お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

ひどい状況に遭遇した時の考え方

 

 誰しもひどい状況に遭遇する時はある。程度の差こそあれ、それはお金持ちでも同じことである。だが、お金持ちになれる人とそうでない人は、そのような時の考え方がまるで異なっていることが多い。

不愉快な人に遭遇したのは自分が悪い
 お店に入って店員の対応が失礼極まりないものだった時、公共の場でマナーをわきまえない人に遭遇した時、近所がうるさくて迷惑した時など、お金持ちの人はすべて自分が悪いと考える。

 失礼な店員に遭遇したくなければ、相応のサービスを提供する高級店に行けばよい。高級店だからといって完璧とは限らないが、不愉快な思いをする確率は格段に減る。

 また生活全般にコストをかけることができれば、そもそも公共の場に行かないで済む。仕事も選別することができるようになるので、マナーをわきまえない人と合う確率はさらに減ってくるのだ。住宅も同様である。高級物件だからといってすべてが解決するわけではないが、基本的にトラブルの数は家賃と反比例すると思ってよい。

 お金で幸せは買えないが、つまらないトラブルや不快なことを回避するという点ではお金は絶大な効果を発揮する。その意味で、お金持ちの人は、何か不愉快なことがあったら、「もっとしっかり稼いで、コストをかけていれば、こんな思いはしないのに」と考える。つまり、不愉快な行動をとっている相手ではなく、自分に対して怒りの矛先を向けるのだ。

 そうであればこそ、何としても豊かになろうと工夫することになり、こうした行為の積み重ねが、やがて知恵という形で結実してくる。

meiwaku6647

非常識な相手が改善する可能性はほぼゼロ
 一方、お金に縁のない人は、まったく逆の反応となる。怒る対象は自分ではなく、基本的に迷惑な行為を行う相手に向けられる。確かに迷惑行為をしているのは相手なので、この考え方は正しいのだが、正しいことが、必ずしも合理的であるとは限らない。

 日常生活やビジネスの場において、非常識な振る舞いをする人のほとんどは、自分が非常識な振る舞いをしているという自覚を持っていない。このため、その行為を注意したところで改善する見込みはほとんどないのが現実である。

 合理的な考えを持っている人であれば、感情的には納得できなくても、ある程度のところで抑制が働くものである。しかし、こうした振る舞いを繰り返す人は、合理性に欠けることが多く、限度というものを考えない。

 そのような相手とは、基本的に関わらないというのがベストである。

 こうした人たちに関わっている時間は、非生産的であり、完全な損失となる。お金持ちの人が生活にコストをかけるのは、こうした人たちと関わる時間を最小限し、生産に振り向ける時間を最大化するためでもある。

  関連記事

officerippa001
オフィスにムダなお金をかけるのはアリか?

 オフィスにムダなお金をかけている会社は成長しないといわれる。立派な本社ビルを持 …

shuinojokyo664
お金持ちは周囲に対する観察力が鋭い

 お金持ちの人は、周囲に対する観察力が鋭い人が多い。くだらない話をしていても、常 …

tukinjikan
通勤中のサラリーマンの目は死んでいる?

 先日「通勤中のサラリーマンの目は死んでいる」という大学生の投稿がネットで話題と …

sishutu5551
出費が多くなっても稼ぎを優先した方がよいのか?

 お金持ちになるためには、出費を最小化して、収入を最大化する必要がある。だが出費 …

EY005_Lkakugo01
お金持ちとそうでない人を分けるもの

 お金持ちな人とそうでない人を分けるのは、当たり前のことだが、お金を持っているか …

a0001_016474
頭で分かっているというのは分かっていない

 人間の理解には2つの段階がある。ひとつは理解したつもりになっている段階と、もう …

a0002_003051
お金が貯まらない人は言い訳が得意

 お金持ちになるためには、多少のまとまったお金が必要である。お金儲けには何らかの …

hinkon
本当のところ日本の貧困はどの程度なのか?

 NHKの報道をきっかけに、貧困問題に関する議論が紛糾している。ネットでの議論を …

oboriken
お金持ちは情報のバイアスから自由である

 人は知らず知らずのうちに情報にバイアスをかけている。多くの人が、どうなるのかを …

a0008_002042
床屋に髪を切るべきか相談するな

 「床屋に髪を切るべきか相談するな」というのは、かのウォーレン・バフェットの名言 …