お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

人間ピラミッドの議論から考える経済的思考

 

 このところ小学校や中学校の組体操で行われている人間ピラミッドに関する話題を多く耳にするようになった。
 このコラムでは、ピラミッドを実施することの是非については議論しないが、一部から危険であるという指摘があるにもかかわらず、なぜこれを続けるのかという理由を聞くと非常に興味深い。一連の議論はお金のセンスに関する議論と非常に似ているのである。

埋没コストの概念が出てきたら要注意
 人間ピラミッドを続けるべきという意見には様々な種類があるが、あえて類型化すると、以下の2つに集約されるだろう。ひとつは「これまでの教師や生徒の努力がムダになる」というもの。もうひとつは「達成感」や「絆」である。

 これまでの努力がムダになるというのは、本コラムでも以前、取り上げた、いわゆる「サンクコスト(埋没コスト)」の概念に近い。サンクコストとはすでに支出してしまっており、とりかえすことのできない費用のことを指している。

 あるプロジェクトに多額の費用をかけてきたが、あとになってそれが所定の収益を上げないことが分かってきた。その時、撤退すべきか継続すべきかという課題である。過去にいくら使ったのかは、将来の収益には影響しないので、合理的に考えれば、過去にどれだけの費用をかけたとしても、儲からないなら、撤退した方が得策ということになる。

 だがここで「これまでに投入した努力を考えると今さら撤退できない」と考えてしまうと、判断が狂ってしまう。経済的に成功したければ、埋没コストは無視しなければならないというのがセオリーである。もしこのピラミッドの是非についてあてはめるなら、過去の教師や生徒の努力とは関係なく、実施した際の安全性についてのみ議論した方が合理的だ。

 ここで、過去の努力という埋没コストに振り回されてしまうと、合理的は判断はできなくなってしまう。

piramido4477

感動の消費は高くつく
 もうひとつは「達成感のコスト」ともいうべき考え方である。人間は、作業にやりがいなどを感じ、それをモチベーションにできる動物である。これをうまくコントロールできる人は、経済的にも大きな成果を得られることが多い。

 一方、人間は達成感や絆、感動といった精神的な喜びを消費者として購入することもできる。分かりやすいのは大金をかけた旅行であろう。ある程度、お金をかければ、比較的簡単に感動は買うことができる。

 同じように、お手軽に感動を得るための方法としては、苦役や危険な行為を敢えて行うというものがある。危険を伴う行為は、アドレナリンが出て、短期的には効果がある。苦役もそれを終えた後の感覚は非常にすばらしいものがあるだろう。

 だが、こうした感動の消費は現実には高く付くことが多い。危険な行為は、危険であるという部分を除けば、実施のハードルが低い。ある意味では誰でも取り組むことができる。一方、もっと地道な行為から大きな成果を得るという行為には、長い忍耐や努力が必要となり、実施へのハードルは高い。

 リスクを取ることと無謀なことをすることはまったく異なる行為である。危険なことに取り組む時には、冷静にこうした状況について分析してからの方がよい。ピラミッドのケースにも同じ事がはてはまるだろう。

  関連記事

kutu
お金持ちは靴と時計を見れば分かるという説のウソ/ホント

 「お金持ちは靴を見ればわかる」という説と「お金持ちは時計を見れば分かる」という …

Image2
お金持ちは勘を大事にする

 多くのお金持ちは「勘」を非常に大事にする。「勘」というと何やら非科学的で、天性 …

fudosan
お金持ちは時代で変わる

 どのような職業の人がお金持ちになりやすいのかは時代によって変化する。時代によっ …

MINO
芸能人はお金持ちなのか?

 芸能人はお金持ちそうに見える。だが一方で多額の借金トラブルでクビが回らなくなっ …

a0002_008026
お金持ち脳は30代までに決まる

 お金持ちになる人はフツーの人とは思考回路が異なっている。フツーの人と同じように …

kiseirashu
お盆に旅行するのはバカか?

 ホリエモンこと堀江貴文氏が「お盆に旅行するのはバカ」と発言したことが話題になっ …

PHM11_0627
お金持ちを批判する人がカモにされやすい理由

 ウォーレン・バフェットは間違いなく世界トップクラスの富豪といってよい。 だが彼 …

SAKANA
傷の舐め合いサークルには入るな

 世の中には傷の舐め合いをするサークルのような存在がある。もちろん本人達は傷を舐 …

kuremu6004
お金持ちのクレームの付け方

 前回はお金持ちの交渉術について解説したが、今回は関連してお金持ちのクレーム術に …

EW068_L
安心を望む人は貧乏、安全を望む人はお金持ち

 最近日本では「安心・安全」というキーワードが氾濫している。大震災以降、その傾向 …