お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

今の1時間と将来の1時間は異なる

 

 人間は必ず年を取るものである。当たり前のことなのだが、多くの人はそれを考えない。何か新しい事をしようと思ったら、それなりの時間を確保する必要があるが、年を取っていくと、自由になる時間は少なくなってくる。今できることをしておかないと、将来、同じ事ができる保障はない。

年を取ると、多くの余裕時間を確保しなければならない
 起業や投資を始めるタイミングは、若ければ若いほどよいといわれるが、それは本当である。何より若い時は体力的に無理がきくし、失敗しても、マイナスにさえならなければやり直しがきく。

 だが年齢を重ねていくうちに、そうもいかなくなってくる。体の無理がきかなくなり、睡眠時間もある程度確保することが必要になってくる。筆者は起業経験があるので実感として分かるのだが、事業のスタートアップという時は、想像を絶する激務となる。筆者が起業したのは30歳だったので、数日、まともに眠らなくても平気だったし、最初の1年は、ほぼすべての土日を仕事に費やすことができた。

 仮に何か深刻なトラブルになっても、基本的にハードワークでカバーするというやり方に一定の合理性が生じていたのである。だが、40代、50代となっても、そのような働き方をしていては、健康上のリスクが高まるばかりである。必然的に計画的な仕事の進め方が求められるようになり、資金的な余裕がないと、十分なオペレーションができなくなる。

 現在確保できる1時間は、10年後には1時間ではないと思った方がよい。自由に確保できる時間は年々減ってくるのだ。これを考慮に入れないと、大きな失敗をする結果となる。


金額は小さくても若いうちはリスクを取れる
 投資も同じである。投資に対してどの程度リスクを取れるのかという点について、もっとも重要なのは、資金の量である。だがそれに次いで重要なのは本人の若さである。若い時ならば貯金の半額を投資に回しても大きな問題は生じない。仮に失敗しても挽回がきくからである。

 一方、定年する年になってから投資する場合には、状況が大きく異なる。いい会社に勤めていれば、それなりの退職金があるので、金額的には大きな額が用意できるかもしれない。しかし、この年では、敗者復活戦はほぼ不可能である。いくらお金を持っていても、そのほとんどを投資に回すことはリスクが大きい。

 投資で一定の成果を上げるためには、才能がある人でない限り、ある程度の授業料は必要である。しかも、自分にとって多少大きな金額を投資しないと、心理的なトレーニングにならないことが多い。

 若い時に、自分としては高額のお金を投資に回して、いろいろな方法を試してみることは非常によい経験となる。逆にいえばこれを経ずして、本格的な投資をすることはあまりお勧めしない。その点では、お金を持っている退職者よりも、あまりお金がない若者の方が、投資のスキルを磨くことができるチャンスは大きいのだ。

【参考記事】
努力は報われるのか
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

genin668
原因と結果を混同してはいけない

 世の中には原因と結果を混同している人が実に多い。例えば残業なしで高い利益を上げ …

ryoshusho9379
日本人は皆マスゾエさん?経費に血道を上げる人はお金持ちになれない

 舛添要一東京都知事がとうとう辞任を決断した。舛添氏を批判する声はすさまじいもの …

hitonitanomu2100
人に頼んでばかりいるとお金持ちになれない

 お金持ちの人は、必要な人材は雇えばいいとよく言う。技術のことが分からなければ技 …

a0055_000743e
お金持ちの運に対する考え方

 よく言われていることだが、お金持ちの人ほど「運」を大事にする。逆に、お金が稼げ …

a0001_013809
お金持ちになると出費が少なくて済む

 お金持ちはますますお金持ちになるとよくいわれている。その理由は、お金持ちの人に …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …

matsumoto001
ダウンタウン松本発言からお金持ちの負担を考える

 ダウンタウンの松本人志氏の高額所得者に関する発言がネットで話題となっている。前 …

fudosan
お金持ちは時代で変わる

 どのような職業の人がお金持ちになりやすいのかは時代によって変化する。時代によっ …

PHM11_0849
海外に行くことがグローバル化だと思っている人はいつまでも貧乏なまま

 最近は企業のグローバル化やアジア進出の話題で持ちきりである。これからは世界で勝 …

kadokawango02
ドワンゴに見る儲けの方法

 先月、角川書店を中心とするKADOKAWAグループと、動画配信大手のドワンゴの …