お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

卑屈な精神構造ではお金持ちになれない

 

 せっかくのチャンスがありながら、物事に対する考え方一つで、それを生かせないケースは多い。卑屈なマインドを持っていることは、お金持ちになることから自分を遠ざけてしまう原因となってしまう。

エリート社員との付き合いを吹聴する飲食店経営者
 ある飲食店経営者の話である。口コミで評判が広がり、店は連日大入りとなった。その経営者のところには、融資の申し込みや多店舗展開してはどうかという話が次々と持ち込まれるようになってきた。こうした機会はなかなかめぐってこないので、彼にとっては大きなチャンスといってよい。

 だが、その経営者は、業務提携を申し込んできた大企業や銀行にいいように使われ、実質的に店を奪われる状況となってしまった。原因はいろいろあるが、もっとも大きいのは本人のマインドにあった。

 彼の店が評判になってからは、店には有名な大企業のエリート社員などもたくさん来店していた。「店にはこんな客が来ているんです」というのはひとつの宣伝方法なので、うまく活用すればよいものではあるのだが、彼の場合には少し様子が違っていた。

 彼は周囲の人物にこう話してたいたのである。「僕と付き合っていると、普段は会えないようなエリート達と知り合いになれるんだよ・・・」。

 単なる有名企業の社員というだけで、彼等が普段会えないようなエリートなのかという点について、そもそも疑問の余地があるが、問題は、その経営者が本気でそう思っていたという点である。

hikutsu

卑屈な面持っているのは百害あって一利なし
 彼はどうしても、卑屈な精神構造から脱却できなかったようである。大企業のエリートたちが来店するようになったのだから、自分や自分の店も格が高くなったのだと本気で感じているようでは、最初から勝負は負けである。

 こうした人は、自尊心をくすぐられるとすぐに乗せられてしまうリスクがある。実際、そうした形でいいように利用されてしまったのである。

 ビジネスの基本は顧客第一なので、顧客中心に物事を考えるという価値観は大事である。だが、あくまで顧客はあくまで顧客であり、冷静に向き合う必要がある。顧客の社会階層を見て、自分の社会階層も上がったかのように錯覚するのはあってはならないだろう。

 さらに厳しいことをいえば、彼は多店舗展開し、さらに規模の大きい実業家になろうしているのである。そうであれば、こうしたエリート達を何十人も使いこなす立場であり、彼等に対してはむしろ上から目線で接することができなければいけないはずである。

 お金持ちになるという点において、卑屈な面を持っていることは何のメリットももたらさない。そうした部分が少しでも自分にあるようなら、すぐに改めた方がよいだろう。

  関連記事

waretada
お金持ちの達観は本物か?

 お金持ちになると、際限なく派手な生活をする人もいるが、一方で、悟ったようなこと …

a0003_001740
いつの間にかお金持ちになっていたということなどあり得ない

 お金持ちにの人がインタビューなどで「一生懸命やっていて、気が付いたらお金持ちに …

jikan0501
お金持ちの交渉術

 お金持ちになると交渉を有利に進めることができる。だがお金持ちでなくても、お金持 …

image01
どんな分野でも上位の人と付き合え

 本コラムでは、よりレベルの高い人と交友関係を持つことがお金持ちになれる有力な手 …

Image6
お金持ちへの道から遠ざけてしまうNG会話

 わざわざ自分をお金持ちから遠ざけてしまうようなNG会話が染みついている人がいる …

fukuzayukichi
お金持ちになれる人は、お金持ちからお金を取る

 お金持ちになれる人は、お金のある人からお金を取ろうとするが、貧乏人体質の人は、 …

netami
負けず嫌いの人はお金持ちになれない

 日本ではお金やお金儲けを嫌悪する風潮は強い。だが、お金そのものやお金儲けについ …

Image2
お金持ちは勘を大事にする

 多くのお金持ちは「勘」を非常に大事にする。「勘」というと何やら非科学的で、天性 …

kg0128d
お金持ちは常に恐怖に怯えている

 貧乏人の僻みではなく、お金持ちが不幸だと言うのはある意味で本当だ。たくさんのお …

sansu5967
3.1+5.9=9.0と解答できる人はお金持ちになれる素質がある

 少し前、3.1+5.9=9.0という解答が小学校のテストで不正解になるという問 …