お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちになるためには、見えない戦いに慣れる必要がある

 

 お金持ちになるためには、見えない相手と戦う必要が出てくる。お金持ちのレベルが上がってくるにしたがって、その傾向はさらに顕著になってくる。こうした抽象的な戦いに慣れることができないと、お金持ちになるのは難しい。

ライバルは目の前にいないことがほとんど
 庶民レベルの戦いは非常に分かりやすい。目の前に戦う相手が存在していることがほとんどだからである。もっとも基本的な争いは、学校などにおいて誰が誰よりも成績がよい、誰が誰よりも野球が上手いといった類いのものだろう。
 サラリーマンになっても基本的な図式は同じだ。営業成績が同僚よりも良い、自分の方が、同僚よりも上司からの評価が高いといったところが勝負のポイントになる。

 だが、こうしたレベルにとどまっていては、お金持ちになることはできない。皆と同じ枠組みで競争していては、平均的なレベルしか稼げないのは当然である。そこから一歩抜け出せなければ、大きな富はやってこないのだ。

 現実問題として、大きな富を目指す競争のプレーヤーの絶対数は少ない。ライバルとなる人物が自分の周囲にいる確率は非常に小さく、その結果として、最初から見えない相手と戦うことが求められてしまうのだ。このようなレースで勝つためには、見えない相手を想像し、敵がどの程度まで進捗しているのかについても、限られた情報から推定していくことが求められる。

 こうしたレースを乗り切るには、かなりの精神的なタフさが求められる。多くの人が、目の前の利益を得るだけにとどまってしまい、それ以上に展開することができないのは、この精神的辛さにに耐えられないからである。目の前の敵と、分かりやすい形で競争するのは、精神的にとてもラクなのだ。

raibaru

目の前の他人と張り合ってしまう人は要注意
 お金持ちになるためには、まだまだ試練が続く。見えない敵との競争に勝ち抜き、ある程度の領域に達すると、今度は自分自身が敵として立ちはだかってしまう。これは投資でも事業でも同じ事なのだが、ある一定以上の成果が出てしまうと、その先に行くことを邪魔するのはたいがい自分なのである。

 多くの人が経験していないことを実現できているので成果が上がっているわけだから、当然、他人にアドバイスを求めることはできない。自分自身しか頼れるものがない中で、自分の限界を試すことになるので、さらに精神的なタフさが必要となってくる。

 このようにして眺めてみると、お金持ちになるための競争というものは、庶民レベルの競争とは質的に異なっていることが分かる。
 この本質的な違いを理解するための早道は、既存の価値観から脱却することである。お金持ちになりたければ、まず目の前のくらだない競争から自由になることをお勧めする。これができないと、そもそもレースのスタートラインにすら立てないのだ。

 だが人は往々にして、目の前の人間と競争してしまう。競争する相手や勝ち負けのルールが、分かりやすい形で目の前に存在しているうちは、お金持ちへの道は遠い。
 こうしたものとが見えなくなる世界に足を踏み入れることが、お金持ちへの第一歩となる。単なるお勉強君やスポーツバカがお金持ちになれないのは当たり前のことなのだ。

  関連記事

PHM11_0408001
お金持ちの人は商品の本質をすぐに理解する

 お金持ちの人は、売られている商品の本質をすぐに理解することができる。本質が理解 …

sainoutosikaku6879
才能と資格が一致するとは限らない

 世の中では、ある職業や立場に就くために、一種の資格が必要なケースが出てくる。弁 …

Kokuzei
税金をたくさん払うとお金持ちになれる?

 お金持ちの人たちはものすごく税金に敏感だ。 日本では給与所得者(いわゆるサラリ …

shachositsu
お金持ちになるためには会社のオーナーになれ

 お金持ちになるためには、会社の社長になるだけではダメだ。会社のオーナー社長にな …

a0002_005736
勉強ができるとお金持ちになれるのか?

 学校の勉強ができたからといって、その人がお金持ちになれるとは限らない。実際、学 …

EW068_L
安心を望む人は貧乏、安全を望む人はお金持ち

 最近日本では「安心・安全」というキーワードが氾濫している。大震災以降、その傾向 …

Image2
ただ変化すればよいというものではない

 お金持ちになるためには変化に対して柔軟であることが必要といわれている。確かにそ …

GD169_L
借金や破産にもいろいろある

 お金持ちになるために借金をする人も少なくない。特に事業をする場合には一定の軍資 …

tegamitegaki
手書きの手紙で依頼する人は仕事がデキないという発言をどう理解すべきか

 手書きの手紙で依頼してくる人は「仕事ができない人」だという、若手社会学者・古市 …

ET193_L
お金儲けはいけないという価値観は既得権益者のためにある

 日本では、お金儲けはいけないことという価値観が広く普及している。また日本は、所 …