お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

卑屈な精神構造ではお金持ちになれない

 

 せっかくのチャンスがありながら、物事に対する考え方一つで、それを生かせないケースは多い。卑屈なマインドを持っていることは、お金持ちになることから自分を遠ざけてしまう原因となってしまう。

エリート社員との付き合いを吹聴する飲食店経営者
 ある飲食店経営者の話である。口コミで評判が広がり、店は連日大入りとなった。その経営者のところには、融資の申し込みや多店舗展開してはどうかという話が次々と持ち込まれるようになってきた。こうした機会はなかなかめぐってこないので、彼にとっては大きなチャンスといってよい。

 だが、その経営者は、業務提携を申し込んできた大企業や銀行にいいように使われ、実質的に店を奪われる状況となってしまった。原因はいろいろあるが、もっとも大きいのは本人のマインドにあった。

 彼の店が評判になってからは、店には有名な大企業のエリート社員などもたくさん来店していた。「店にはこんな客が来ているんです」というのはひとつの宣伝方法なので、うまく活用すればよいものではあるのだが、彼の場合には少し様子が違っていた。

 彼は周囲の人物にこう話してたいたのである。「僕と付き合っていると、普段は会えないようなエリート達と知り合いになれるんだよ・・・」。

 単なる有名企業の社員というだけで、彼等が普段会えないようなエリートなのかという点について、そもそも疑問の余地があるが、問題は、その経営者が本気でそう思っていたという点である。

hikutsu

卑屈な面持っているのは百害あって一利なし
 彼はどうしても、卑屈な精神構造から脱却できなかったようである。大企業のエリートたちが来店するようになったのだから、自分や自分の店も格が高くなったのだと本気で感じているようでは、最初から勝負は負けである。

 こうした人は、自尊心をくすぐられるとすぐに乗せられてしまうリスクがある。実際、そうした形でいいように利用されてしまったのである。

 ビジネスの基本は顧客第一なので、顧客中心に物事を考えるという価値観は大事である。だが、あくまで顧客はあくまで顧客であり、冷静に向き合う必要がある。顧客の社会階層を見て、自分の社会階層も上がったかのように錯覚するのはあってはならないだろう。

 さらに厳しいことをいえば、彼は多店舗展開し、さらに規模の大きい実業家になろうしているのである。そうであれば、こうしたエリート達を何十人も使いこなす立場であり、彼等に対してはむしろ上から目線で接することができなければいけないはずである。

 お金持ちになるという点において、卑屈な面を持っていることは何のメリットももたらさない。そうした部分が少しでも自分にあるようなら、すぐに改めた方がよいだろう。

  関連記事

kikumimi667
自分で決めるか、人の話を聞くか

 お金持ちになるためには、何らかの決断をしなければならない。投資であれ、事業であ …

a0001_016474
頭で分かっているというのは分かっていない

 人間の理解には2つの段階がある。ひとつは理解したつもりになっている段階と、もう …

FR054_L
お金持ちの命運は家族が握る

 お金持ちにとって家族との関係は非常に重要な問題だ。  最初からお金持ちの人にと …

yasasi7001
お金持ちが交渉相手に対して優しいことが多い理由

 お金持ちの人は、思いのほか、交渉相手に対して優しく接することが多い。もちろんこ …

narikin
お金持ちにホンモノもニセモノもない

 世の中の多くの人が成り金を嫌っている。確かに、これ見よがしにブランド物を身に付 …

GD165_L
いくら欲しいのか言えない人はお金持ちになれない

 あなたは、人からいくら欲しいのかと聞かれたら、はっきりと答えることができるだろ …

PHM11_0605
政治家はお金持ちなのか?

 政治家には常に怪しいお金のイメージが付きまとっている。TVなどでは政治家がいつ …

ED140_L
素直に「なるほど」と頷ける人はお金持ちになりやすい

 絶対的なお金持ちの秘訣など存在しない。あればみんなお金持ちになっている。成功し …

sinsuk
島田 紳助氏にみるお金持ちになるための秘訣

 暴力団との交際が発覚し芸能界を引退?した島田紳助氏。彼はタレント活動以外にも、 …

maxweba
社会学でも証明されたお金に執着しない人がお金持ちになれるメカニズム

 お金に対して過度に執着があると、お金持ちになりにくいといわれる。お金持ちになっ …