お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

ホリエモンの家事月2万円論争から分かること

 

 先日、ネット上で家事の分担をめぐってちょっとした騒動が発生した。
 あるブロガーが「共働き夫婦の家事の分担の問題がたびたび話題になるが、そんなもん月に2万円も払えば業者が全部やってくれるのに、なんで押し付けあってるのか理解に苦しむ」とツイートしたところ、ホリエモンこと堀江貴文氏が「馬鹿だからでしょ」と発言。
 これがきっかけとなってツイッター上には賛否両論、様々な意見が飛び交う状況となった。

なぜ議論がかみ合わないのか?
 ネット上の反論には様々なものがあったが「月2万円でそんな依頼はできない」「子供がいる場合にはそうはいかない」「お金があっても人を家に入れたくないのでそんなサービスは普及しない」など、ホリエモンたちが主張していることとは、話がかみ合っていないものも多かった。

 お金持ちとそうでない人にギャップがあるのだとすると、このあたりに原因があるのかもしれない。

 月2万円という話を出したブロガーは、何もすべての家事を依頼して月2万円で出来ると主張しているわけではないだろう。必要なサービスをチョイスし、週に1回程度の依頼であれば、2万円以内に抑えることは十分可能である。

 要するにここでは、自分自身でその作業をするコストと、実際に業者に支払うコストを考えて、得ならば外注すればよいと言っているに過ぎない。2万円はあくまで例である。

 子供がいる、いない、という話も同様だ。ベビーシッターまで含めて全部を依頼したいと人もいれば、子育ては自分でやりたいので、掃除など部分的な家事だけ人に任せたいなど、家事代行へのニーズは人それぞれである。子供がいようといまいと、必要なサービスなら頼めばよいだけである。

お金への過剰な意識が逆にお金を遠ざける
 論争を見ていると、お金の問題以前に、こうしたサービスを依頼することそのものに対する嫌悪感のようなものが存在しているようである。その理由は、家事を人に頼むという行為について、無意識に社会階層的なニュアンスを感じ取ってしまっているからである。

 普通の人にはなぜか、家事など人に頼んではいけないという、精神的な縛りが存在するのである。そのために、お金があっても人を家に入れたくない、という話にまで飛躍してしまう。

 お金があってもなくても、家に人を入れることに抵抗がある人はいるし、抵抗がない人もいる。だが問題はそこではなく、人に家事を頼むこと、そのものへの過剰な意識がそうさせているのである。

 だがホリエモンや月2万円の家事代行を主張したブロガーにはそうした意識は一切ないだろう。
 自分は階層が上だから家事を人に任せるのではなく、その方が得だから、あるいはその方が面倒ではないから、という理由しかないはずだ。

 つまり人間の社会階層を過剰に意識いしているのは、ホリエモンではなく、お金がない人たちの方なのだ。逆に考えれば、こうした階級に対する過剰なこだわりをすて、合理的に振る舞えるようになれば、結果的にホリエモンのように家事代行を気軽に雇えるお金を持つことができる。

 社会階層やお金に対する過剰なこだわりは、逆に、自分を特定階層に押しとどめてしまうデメリットがあるのだ。

【参考記事】
お金持ちになれる結婚相手を見つけるためには
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

Image2
「みんなの意見は案外正しい」をお金持ちの話題に当てはめると?

 みんなの意見は案外正しい、という考え方がある。インターネットでの集合値や市場が …

a0002_003651
お金持ちは率と絶対値を区別して考えている

 このコラムでは何回か述べてきたことなのだが、数字に強い人は、お金持ちになるにあ …

kokorogasemai547
お金持ちは心が狭いかどうかは気にしない

 世の中で自分の心が狭いのかを気にする人は多い。ネット上でも、他人から不当なこと …

sainoutosikaku6879
才能と資格が一致するとは限らない

 世の中では、ある職業や立場に就くために、一種の資格が必要なケースが出てくる。弁 …

sakaduki
会社のカネで飲むな!

 このようなご時勢なので、経費がバンバン落とせる会社はそう多くはないだろうが、そ …

kabusikitousi404
投資はお金持ちになってから?

 お金持ちになるためには、お金を稼がなければならない。大きなお金を稼ぐ方法は、大 …

uber005
お金持ちの人はもう外には出ない?

 今月、東京都内の書店で4歳児の足を踏みつけるなど軽傷を負わせた容疑で、東京都港 …

honpickechi
ピケティから何を学ぶか

 フランスの経済学者トマ・ピケティの著作「21世紀の資本」が話題となっている。7 …

utagai6440
お金持ちと庶民とどちらが疑い深い?

 お金持ちと庶民とどちらが疑い深いだろうか?お金持ちの人は庶民と考え、庶民はお金 …

yasukukau001
利益を上げる方法は単純だ

 利益を上げるためには、安く仕入れて、高く売ればよい。そんなことは誰もが分かって …