お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは目先も将来も大事にする

 

 目先の利益ばかり追求していると大きなお金を作ることはできないといわれる。将来を見据え、コツコツと努力することは大事だと教えられてきた人も多いだろう。
 確かにその通りだが、お金持ちになるためには、それだけでは不十分だ。目先も将来も、両方大事にしなければ、お金持ちへの道は遠い。

20年後が今と同じである保証はまったくない
 将来を見据えることが大事という言葉には、いくつかの落とし穴がある。もっとも気をつけなければならないのは、将来に対する不確実性である。

 日本が途上国だった時代は、将来を予測するのが簡単だった。基本的には今日と同じことをやっていればよかったからである。しかし、テクノロジーが発達し、成熟国家となった今、世の中のニーズは多様化している。20年後の社会で今とまったく同じようなビジネス環境が維持されている保証はまったくない。

 つまり将来を見据えてコツコツと努力するにしても、将来のシナリオを描くことそのものが難しくなっているのだ。
 これは会社の就職などでも同じである。今、立派な会社と思える会社は、20年後は衰退しているかもしれない。20年後に絶好調な会社は、まだ存在していないかもしれないし、今は目立たない小さな会社かもしれないのだ。

 今の時代における将来への備えというのは、何かシナリオを立てて、それに向かってコツコツと努力することではない。変化に柔軟に対応できるよう、普遍的スキルやマインドを身につけることこそ、本当の意味での将来に対する備えである。

コツコツ努力は、変化を望まないことの言い訳
 変化への対応という意味では、目先のお金も重要である。変化はピンチだがチャンスでもある。変化が起こった時に、素早く行動するためには、一定の軍資金が必要だ。もし目先にまとまったお金を作るチャンスがあるのなら、迷わずそれを獲得すべきである。

 まとまった軍資金を作ることができずに、将来に備えて努力するというのは、机上の空論でしかないのだ。
 お金持ちになれる人は、目先のお金にも貪欲だし、すぐにはお金にならなくても、普遍的なスキルを身につけるための投資に対して貪欲である。

 つまり、目先のことも将来のことも同じ程度に重要視しているのだ。

 将来のために今を我慢して、一つのことをコツコツ努力するという考え方は一見、立派に見えるが必ずしもそうとは限らない。実は変化を望まないことの言い訳(エクスキューズ)にしかなっていないことも多いのである。

 今日のお金を追求しながら、十年後のことを考え、一方で将来のことなど分からないと割り切れる人こそが、お金持ちになれる。ちょっと矛盾しているようだが、すべてを共存させることは不可能ではない。自身の気持ち次第である。

【参考記事】
ダウンタウン松本発言からお金持ちの負担を考える
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

rurumoraru4789
お金持ちは共通のルールを重視する。貧乏人は個人的なモラルを重視する

 社会におけるルールとモラルは似ているが、実は全く異なる概念である。ルールは合意 …

a0002_001578
ファストフード命という人はお金持ちになれない

 お金持ちになろうとしている人で、ファストフードが大好きという人がいたら、少しば …

siniarich
日本の富裕層が124万世帯という数字をどう見るか?

 ボストン・コンサルティング・グループが発表した調査結果によると、100万ドル( …

S氏夫婦は自由を満喫している(写真はイメージです)
お金から自由な人と不自由な人

 前回は資産家と高級取りの違いについて考えてみた。同じ「お金持ち」でも資産家の人 …

EY005_Lkakugo01
お金持ちとそうでない人を分けるもの

 お金持ちな人とそうでない人を分けるのは、当たり前のことだが、お金を持っているか …

honpickechi
ピケティから何を学ぶか

 フランスの経済学者トマ・ピケティの著作「21世紀の資本」が話題となっている。7 …

buken
お金持ちはお金がある時に借金する

 借金はお金がないときにするものというイメージがあるが、お金持ちの行動はその逆だ …

a0001_017472
お金持ちは相手に期待しない

 人間関係におけるトラブルや精神的ストレスの原因の多くが「相手に対して期待する」 …

tvrimokon774
疑問に思う人はお金持ちになりやすい

 お金持になるために重要となるマインドのひとつが「疑問」を持つことである。新しい …

a0008_002042
床屋に髪を切るべきか相談するな

 「床屋に髪を切るべきか相談するな」というのは、かのウォーレン・バフェットの名言 …