お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちの人ほど自身の欠点に敏感

 

 お金持ちはますますお金持ちになると言われる。お金持ちのところには、新しいビジネスの話がたくさん持ち込まれるので有利にビジネスや投資を進められるというのが、その主な理由と考えられる。だがお金持ちがさらにお金持ちになるのはそれだけが理由ではない。メンタルな部分も大きく影響している可能性がある。

成果に乏しい人ほど自己評価が高い
 ビジネスや投資で成功してお金持ちになると、自身の欠点に対する感覚がさらに敏感になってくる。自身の長所を伸ばすことは大事だが、それ以上に重要なのは、欠点をできるだけ少なくすることである。欠点が多いと、せっかくのチャンスに遭遇しても、効果が半減してしまうからだ。

 自身の欠点を直視し、これをカバーする動きができる人はお金持ちになりやすいし、うまくいったという成功体験があると、自身に対する厳しい評価にも耐えられるようになる。結果として、さらに成功確率が上がってくる。

 これは企業や国家レベルでも同じで、本当に成功している企業や国家は自身に対する評価が極めて厳しい。成功している米国のIT企業は、圧倒的に儲かっていても、他社よりも少しでも劣っていることがあると神経質なまでにそれに対処しようとする。結果として、高い成果を維持し続けることができる。

 日本の技術はすばらしいと、自らの技術を過大評価する傾向が強い日本企業と、自社の欠点に神経質になる米国企業との間で、大きな差がついてしまうのはある意味で当然の結果なのである。
 日本ではちょっと業績を回復させると、名経営者と賞賛されるが、米国の場合には、高い報酬をもらっている以上、圧倒的な業績を出すのは当たり前という感覚である。

gorufu3493

本当は死ぬほど怒っているプロゴルファー
 こうした状況は個人においてもまったく同じである。成果が乏しい人ほど、自身に対する評価が高く、欠点を直視しようとしない。その結果、あまりいい成果を出すことができず、自身に対する過大評価が続くという悪循環になる。

 一方、お金持ちの自己評価は、たいていの場合、非常に低い。対外的にはそう言わないかもしれないが、ホンネでは自身の能力のなさについて、常に怒っているはずだ。そうであればこそ、欠点を克服し、勝負に勝つことができている。

 こうした傾向はスポーツの世界でも同じ事のようである。試合後、負けたプロゴルファーは冷静にインタビューに答えているが、あくまで冷静さを装っているだけといわれる。自分のミスショットに対しては、本当は自分を殺してしまいたいくらい怒っているのだとある解説者が語っていた。

 そうなってくると、お金持ちの生活もラクではないということになってしまうのだが、まさにその通りだろう。
 精神的にタフさが要求される生活を望まないのであれば、無理にお金持ちを目指す必要はないのかもしれない。だが、こうした厳しい環境を乗り越えても手に入れたいという魅力がお金にはあるようだ。

  関連記事

Image2
我慢すると貧乏になる

 最近はずいぶん変わってきたが、日本では子供のことから徹底的に我慢することを教育 …

‰Æ‘°02
親離れできていないとお金持ちになれない

 お金持ちになれない要素として案外見落とされがちなのが、親離れできていないことで …

kazeyobo6573
お金持ちはカゼを引かない

 バカはカゼを引かないとよくいわれるが、本当にカゼを引かないのはお金持ちである。 …

FB119_L
年収1000万円はお金持ちではない!

 前回はいくら以上から大金持ちといえるのかというテーマだったのだが、結論としては …

a0002_001044aa
投資でうまくいく人、いかない人

 投資は才能に大きく左右される。才能のある人は、面白いように稼げるが、ダメな人は …

CLUB
お金持ちからだけはお金を借りてはいけない

 お金持ちはお金をたくさん持っているので、お金を貸して欲しいという話や出資して欲 …

kyokan01
共感を望んでいてはお金持ちにはなれない

 世の中には他人からの共感を求める人は多い。リアルな友人関係でもネットのブログで …

a0001_011455
お金持ちになった人はなぜむなしさを感じるのか?

 せっかく成功してお金持ちになったのに、なぜかむなしさを感じる人は多い。「お金が …

7236276
高校野球が好きな人はお金持ちになれない

 生活スタイルや娯楽の多様化で、高校野球の話題を口にする人も少なくなってきたが、 …

ryoshusho9379
日本人は皆マスゾエさん?経費に血道を上げる人はお金持ちになれない

 舛添要一東京都知事がとうとう辞任を決断した。舛添氏を批判する声はすさまじいもの …