お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちはリスクを数字化できる

 

 お金持ちは、自分が直面しているリスクを数字にすることができる。逆にお金に縁のない人はイメージでしか認識することができない。実はこうした感覚は、日常的に仕事ができる、できないということとも深く関係しているのだ。

数字を無自覚に自覚していても意味がない
 筆者は、先日、投資を始めたばかりだというAさんと話をする機会があった。現在、株価は下落局面に入っているわけだが、Aさんは長期的には株価は上がると思っているようだった。だが、目の前の下落が大きいので、怖くて手が出せないという。

 株価が下がっている時に買うのは誰でも勇気がいる。それは筆者も同じである。そこで筆者は、Aさんに、怖いという気持ちは分かりますが、最悪の場合、いくらまで下がると思いますか?と質問してみた。するとAさんの答は「まったく分かりません」というものだった。

 そこで筆者は再度「では日経平均が3000円になることもあり得るということですね?」と聞くと、Aさんは「まさか!」と答えたのである。

 Aさんの何がいけないのかお分かりだろうか?

 Aさんはいくらまで下がるか分からないといっておきながら、3000円はあり得ないと言っている。

 つまり、分からないと言いつつ、Aさんは、何となくこれ以下にはならないというイメージを持っているのだ。しかしそれをAさんは自覚していない。リスクに対するマネジメント能力がないというのは実はこのようなことを指している。

risukusuji

仕事ができる、できないとも深く関係している
 リスクを数字にして自覚することができなければ、それをマネジメントすることは不可能である。これは仕事のマネジメントも同じだ。

 先日、配管の修理の件で不動産の管理会社の担当者と話をしたのだが、筆者は、だいたいいつ頃作業に取りかかることができて、終了するのはおおよそいつ頃なのかと聞いた。筆者は、何月何日かと聞いているのではなく、あくまで「だいだい」「おおよそ」と聞いている。

 しかしその担当者は「いつになるのか、業者に聞いてみないと分かりませんねえ」とぶっきらぼうに答えた。少々、カチンときた筆者は「では、1年後にならないと工事が始まらないこということもあり得るのですね」と聞くと、担当者は「まさか!」と答えた。

  まさかと答えたということは、担当者の中にはおおよその時間軸が存在している。しかし、彼にはその自覚がない。もしくは、対人コミュニケーション能力の欠如によって顧客に説明する気がないのかもしれない。

 会社の経営をしてきた経験からすると、このようなタイプの人は、効率良くプロジェクトを進めることができないので、仕事の成績が芳しくないことがほとんどだ。当然、お金とも無縁ということになる。

 お金持ちになるためには、「おおよそ」でよいので常に数字で状況を認識することが大事である。これができるのとできないのとでは、天と地ほどの差となってくる。

  関連記事

shoseki551
お金に関する情報をどこで得てきたか?

 世の中には、特別な情報を得るコネがないとお金持ちにはなれないと思っている人が大 …

kaishoku6165
お金持ちは同じモノを食べる

 お金持ちの中には、積極的に同じモノを食べるという人が少なくない。これは食に偏り …

kabusikitousi404
投資はお金持ちになってから?

 お金持ちになるためには、お金を稼がなければならない。大きなお金を稼ぐ方法は、大 …

atamasageru6643
お金持ちは、自分の置かれている状況についてプライドを意識する

 お金持ちの人は、自分が置かれている「状態」にプライドを意識するが、貧乏人は自分 …

saito
偽ブランド物販売サイトは詐欺か?

 ブランド物の時計やバッグなどの偽モノ(コピー商品)を販売するサイトがある。多く …

sihonshugi
資本主義はお金では買えないという皮肉

 資本主義と拝金主義はしばしば混同されることがある。日本は資本主義が根付かない社 …

shourai9544
お金持ちは目先も将来も大事にする

 目先の利益ばかり追求していると大きなお金を作ることはできないといわれる。将来を …

yume0025
夢を持てという人を信用するな

 夢を持つことは大事だといわれる。ネットやテレビを見ても夢を持たなければいけなよ …

kazeyobo6573
お金持ちはカゼを引かない

 バカはカゼを引かないとよくいわれるが、本当にカゼを引かないのはお金持ちである。 …

SODAN
貧乏人もお金持ちも人の話を聞かないが何が違う?

 お金持ちはたいがい人の話を聞かない。貧乏人は人の話をよく聞くかというとそうでは …