お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

ひどい状況に遭遇した時の考え方

 

 誰しもひどい状況に遭遇する時はある。程度の差こそあれ、それはお金持ちでも同じことである。だが、お金持ちになれる人とそうでない人は、そのような時の考え方がまるで異なっていることが多い。

不愉快な人に遭遇したのは自分が悪い
 お店に入って店員の対応が失礼極まりないものだった時、公共の場でマナーをわきまえない人に遭遇した時、近所がうるさくて迷惑した時など、お金持ちの人はすべて自分が悪いと考える。

 失礼な店員に遭遇したくなければ、相応のサービスを提供する高級店に行けばよい。高級店だからといって完璧とは限らないが、不愉快な思いをする確率は格段に減る。

 また生活全般にコストをかけることができれば、そもそも公共の場に行かないで済む。仕事も選別することができるようになるので、マナーをわきまえない人と合う確率はさらに減ってくるのだ。住宅も同様である。高級物件だからといってすべてが解決するわけではないが、基本的にトラブルの数は家賃と反比例すると思ってよい。

 お金で幸せは買えないが、つまらないトラブルや不快なことを回避するという点ではお金は絶大な効果を発揮する。その意味で、お金持ちの人は、何か不愉快なことがあったら、「もっとしっかり稼いで、コストをかけていれば、こんな思いはしないのに」と考える。つまり、不愉快な行動をとっている相手ではなく、自分に対して怒りの矛先を向けるのだ。

 そうであればこそ、何としても豊かになろうと工夫することになり、こうした行為の積み重ねが、やがて知恵という形で結実してくる。

meiwaku6647

非常識な相手が改善する可能性はほぼゼロ
 一方、お金に縁のない人は、まったく逆の反応となる。怒る対象は自分ではなく、基本的に迷惑な行為を行う相手に向けられる。確かに迷惑行為をしているのは相手なので、この考え方は正しいのだが、正しいことが、必ずしも合理的であるとは限らない。

 日常生活やビジネスの場において、非常識な振る舞いをする人のほとんどは、自分が非常識な振る舞いをしているという自覚を持っていない。このため、その行為を注意したところで改善する見込みはほとんどないのが現実である。

 合理的な考えを持っている人であれば、感情的には納得できなくても、ある程度のところで抑制が働くものである。しかし、こうした振る舞いを繰り返す人は、合理性に欠けることが多く、限度というものを考えない。

 そのような相手とは、基本的に関わらないというのがベストである。

 こうした人たちに関わっている時間は、非生産的であり、完全な損失となる。お金持ちの人が生活にコストをかけるのは、こうした人たちと関わる時間を最小限し、生産に振り向ける時間を最大化するためでもある。

  関連記事

a0731_000465
タワマンに住む人はお金持ちではない?

 最近流行りのタワーマンション。一部ではお金持ちの象徴とされているようだが、現実 …

ryoshusho9379
日本人は皆マスゾエさん?経費に血道を上げる人はお金持ちになれない

 舛添要一東京都知事がとうとう辞任を決断した。舛添氏を批判する声はすさまじいもの …

suiminjikan
成功者はよく寝るのホント/ウソ

 寝具メーカーが発表した世界の成功者たちの睡眠時間が話題になっている。7時間以上 …

shachositsu
お金持ちになるためには会社のオーナーになれ

 お金持ちになるためには、会社の社長になるだけではダメだ。会社のオーナー社長にな …

EY020_L
お金に執着するな結果に執着しろ

 お金持ちに関する法則の中で、もっとも皮肉で矛盾なのは、お金に執着する人はお金持 …

yasasi7001
お金持ちが交渉相手に対して優しいことが多い理由

 お金持ちの人は、思いのほか、交渉相手に対して優しく接することが多い。もちろんこ …

bukken
お金持ちはなぜか不動産が好き

 お金持ちの人で不動産好きな人は多い。筆者はそれほどお金持ちというわけではないが …

jikannochigai7496
今の1時間と将来の1時間は異なる

 人間は必ず年を取るものである。当たり前のことなのだが、多くの人はそれを考えない …

nihonmazusi87
公務員がなぜセレブになってしまうのか?

 消費社会研究家で「下流社会」などの著書がある三浦展氏によると、このところ公務員 …

roudoujikan512
年収が高いほど労働時間が短い?

 サビ残という言葉に代表されるように、日本の職場は長時間労働が多いといわれている …