お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは情報を願望として処理しない

 

 大きなお金を稼ごうと思う人にとって情報は武器である。すでに多額の資産を築いた人にとっても、資産防衛のために情報は必須となる。お金持ちにとって情報は、生きていくために必要な道具なのだ。

多くのニュースは癒やし系として作成される事実
 情報を有益なものにするためには、情報が持つ特性から自由になることである。世の中には、受け取る人が心地よくなるよう操作された情報が多い。特にマスメディアで提供される情報はその傾向が顕著である。
 このバイアスをうまく回避できるようにならないと情報の達人にはなれない。

 マスメディアで提供される情報がそのように操作されるのは、読み手の多くが、情報を情報としてではなく、願望として処理したいと思っているからである。マスメディアもしょせんは商売なので、そうした読み手に合わせてコンテンツの内容を作っていく。

 新しい技術が外国で開発されたという話題があった時、その技術は日本にとって脅威になるかもしれないといったトーンの記事を書くと、その媒体には一定数「悲観的なことばかり言うな」「なぜ日本をダメにするようなことしか言わないのか?」といった抗議が寄せられる。筆者はジャーナリスト出身なので、このあたりは皮膚感覚としてよく分かる。

 日本の優位性を願っているなら、本来、こうしたライバルの出現にはことのほか敏感であるべきだ。相手の脅威はより敏感に、相手の弱点については過小評価するのがスジである。しかし、こうした情報を望まない人が一定数存在するのだ。

 このため、メディアでは、ニッポンガンバレ!といった記事がズラズラと並ぶハメになる。だがお金持ちにとっては、うまくいっているところを再確認するだけのヨイショ記事など何の意味もない。これからどのような変化があるのかを知りたいのである。

iyasinojouho

偏執狂でなければお金持ちになれない?
 こうしたヨイショ系の情報を求める人は、基本的に自分、あるいは自分達を優しく励まして欲しいと思っている。
 だが、こうした癒やし系の情報ばかり欲していては、当然、競争に勝てるわけがない。自分にとって都合の悪い情報ほど、自分にとって有益であることが多いのが現実なのだ。

 お金持ちになれる人は、このあたりの峻別がしっかり付いており、自分が嫌な情報ほど積極的に取り込んでいる。

 せっかく事業や投資で成功したのに転落してしまう人は、成功して気が緩み、こうしたマイナス情報を受け付けなくなってしまっていることがほとんどである。
 継続して富の拡大に成功している人は、資産額が大きくなればなるほど、ますます神経質になっている。資産家になったのに、これでは楽しさも半減だが、こうしなければ資産は守れないし、それを負担に思うようでは、そもそもお金持ちになどなれない。

 世界最大の半導体メーカー「インテル」の創業メンバーのひとりであるアンドリュー・グローブ氏は、パラノイア(偏執狂)だけが生き残れると主張している。

 ニュースに「そうだ!そうだ!」といった感覚を求めているなら、まだまだお金持ちへの道は遠いかもしれない。

【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_009572
お金持ちになると悟ることができる?

 仏教は悟りを目指す宗教である。悟りの境地に達すると、金銭、色恋、命などの煩悩に …

illust2433
本当は存在しない「わらしべ長者」

 スマホ系のアプリ開発会社を経営するD君は20代ですでにかなりのお金持ちである。 …

FQ092_L
お金持ちになりたければ年配者の意見は無視しろ

 年配者の意見には耳を傾けるべきというのは一般によく言われていることだが、ことお …

3785876
投資信託を買う人はお金持ちになれない?

 株式投資の入門として投資信託の購入を検討する人は多い。投資はお金持ちになるため …

a0002_001041
株で儲けた人はどんな投資をしているのか?

 株への投資で資産を作ろうとする人は多い。株式投資で勝つためのノウハウ本も世の中 …

a1640_00001700
お金持ちは専門家を恐れない

 一般の人は専門家と呼ばれる人にとても弱い。金融工学の専門家、経済の専門家、IT …

souteigai002
想定外を安易に口にする人はお金持ちになれない

 日本では震災の発生以後、想定外という言葉が非常に安易に用いられるようになってい …

Image2
柳の下にドジョウは3匹いる

 「柳の下にいつもドジョウがいるとは限らない」というのは有名なことわざである。一 …

0002
脱税で逮捕された丸源ビルオーナーに見る独特のお金持ち哲学

 全国の繁華街で飲食店ビル「丸源ビル」を展開する不動産会社グループのオーナーであ …

bakuzen2001
漠然と正しい人が儲かる

 「正確に誤るよりは、漠然と正しくありたい」これは経済学者ケインズの名言だが、こ …