お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは情緒ではなく情報を求める

 

 世の中には、書籍、雑誌、ネットなど数多くのコンテンツが存在している。こうしたコンテンツは情報を得るためのものと思われているが、実際は違う。経済、金融などお金に関するコンテンツであってもそれは同じである。ほとんどのコンテンツが情報ではなく情緒を得るために作られている。

多くの人がコンテンツに情緒を求める
 例えば、米国の経済が好調だというニュースを耳にしたとする。だが日本では、米国が好調だというストレートな形では報道されないことが多い。米国は見せかけだけの好景気で実態はボロボロなのではないかというトーンになる。

 なぜそうなるのか?それは、多くの人が、情報ではなく、情緒を求めているからだ。そうあって欲しいと多くの人が願望を持っており、そのように記事を書くと実際にコンテンツは売れるのである。

 一方、トヨタを始めとする優秀な日本の製造業者のほとんどが米国市場で利益を上げている。つまり日本の物作りを強く支持する人であれば、米国経済が堅調であることを心の底から喜ぶはずである。日本製品をもっともたくさん買ってくれるのは米国だからだ。

 合理的な思考を持ち、かつ、日本の製造業の底力を信じている人であれば、米国経済が好調というニュースを聞いた時には、トヨタが儲かり、ひいては日本経済が活性化すると考えるはずだ。株式投資をしているのならば、トヨタは「買い」ということになる。

 ところが、日本の製造業はすばらしいと言う人のかなりの割合が、米国経済が不調であることを願っている。そうであればこそ、ネガティブなトーンの記事は売れるのだ。

情緒を求めていると自己矛盾に気付かなくなる
 これは完全な自己矛盾であるが、情報ではなく情緒を欲する人は、この自己矛盾に気が付かない。こうした状態でビジネスや株式投資をするわけだから、儲かるワケがないのだ。

 こうした情緒的なコンテンツは世の中にたくさん溢れている。だがこうしたコンテンツを作る人を責めても意味がない。顧客が求めている以上、そうしたコンテンツが量産されるのは必然だからである。

 もしこの話を聞いて、そうしたコンテンツを作っている人はケシカランなどと考えてしまった場合には、要注意である。こうした発想も一種の情緒主義なのである。

 お金持ちになれる人は、こうしたコンテンツを見た時に、情緒的な思いではなく、その背後にあるメカニズムを理解する。
 こうした思考回路を持っている人にとっては、自分とは極端に異なる意見や、読んでいてイライラするようなコンテンツでさえ、宝の山となる。

 お金儲けに必要なのは情緒ではなく情報である。その意味で情報はいたるところに存在しており、高いコストをかけて収集する必要すらないのだ。それに気付くか気付かないだけかの違いでしかない。

【参考記事】
お金持ちの人から話を聞くときの注意
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

oyako0001
親の年収が高いと学校の成績がよいというのは本当か?

 親の年収や学歴が高い方が子供の学業成績がよいという文部科学省の調査結果が話題と …

hatudate
割り勘男がお金持ちになれない訳

 初デートの時に割り勘はOKか?というのはよく議論になるテーマだ。男女平等の世の …

a0001_013809
お金持ちになると出費が少なくて済む

 お金持ちはますますお金持ちになるとよくいわれている。その理由は、お金持ちの人に …

mobile
勝つことより負けないこと

 お金持ちになるために意外と重要なことが「負けないこと」である。 投資であれ事業 …

jikosekinin
お金持ちの人が考える自己責任とは

 お金持ちの人は自己責任の考え方が徹底している。だが、ここで注意しなければならな …

EY008_L
お金は精神構造を支配する

 お金持ちになるためには、お金に支配されてはいけない。だがお金に支配されないよう …

kuremu4679
ホーム飛び降り車掌の事件から分かること

 クレーマーからの暴言に耐えきれずホームに降りた車掌に対して処分撤回を求める4万 …

GD137_L
安易に成功者のマネをするな

 お金持ちになりたいと考え、メディアに頻繁に登場する成功者のマネを安易に実行する …

ikari001
お金持ちは相手に理解を求めない

 お金持ちになれる人は、相手に対して、自分を理解することを求めない。ビジネス上の …

bafe
ウォーレン・バフェットの投資手法は参考にできるか?

 前回はウォーレン・バフェットが庶民から批判されないという話をした。バフェット氏 …