お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

自分が強欲であると認識できるか?

 

 ほとんどの人が、かなりの強欲である。だが、多くの人がその事実を認識しておらず、自分は強欲ではないと考えている。
 だがそれではなかなかお金持ちにはなれない。凡人がお金持ちになるためには、自分がいかに強欲であるのかを認識し、それを前提にして行動する必要があるからだ。

リスクが低くてリターンが高い案件など存在しない
 一般的に大きな利益を得ようと思った場合には、それなりのリスクを取る必要がある。中には、リスクだけ大きくてリターンが少ない案件もあるのだが、そもそも論外である。

 ある程度の合理性を持った案件であれば、期待リターンが高くなれば、当然リスクも大きくなる。この事実は、どのようにしても変えることができない。

 だが人は、リスクが低くて、リターンが大きい案件を探そうとする。基本的にそのような案件は存在しないし、仮にそのような案件が実在していたとしても、他人があたなにそれを紹介するわけがない。

 身も蓋もない話だがこれが現実であり、まずはこの事実をしっかりと受け入れるところからすべてはスタートする。その上で、自分はどのようなリスクを取るのかを必死に考えることで、ビジネスや投資のカンが養われてくる。

 生まれ持った天才か特別に運のいい人でなければ、こうしたプロセスを経ずに、事業や投資で成功することはほぼ不可能である。

goyoku657

自分は強欲であると理解して初めて欲から自由になれる
 ところが普通の人は、どこかにオイシイ案件があるのではないかと思ってしまう。「リターンが高いものはリスクが高いということは分かっているのですが・・・」こうつぶやく人は少なくない。

 言い方こそ穏やかではあるものの、これは自分だけがオイシイ話を享受したいという意味であり、まさに強欲の極みなのである。リスクを取りたくないなら投資やビジネスをしないという選択肢しか残らないはずであり、悩んでいる段階で、欲に支配されてしまっている。

 このような言い方をすると、感情的に反発する人がいるかもしれないが、そうであれば、まだまだ欲のワナから自由になっていない。

 本当の意味で欲から自由であれば、そのような指摘に対しては「まったくその通りです」と答えるだろう。強欲であることから自由になるためには、自分がいかに強欲だったのかを自覚することが何より大事なのだ。

 それができれば、ビジネスや投資の判断はかなりラクになる。その案件が持っているリスクは自分にとって許容できる範囲なのか、そして、そこからどの程度のリターンを得ようとしているのか、淡々と分析するだけで済むからである。

  関連記事

wakaranai9797
自分が知らない話に遭遇した時の態度でお金持ちになれるかどうかが決まる

 人は自分が知らない話に遭遇すると、うまく振る舞うことが出来ない。先入観や価値観 …

mobile
勝つことより負けないこと

 お金持ちになるために意外と重要なことが「負けないこと」である。 投資であれ事業 …

a1640_000198
お金持ちは仕事をえり好みしない

 人には好きな仕事、嫌いな仕事というものがある。好きでない仕事が割り振られるとや …

a1640_00001700
お金持ちは専門家を恐れない

 一般の人は専門家と呼ばれる人にとても弱い。金融工学の専門家、経済の専門家、IT …

GD129_L
失うものがない人は強いのだが・・・

 お金持ちになるためには、何らかのリスクを取る必要があるが、自分に守るものが多す …

PHM11_0627
お金持ちを批判する人がカモにされやすい理由

 ウォーレン・バフェットは間違いなく世界トップクラスの富豪といってよい。 だが彼 …

PHM11_0849
海外に行くことがグローバル化だと思っている人はいつまでも貧乏なまま

 最近は企業のグローバル化やアジア進出の話題で持ちきりである。これからは世界で勝 …

ennkikinouImage2
演繹法と帰納法、お金持ちになれるのはどっちだ?

 人間が何かを考えて問題を解決する場合には、二つの方向からの進め方があるとされて …

a0002_003051
お金が貯まらない人は言い訳が得意

 お金持ちになるためには、多少のまとまったお金が必要である。お金儲けには何らかの …

taipisuto
お金持ちは人を雇わない

 経営学の格言に「有能な弁護士はタイピストを雇う」というものがある。自分で出来る …