にみるお金持ちになるための秘訣

 暴力団との交際が発覚し芸能界を引退?した島田紳助氏。彼はタレント活動以外にも、 …

PHM11_0592
お金持ちはなぜ質素なフリをするのか?

 お金持ちの人の中には、周囲に対して質素であることを強調する人も多い。その主な理 …

Image2
柳の下にドジョウは3匹いる

 「柳の下にいつもドジョウがいるとは限らない」というのは有名なことわざである。一 …

gaikokujin_s
日本人がお金儲けが下手な理由

 日本人はお金儲けが下手だとよく言われる。この話は大筋合っていると思ってよいだろ …

5766251
資格マニアがお金持ちになれない本当の理由

 2年前に大学を卒業したものの、まだ就職浪人中のSさんは資格マニアだ。経済系の学 …

a0002_001592
お金持ちは話を聞く相手を選ぶのがうまい

 いくらお金儲けに関する才能があったとしても、人間の知恵には限界がある。 お金持 …

iihito190
お金持ちが人によって態度を変えるワケ

 お金持ちの人は相手によって態度を変えるとよくいわれる。これにはお金持ちではない …

CLUB
お金持ちからだけはお金を借りてはいけない

 お金持ちはお金をたくさん持っているので、お金を貸して欲しいという話や出資して欲 …

Image2
ブログを書いてお金持ちになれるのか?

 前回はアフィリエイト・ビジネスについて書いた。アフィリエイト・ビジネスで大儲け …