お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちにとっての真実、貧乏人にとっての真実

 

 お金が欲しいと思っているのになかなかお金持ちになれない人に共通する思考回路がある。それは、自分自身の「思い」が真実であり、客観的事実が真実ではないというものである。こう書くと「そんなバカな」と思うかもしれないが、決して誇張ではない。

確実に儲かる方法などないというのが常識だが・・・
 筆者はこうしたサイトを運営しているので、人からどうすればお金持ちになれるのか聞かれることが多い。また筆者は個人投資家でもあるので、株式投資についてアドバイスを求められることもある。

 筆者は長年の経験や分析から得られたそれなりの法則性というものについて、このコラムで書いたり、書籍にまとめたりしている。実際、お金持ちになりやすい思考回路や、行動というものは存在しており、それを実践すれば、お金持ちになれる確率は高くなる。

 しかし、どのタイミングでどの銘柄を買えばよいのか、どんなビジネスをすればよいのかという部分については、その時々で状況が変わるものであり、これをやれば絶対に儲かるというものは存在しない。そんなものがあればとっくに皆がやっているであろう。また人には得意不得意があり、同じことをやっても成功する人と失敗する人に分かれてしまう。

 筆者が提示している考え方は、お金持ちになれる確率を最大限するためのものであり、最終的な判断はやはり自分自身が行うしかないのである。

 これは当たり前のことだと思うかもしれないが意外とそうではない。どの銘柄を買えば絶対に儲かる、あるいは、どのビジネスをすれば100%成功するという説明をしないことについて、怒り出す人は多いのである。

kanjo5509

感情をコントロールすることは難しいが・・・
 そのような人は、確実に100%儲かる方法というものがこの世の中に存在すると無意識に考えており、それがその人にとっての「真実」なのである。ただ残念ながら、これは客観的真実とは異なっており、この考え方から脱却できないと、なかなかお金持ちにはなりにくい。

 この逆のパターンもある。お金儲けは「運」だけがすべてであり、お金持ちになるための方法論など、皆インチキだとハナから決めてかかっている人も少なくない。

 お金とは魔物であり、多くの人にとってなかなか冷静に向き合うことができない対象のようである。そうであるが故に、多くの人がこれを客観視できず、上記のような感情を持ってしまう。

 これは、お金儲けに限らず、冷静さを失っていると、あらゆる分野において、客観的な見方ができなくなるということを意味している。冒頭に書いた、自分自身の「思い」が真実というのはそういった意味である。
 このような状態では、お金儲けに限らず、よい結果を生み出すのは難しい。意識して、自分は感情的に物事を判断していないかチェックする必要があるだろう。

 人間は感情を持った動物であり、感情をコントールすることはできない。だが、自分が感情的になっていることを認識することはできる。それが分かっていれば、対処の方法はいくらでもあるはずだ。

  関連記事

a0002_008026
お金持ち脳は30代までに決まる

 お金持ちになる人はフツーの人とは思考回路が異なっている。フツーの人と同じように …

nedan
1日24時間は全員に平等というのはウソ

 前回の記事では、時間には値段があると書いた。時間の値段とはどういうことなのだろ …

a1150_001053
お金持ちは神頼み?

 お金持ちにはなぜかゲンを担ぐタイプの人が多い。すべて運まかせというタイプではな …

GD137_L
安易に成功者のマネをするな

 お金持ちになりたいと考え、メディアに頻繁に登場する成功者のマネを安易に実行する …

GD078_L
できない理由を突き詰めればできる方法が見えてくる

 何か新しいことや難しいことに挑戦しようとすると「これはムリだ。出来ない」と思え …

hige
お金持ちは上流階級なのか?

 お金持ちの人のことを上流階級と呼ぶことがある。一方で、いくらお金を持っていても …

hoken
小金持ちになるためには保険は掛け捨てに!

 前回と前々回は、お金持ちではなく、小金持ちになるための方法について述べている。 …

EG166_L
趣味に凝る人はお金持ちになれない

 お金持ちで趣味に凝っている人は多い。だがその多くは、生まれつきお金持ちか、お金 …

utagai6440
お金持ちと庶民とどちらが疑い深い?

 お金持ちと庶民とどちらが疑い深いだろうか?お金持ちの人は庶民と考え、庶民はお金 …

Image2
お金持ちになるためにはノーと言ってはいけない

 お金持ちになれる人は、重要な相手からの依頼には決してノーとは言わない。それに対 …