お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは他人との関わりをマネジメントしている

 

 お金持ちの人は、他人との関わり方について、常に細心の注意を払う。下手に他人に関わってしまうと、生産性を大きく下げる結果になってしまうからだ。

人数が増えると効率はどんどん低下する
 自分1人で100の仕事ができると仮定しよう。2人で仕事をすれば200になるかというとそうはいかない。コミュニケーションにロスが生じるので、実際には180くらいにしかならない。しかもこれは2人が同じ能力の場合の話である。

 組む相手の能力が自分より下だった場合には、コミュニケーションのロスに加えて能力差が影響するため、足しても150くらいにしかならない可能性がある。場合によってはもっと低いだろう。

 人数が多くなればなるほどその傾向は顕著となるため、多人数での仕事は、よほど儲けが大きいものでなければ、割が合わなくなってくる。

 したがって他人を巻き込んでプロジェクトを実施する場合には、仕組みをしっかりと構築しておかなければならない。つまり、個人の能力差に依存せず、誰がやっても一定の成果が出られるようにあらかじめ設計する必要があるのだ。この条件に該当するプロジェクトというのは実はそれほど多くない。

 世の中にある規模の大きい事業というのは、この条件をクリアした数少ない事例ということになるが、ここには皆が殺到するので競争率も高くなってしまう。

tenbin42dd828

効率と絶対値のバランスをどう追求するか
 一方、すべてを個人で完結できれば、仕事上のストレスはあまりない。もっとも効率のよいやり方をとことんまで追求できるからだ。当然のことだが、個人完結型の場合には、利益の絶対額は小さくなりがちだ。

 最悪なのは規模の大きくないビジネスを他人と行うケースである。そもそもの儲けの額が小さい中で、生産性が下がってしまうと、得られる利益はどんどん小さくなる。仕事が下手な人は、メールの出し方、連絡の取り方、移動の仕方まで、すべての段取りが悪いので、生産性に大きく影響してくることになる。

 お金持ちの中には不動産ビジネスが好きな人も多いが、その理由は動かすお金の額が大きい割に、ほぼ自分一人で事業を完結できるからという理由も大きい。
 不動産大手の森ビルは、今では巨大企業だが、つい最近までオーナー社長が担当者に直接電話をして細かい指示をしていたといわれる。不動産は大手になっても、個人完結が可能なビジネスというわけだ。

 これからお金儲けを目指す人は、この現実をよく認識した方がよい。できるだけ個人で完結した方が圧倒的に効率がよく、能力の低い人に足を引っ張られる心配がない。しかし、規模が大きい方が、効率は悪いが、儲けの絶対額も大きい。

 両者の最適なバランスを追求できた人こそが、効率よくお金儲けを実現できるのだ。

  関連記事

a0003_001898
お金持ちになれる人と何をやってもダメな人の共通点

 お金持ちになれる人と何をやってもダメな人は正反対の人生を歩むことになるが、意外 …

a0002_005819
荷物が多い人は貧乏人?

 最近、旅行ではなく普通の移動時に荷物用カートを使う人が増えてきている。電車など …

hora
ホラは吹いた方がよい

 普通ホラ吹きは嫌われる。だがお金持ちになった人にはホラ吹きが多い。今回は吹いて …

seigikan
お金持ちは正義を振りかざさない

 最近は何かと正義が重視される。ネットを眺めれば「○×の発言はケシカラン」「○× …

a0780_000509
お金持ちは電車やバスに乗らない

 お金持ちは地下鉄やバスといった公共交通機関に乗らない人が多い。単なる贅沢で公共 …

GD165_L
いくら欲しいのか言えない人はお金持ちになれない

 あなたは、人からいくら欲しいのかと聞かれたら、はっきりと答えることができるだろ …

a0001_013656
リスクをとった人にもれなくご褒美はアリか?

 先日、20代前半の若者が事業に失敗した。それほど大きな負債を抱えたわけではない …

a0001_016080
田舎モノはお金持ちになりやすいか?

 田舎モノ(地方出身者)の多くは東京に対するコンプレックスを持っている。 コンプ …

rorusroisu2229
お金持ちは所有を重視する。貧乏人は占有を重視する

 同じように見えるが、占有と所有は異なる概念である。占有は自分が支配している状態 …

a0008_001856e
貧乏人の運に対する考え方

 前回に引き続いて、お金持ちと「運」に関する話をしたい。前回は、お金持ちの人ほど …