お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは学校からの呪縛から自由

 

 お金持ちになれない人のかなりの割合が、学校の呪縛から自由になっていない。特に日本の場合、学校教育に対する過剰な執着があり、これが多くの行動を妨げている。

学校教育には割り切りが必要
 このコラムで何回も指摘しているように、筆者は、学校教育の効果そのものを否定しているわけではない。
 ただ、日本の教育プログラムが単純な暗記や、正しい解答を出すことに偏っており、学校教育での成果が、そのままビジネスや知的活動に応用できるものではないという点を認識する必要があると考えているだけである。

 ビジネスの現場では、学校の成績と仕事のデキるデキないとの関係には緩い相関が見られるというのが常識となっている。つまり学業成績が優秀な人は、仕事ができることも多いが、学校の成績がよかったからといって、必ずしも仕事ができるとは限らないことになる。

 これは教育プログラムの内容を考えれば当然の結果だろう。全世界的に近年は、正しい答を出したかどうかよりも、与えられた課題に対してどのように考えたのかを整理させることに重点が置かれるようになっている。

 生徒の意見についても、教師は絶対的に否定せず、なぜそう考えたのか、他の考え方はないのかなどをガイダンスする役割である。
 しかし、日本の場合は、単純に欧米に追い付くことだけを考えていればよかった明治時代と、基本的な教育方針は変わっておらず、単一の解答を求めるものがほとんどである。

 こうしたやり方の場合、仕事の成果と教育水準に多少の乖離ができるのは当然であろう。単純な暗記や単一の答を求める作業は知的活動のごく一部分でしかないからだ。
 もし日本の教育システムが国際標準型に変わっていけば、学歴と仕事の成績の比例関係はより強くなってくるだろう。

gakkou749

学校が心の拠り所では、成果を上げることは到底ムリ
 このような教育システムをドラスティックに変えることが難しいのであれば、無理をして変える必要はない。日本の教育プログラムはそのようなものなのだと割り切って考えればよいだけである。ところがそうなっていないところに大きな問題がある。

 日本では学校教育の結果が、全人格的な評価につながっているような側面があり、これが社会のあちこちで弊害をもたらしている。
 あらかじめ答が用意されているということが無意識的に大前提になっていると、まったく新しい事態に遭遇した時に軽いパニックを起こしてしまうのだ。

 その結果、新しい動きに対して過度に否定的になったり、そうした事実を見なかったことにしてしまう。これでは、ビジネスチャンスをモノにできないのは当たり前である。
 お金持ちの人は、総じて教育に熱心だが、日本の学校教育制度には過剰な思い入れを持っていないことがほとんどである。こうした自由な発想があるからこそ、チャンスを生かすことができたのだと言い換えることもできる。

 一方、お金に縁のない人は、なぜか学校教育を心の拠り所とする傾向が強い。これは一部の勉強エリートだけの話ではなく、日本の学歴社会において、さほど恩恵を受けてきたとも思えない多くの中間層にも同じような傾向が見られる。

 ニュースサイトのコメント欄などを見ると、「こんな記事を書いているようでは国語は0点だな」「中学生レベルの知識」など、同じ批判でも、何かと学校に関連付ける傾向が見られる。
 このような思考回路のままでは、大きな資産を作るのは極めて難しいだろう。筆者が本サイトのタイトルを「教科書」としたのは、こうした状況に対する皮肉があるのだが、どの程度伝わっているだろうか。

  関連記事

a0002_004908
人を「使う」ことができなければお金持ちにはなれない

 特別な能力を持っているごく一部の人を除けば、自分一人だけでお金儲けをすることは …

matsumoto001
ダウンタウン松本発言からお金持ちの負担を考える

 ダウンタウンの松本人志氏の高額所得者に関する発言がネットで話題となっている。前 …

GD181_L
お金持ちは人を敵か味方かに分けない

 「人間には、敵か、家族か、使用人の3種類しかいない」と豪語したのはかの有名な田 …

Address to the Nation. Oval.
お金を持っている人は権力を持っていない

 お金を持っている人は権力があると思われている。半分当たっているが、半分はハズレ …

aisaa
自動車ドロボーから下院議員になった男

 前回のコラムでは、趣味に凝るタイプの人はお金持ちになりにくいという話を書いた。 …

a0003_000729
小金持ちになりたければ共働きは必須

 本コラムではお金持ちになるための方法を解説しているが、何よりも重要なことは、お …

Image2
ただ変化すればよいというものではない

 お金持ちになるためには変化に対して柔軟であることが必要といわれている。確かにそ …

178088ryoshu
独立と自立は違う

 お金持ちになるための有力な方法のひとつが独立することである。独立と自立という言 …

a0002_010131
自力で食べて行けることとお金持ちになることは違う

 経済的自由を得るためには2つの大きな関門を突破する必要がある。最初の関門は、人 …

a1180_003202
お金持ちになりたければただの消費者になってはいけない

 お金にまつわる世界では、人間には「消費者」と「投資家」の2種類しかないといわれ …