お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは心が狭いかどうかは気にしない

 

 世の中で自分の心が狭いのかを気にする人は多い。ネット上でも、他人から不当なことをされたにもかかわらず、それに対して「モヤモヤ」するのは「心が狭いのでしょうか?」と質問する人が多い。

他人が何というのかが善悪の判断基準
 他人からの不当な行為に対して「モヤモヤ」したり「心が狭いのか」を気にする人は、残念ながらお金に縁がない。その理由は、正しい、正しくない、の判断が自分自身の信念に基づくものではなく、他人が何と言うか、という非常に危ういものだからである。

 不当なことをされたという確信があるのなら、モヤモヤではなく、怒りを覚えるはずだ。不当なことに対して怒る自分に対して「心が狭いのか」どうかを気にする必要はない。不当なことに対して怒るのは正しい行為だからである。
 しかし、ここで自分は怒っていると言えない、あるいは言いたくないという人は、自分の信念に自信がない、あるいは信念など存在せず、すべて他人がどう言うのかが判断基準となっている可能性が高い。

 心が狭いのかを気にするのも同じ理屈である。他人が何と思うのかばかり気にしているので、そのような考え方になってしまうものと考えられる。

 このような状態では、常に周囲の状況に合わせて行動するようになるので、率先してチャンスをつかむことは難しい。考え方も保守的となり、常に人の後手に回ることになるだろう。このような思考パターンの人は、平均かそれ以下の成果しか上げられないのは、むしろ当然の結果である。

kokorogasemai547

信念がないことは危険をもたらす可能性がある
 あまり儲からないというだけならよいが、このタイプの人は、さらに大きなマイナスにつながる可能性もある。判断基準が他人だということは、実は非常に危険なことなのである。もし周囲の人が、間違った決断を行い、やってはいけないことを行っていた場合、何の躊躇なく、それに追随してしまう可能性があるからだ。

 組織が行っていた不正に無意識的に加担してしまい、処罰されてしまう人を時々目にすることがある。本人には悪いことをしたつもりはないのだが、周囲がそれを当たり前と思っていた場合には、何の疑問もなく自分もその行為に手を染めてしまう。後になって、責任を追及されても、自分にはその気はなかったと発言し、さらに批判を浴びることになる。

 心が狭いのかを過剰に気にしたり、他人の不当な行為に対して自分で判断ができずモヤモヤするというのは、実は非常にリスキーなことである。経済的に豊かになりたいと思っているのなら、こうした価値観は即刻捨て去ることが望ましい。

 不当なことに対して何でも反発する必要はない。勝てない戦争というのは常に存在するものであり、場合によっては我慢も重要である。
 だが不当だと分かっていても、不利なので我慢するという行為と、人から悪く思われたくないという理由で、モヤモヤすると言い換えたり「私は心が狭いのでしょうか?」などと確認する行為は根本的に異なっている。この違いは明確に理解しておかなければならない。

  関連記事

GD064_L
先入観を持つと貧乏になる

 お金持ちを目指す人にとって先入観ほど怖いものはない。先入観を持って物事を見てい …

bakgaesi2
半沢はお金持ちになれない

 ドラマ終了後も世の中では半沢ブームが続いている。半沢の将来は実業家か?という話 …

PHM11_0584
インサイダー取引を批判しているようではお金持ちになれない

 インサイダー取引とは、企業の重要情報を持つ関係者が、その情報が発表される前の株 …

pool
お金持ちは混雑が嫌い

 日本人は行列に並んだり、混雑している話題スポットに出かけるのが大好きである。だ …

a0002_002137
お金持ちになるのに経験は必須なのか?

 何事においても経験は大事だといわれる。これはお金持ちの世界でも同じで、経験が豊 …

8983106
理系の人はお金持ちになれない?

 前回は右脳、左脳の話題を取り上げたが、今回は理科系と文科系の違いに関する話題で …

suiminjikan
成功者はよく寝るのホント/ウソ

 寝具メーカーが発表した世界の成功者たちの睡眠時間が話題になっている。7時間以上 …

utagai6440
お金持ちと庶民とどちらが疑い深い?

 お金持ちと庶民とどちらが疑い深いだろうか?お金持ちの人は庶民と考え、庶民はお金 …

00001
お金持ちは顔に出る?

 以前のコラムで、多くの人はブランド物以外にお金持ちかどうかを判断する材料は持っ …

shachositsu
お金持ちになるためには会社のオーナーになれ

 お金持ちになるためには、会社の社長になるだけではダメだ。会社のオーナー社長にな …