お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

自分が強欲であると認識できるか?

 

 ほとんどの人が、かなりの強欲である。だが、多くの人がその事実を認識しておらず、自分は強欲ではないと考えている。
 だがそれではなかなかお金持ちにはなれない。凡人がお金持ちになるためには、自分がいかに強欲であるのかを認識し、それを前提にして行動する必要があるからだ。

リスクが低くてリターンが高い案件など存在しない
 一般的に大きな利益を得ようと思った場合には、それなりのリスクを取る必要がある。中には、リスクだけ大きくてリターンが少ない案件もあるのだが、そもそも論外である。

 ある程度の合理性を持った案件であれば、期待リターンが高くなれば、当然リスクも大きくなる。この事実は、どのようにしても変えることができない。

 だが人は、リスクが低くて、リターンが大きい案件を探そうとする。基本的にそのような案件は存在しないし、仮にそのような案件が実在していたとしても、他人があたなにそれを紹介するわけがない。

 身も蓋もない話だがこれが現実であり、まずはこの事実をしっかりと受け入れるところからすべてはスタートする。その上で、自分はどのようなリスクを取るのかを必死に考えることで、ビジネスや投資のカンが養われてくる。

 生まれ持った天才か特別に運のいい人でなければ、こうしたプロセスを経ずに、事業や投資で成功することはほぼ不可能である。

goyoku657

自分は強欲であると理解して初めて欲から自由になれる
 ところが普通の人は、どこかにオイシイ案件があるのではないかと思ってしまう。「リターンが高いものはリスクが高いということは分かっているのですが・・・」こうつぶやく人は少なくない。

 言い方こそ穏やかではあるものの、これは自分だけがオイシイ話を享受したいという意味であり、まさに強欲の極みなのである。リスクを取りたくないなら投資やビジネスをしないという選択肢しか残らないはずであり、悩んでいる段階で、欲に支配されてしまっている。

 このような言い方をすると、感情的に反発する人がいるかもしれないが、そうであれば、まだまだ欲のワナから自由になっていない。

 本当の意味で欲から自由であれば、そのような指摘に対しては「まったくその通りです」と答えるだろう。強欲であることから自由になるためには、自分がいかに強欲だったのかを自覚することが何より大事なのだ。

 それができれば、ビジネスや投資の判断はかなりラクになる。その案件が持っているリスクは自分にとって許容できる範囲なのか、そして、そこからどの程度のリターンを得ようとしているのか、淡々と分析するだけで済むからである。

  関連記事

menntaruokane7469
お金持ちになるための2つのステップ

 お金持ちになるためには、二つのステップをクリアする必要がある。ひとつは、実際に …

wanman4456
厳しい意見を言う人をあえて登用する実業家は有能か?

 厳しい意見を言う部下をあえて周囲に配置するトップはうまくいくといわれる。成功し …

ER030_L
人に興味がある人とモノに興味がある人

 人間の興味関心は実に様々である。同じテーマに興味がある場合でも、その興味の持ち …

sainoutosikaku6879
才能と資格が一致するとは限らない

 世の中では、ある職業や立場に就くために、一種の資格が必要なケースが出てくる。弁 …

nihonmazusi87
公務員がなぜセレブになってしまうのか?

 消費社会研究家で「下流社会」などの著書がある三浦展氏によると、このところ公務員 …

a0055_000540
お金持ちは自分へのご褒美をしない

 自分へのご褒美というものがある。多くは頑張った自分に対して、何か欲しいをモノを …

suga
お金持ちになりたければ、まず300万円作れ!

 何もしないでお金持ちになれるということはまずない。お金持ちになるためには、何か …

a0006_002881
「時間が出来たら」という人はお金持ちになれない

 旅行や趣味などお金や手間のかかることについて「時間が出来たらやりたい」と考える …

a0001_000576
お金持ちから遠ざかってしまう環境とは?

 お金持ちになるためには能力はもちろん大事な要素だが、日々の環境も大きな影響を及 …

nedan
1日24時間は全員に平等というのはウソ

 前回の記事では、時間には値段があると書いた。時間の値段とはどういうことなのだろ …