お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは人と論争しない

 

 やたらと人と論争したがる人がいる。論じることが目的の場ならいざ知らず、ビジネスにおける取引の現場で論争したがる人とは基本的に関わらない方がよい。自らの利益を最大化したいならなおさらである。

製品を買わないのにイチャモンを付ける人
 営業の経験のある人なら実感として分かるかもしれないが、製品やサービスの営業に行くと、いろいろと難癖を付けて、論争したがる人が一定数存在する。効率よくお金を稼げる人は、基本的にこうした人とは関わらない。

 あるシステム開発企業を創業した実業家のT氏は、会社が小さい頃には、自らが提案営業を行っていた。顧客の中には、T氏が提案する内容について、いろいろと文句を付けてくる人がいた。購入した人や、購入する予定の人が交渉しているのではない。

 まだ買うかどうかも分からない段階であるにも関わらず、その提案の内容や使われている技術について、「今の時代に合っていない」「うまく機能しない可能性がある」などと文句を言うのだ。

 T氏は、以前はこうした人の話も丁寧に聞いていたが、ある時からそれをキッパリとやめてしまった。このような人は、論争やイチャモンが目的であり、商品を購入する気がない。仮におだてて、もっと具体的な提案に進んだとしても、面倒なことになるだけである。少なくとも、いい客にはならないだろう。

 こうした顧客に関わっているヒマがあったら、次の顧客の所に行った方が圧倒的に効率がよい。
 T氏は「大変失礼ですが、私はこの提案内容についてお客様と論争するためにお邪魔しているわけではありません」「もし購入について検討される予定がないのでしたら、失礼させていただきます」といって、すぐに帰るようにしたそうである。失礼だといって怒り出す人もいるが、謝ったところで、そのような人から受注を得られる可能性はほとんどない。

ronnso9977

ビジネスの目的とは?
 これは一種の顧客の選別ということになるが、これを実施するようになってから、営業の効率が格段に向上し、T氏の会社の業績はみるみる向上したという。T氏が資産家の仲間入りをすることができたのは、このように徹底して仕事をシンプルにしたからである。

 ビジネスの世界における議論は、それぞれ相手から有益な情報を得るためのものであり、その最終的な目的は双方のニーズのマッチングである。ビジネスとは、ある製品やサービスを必要としている人と、それを売りたい人をマッチングさせるための行為であり、そのために情報交換や議論を行う。論争はそれとは正反対の行為ということになる。

 この基本原理が分からない人は、おそらく一生お金とは縁がないだろう。逆に言えばそのような人と付き合っている経済的な意味はない。お金持ちを目指すのであれば、なるだけそのような人とは関わらないことである。

 また本当の論争というものは、その人の知性のすべてを賭けた争いであり、中途半端な覚悟で行うべきことではない。ビジネスの現場で論争する人というのは、結局のところ、安全地帯でただ吠えたいだけのことである。

  関連記事

alibaba001
アリババと楽天の違い

 中国の電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディングが、とうとう米国の株式 …

ganko744
人の思考回路はいつから固まるのか?

 お金持ちになるためには、柔軟な頭を持っていることが重要となる。だが、人は年を取 …

matsumoto001
ダウンタウン松本発言からお金持ちの負担を考える

 ダウンタウンの松本人志氏の高額所得者に関する発言がネットで話題となっている。前 …

raibaru
お金持ちになるためには、見えない戦いに慣れる必要がある

 お金持ちになるためには、見えない相手と戦う必要が出てくる。お金持ちのレベルが上 …

a0001_016080
田舎モノはお金持ちになりやすいか?

 田舎モノ(地方出身者)の多くは東京に対するコンプレックスを持っている。 コンプ …

sekai
グローバルなお金持ちが見せるもう一つの顔

 日本には150万人とも180万人ともいわれる数のお金持ち(金融資産1億円以上) …

a0002_004908
人を「使う」ことができなければお金持ちにはなれない

 特別な能力を持っているごく一部の人を除けば、自分一人だけでお金儲けをすることは …

a1180_002525
お金持ちになれない人の発想法

 よほど運のいい人でなければ、何もせずにお金を儲けることはできない。ということは …

EY078_L
使う人と使われる人

 世の中には人を使う人と、人から使われる人の2種類が存在している。お金持ちは間違 …

saito
偽ブランド物販売サイトは詐欺か?

 ブランド物の時計やバッグなどの偽モノ(コピー商品)を販売するサイトがある。多く …