お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは本質的な上下関係に敏感。お金がない人は表面的上下関係に敏感

 

 お金持ちの人は本質的な上下関係に敏感である。一方、お金に縁のない人は、表面的な上下関係に敏感である。本質的上下関係を理解できるかどうかは、経済的に豊かになれるのかの分かれ目といってもよい。

どちらが本当の支配者か
 ある会社にAさんとBさんという2人の課長がいる。Aさんは、言葉遣いが誰にでも平等で、常にオープンな雰囲気を醸し出している。部下には「みなさんのおかげでこのチームは成り立っています」とスピーチし、頼んだ仕事を部下が報告してきたときには、必ず「ありがとう」という言葉を投げかけている。

 一方、Bさんは、いかにもな「お偉いさん」である。女性社員に「お茶持ってきて」というのは日常茶飯事で、仕事の催促も「オイ!アレどうなってんだ」といった具合である。機嫌が悪いと部下から話しかけても、無視することもある。

 お金持ちになれるのはどちらなのかということになると、これは圧倒的にAさんなのである。その理由は、Aさんがいい人だからではない。
 Aさんは本質的な意味で人の上に立っており、人を支配できているからである。一方、Bさんは、表面的には支配者のように見えるが、実際には他人を支配できていない可能性が高い。

 Aさんの周囲にいる人は、Aさんの下で働くのが心地よいので、結果的に一生懸命Aさんに尽くすことになる。最終的に得をするのはAさんという図式である。Aさんはある意味で、非常に極悪人なのだ。だが現実問題として、このような人が、最終的には大きな利益を得ることになる。

sugoi4477

ただの使い走りでも本人は満足
 Bさんタイプの人の最大の問題点は、こうしたAさんの戦略性が感覚的に理解できないことである。Bさんにとっては、Aさんが周囲に媚びへつらっているようにしか見えない。どう振る舞えば、他人を本当の意味で支配下におけるのかということについて、あまり理解が及ばないのである。

 年功序列で昇進が決まる日本型の会社であれば、あまり問題はないかもしれないが、昇進が完全に実力型の会社だったり、自分でビジネスをするという立場になると、両者の違いは一気に顕在化してくることになるだろう。

 ある外資系の有力コンサルタントは、社内だけでなく、社外にも自分のファンを作り、戦略的にこうした人間関係を利用していた。
 客観的に見れば、周囲の人は、ただの使い走りにしかなっていないのだが、本人たちは、そのコンサルタントのことが好きなので、喜んでいろいろな仕事をしてくれる。それを見た筆者は、ここまでするのかと、半ばあきれながら、感心した記憶がある。

 お金持ちの人とコミュニケーションを取る時には、よくよく注意した方がよい。非常にいい人そうに見えても、実は周囲の人をうまくコントールできる「悪人」かもしれないからである。気をつけないと、自分も知らず知らずのうちに、その人の応援団にさせられている可能性もあるのだ。

  関連記事

EU011_L
お金持ちになる人は若いうちから贅沢を経験している

 生まれつきお金持ちの人は当たり前として、後からお金持ちになった人も、多くが若い …

a0001_0174120012
お金持ちになれる結婚相手を見つけるためには

 お金持ちになるためには、夫婦仲がよく、お金を作るために二人が協力できる関係にあ …

8983106
理系の人はお金持ちになれない?

 前回は右脳、左脳の話題を取り上げたが、今回は理科系と文科系の違いに関する話題で …

nomi
謙虚さはお金持ちへの第一歩

 お金持ちになりたいと考えているならば、実際にお金儲けに成功した人の話を聞くこと …

PHM11_0592
お金持ちはなぜ質素なフリをするのか?

 お金持ちの人の中には、周囲に対して質素であることを強調する人も多い。その主な理 …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …

Image3
「お金に色はない」の本当の意味

 お金に色はないとよくいわれる。多くは汚いカネでもキレイなカネでも懐に入ってしま …

9abde14a15aecf134
市場での価値はスキルとは比例しない

 多くの人が市場での価値を高めようと努力している。しかし実際に自分というものを市 …

jikau001
お金持ちを自覚するところからお金持ちは始まる

 あまり精神論に偏りすぎたことを言うと非現実的な話になってしまうが、お金儲けの世 …

a0002_006825
貧乏人と付き合うと貧乏になる

 貧乏人とばかり付き合っていると自分も貧乏人になってしまうとよく言われる。 これ …