お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

自分が強欲であると認識できるか?

 

 ほとんどの人が、かなりの強欲である。だが、多くの人がその事実を認識しておらず、自分は強欲ではないと考えている。
 だがそれではなかなかお金持ちにはなれない。凡人がお金持ちになるためには、自分がいかに強欲であるのかを認識し、それを前提にして行動する必要があるからだ。

リスクが低くてリターンが高い案件など存在しない
 一般的に大きな利益を得ようと思った場合には、それなりのリスクを取る必要がある。中には、リスクだけ大きくてリターンが少ない案件もあるのだが、そもそも論外である。

 ある程度の合理性を持った案件であれば、期待リターンが高くなれば、当然リスクも大きくなる。この事実は、どのようにしても変えることができない。

 だが人は、リスクが低くて、リターンが大きい案件を探そうとする。基本的にそのような案件は存在しないし、仮にそのような案件が実在していたとしても、他人があたなにそれを紹介するわけがない。

 身も蓋もない話だがこれが現実であり、まずはこの事実をしっかりと受け入れるところからすべてはスタートする。その上で、自分はどのようなリスクを取るのかを必死に考えることで、ビジネスや投資のカンが養われてくる。

 生まれ持った天才か特別に運のいい人でなければ、こうしたプロセスを経ずに、事業や投資で成功することはほぼ不可能である。

goyoku657

自分は強欲であると理解して初めて欲から自由になれる
 ところが普通の人は、どこかにオイシイ案件があるのではないかと思ってしまう。「リターンが高いものはリスクが高いということは分かっているのですが・・・」こうつぶやく人は少なくない。

 言い方こそ穏やかではあるものの、これは自分だけがオイシイ話を享受したいという意味であり、まさに強欲の極みなのである。リスクを取りたくないなら投資やビジネスをしないという選択肢しか残らないはずであり、悩んでいる段階で、欲に支配されてしまっている。

 このような言い方をすると、感情的に反発する人がいるかもしれないが、そうであれば、まだまだ欲のワナから自由になっていない。

 本当の意味で欲から自由であれば、そのような指摘に対しては「まったくその通りです」と答えるだろう。強欲であることから自由になるためには、自分がいかに強欲だったのかを自覚することが何より大事なのだ。

 それができれば、ビジネスや投資の判断はかなりラクになる。その案件が持っているリスクは自分にとって許容できる範囲なのか、そして、そこからどの程度のリターンを得ようとしているのか、淡々と分析するだけで済むからである。

  関連記事

ED156_L
お金持ち本の読み方

 世の中にはいわゆる「お金持ち本」と呼ばれるジャンルの書籍がある。   ここには …

officerippa001
オフィスにムダなお金をかけるのはアリか?

 オフィスにムダなお金をかけている会社は成長しないといわれる。立派な本社ビルを持 …

yasasi7001
お金持ちが交渉相手に対して優しいことが多い理由

 お金持ちの人は、思いのほか、交渉相手に対して優しく接することが多い。もちろんこ …

6153342
お金持ちの値段の聞き方

 お金持ちの人は自分が貧乏だと思われたらどうしようという感覚がないので、値段を聞 …

FQ145_L
老後が心配なのでお金が欲しいという人は要注意

 お金持ちになりたいと思う理由は人それぞれだ。だが、なんとなく老後が心配なので、 …

FS040_L
お金持ちの変化に対する考え方

 お金持ちになれる人はほぼ例外なく変化を受け入れることに柔軟である。これは当たり …

mobile
勝つことより負けないこと

 お金持ちになるために意外と重要なことが「負けないこと」である。 投資であれ事業 …

GB175_L55
二項対立を嫌う人はお金持ちになれない

 物事を分析したり解釈する際によく使われる手法が二項対立である。二項対立とは、二 …

a1640_000198
お金持ちは仕事をえり好みしない

 人には好きな仕事、嫌いな仕事というものがある。好きでない仕事が割り振られるとや …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …