お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

無謀なことをするのとリスクを取ることは違う

 

 世の中にはリスクを取ることは無謀なことをすることと勘違いしている人がいる。そのような人は、とにかく危ないことをしないとお金儲けはできないと考えているようである。だがそれは正しくない。リスクに対してしっかりとした認識がないと、本当の意味でのお金儲けは難しい。

そもそもリスクとリターンが比例しない仕事がたくさんある
 確かに大きな利益を得ようと思ったら、それなりのリスクを取らなければならない。だが問題は、取ったリスクと利益が比例するは限らないという現実である。世の中には、リスクだけを取らされてしまい、まともなリターンが得られないプロジェクトというものが山ほどある。

 このようなプロジェクトに関わってしまったら、リスクを取ってリターンを得るどころか、ただ無謀なことをしているだけということになってしまう。しかし現実にはこうしたビジネスや投資に頭から突っ込んでしまう人が結構多いのである。

 事業のほとんどすべてをフランチャイザー(本部)に依存したフランチャイズ・ビジネスなどは、まさにリスクだけが大きい事業の典型である。良心的に運営している企業も多いが、一部にはかなり悪質なところもある。

 他に行くところがないことが分かっているので、本部はフランチャイジー(加盟店)に対して、無茶な要求ばかりしてくる。支払い条件もどんどん悪くなるので、銀行から無理な借金を重ねなければ資金繰りがつかなくなる。

 こうした状況では、リスクが一方的に加盟店に転嫁されているだけである。リスクとリターンを天秤にかける状態にそもそもなっていないのである。

徹底的に慎重になってはじめてリスクが取れる
 不動産投資で失敗する人も同様である。物件の価格だけに目が行ってしまい、そもそも収益力のない物件に手を付けてしまうケースが非常に多い。これでは、リターンを得られるどころか、リスクだけが過大になってしまう。まずはリスクとリターンが比例する物件を探すことがスタートラインなのである。

 もちろん、どうしても予測が付かず、最後は「エイヤッ!」で決断しなければならない局面というものは必ず存在する。これこそが本当にリスクを取る部分である。だが毎回、「エイヤッ」を繰り返していては、よほど強運の持ち主でも無い限り、必ず失敗する。

 本当にリスクを取れる人というのは、リスクを取るべきではない部分では徹底的に慎重である。すべてを緻密に、計画的に進めていき、最後の最後でリスクを取っている。

 つまりどこまでが事前の調査で予測可能な部分であり、どこまで予測不可能で、「賭け」をしなければならない部分なのかよく理解しているのである。この段階に達して初めて、リスクを取るという言葉がでてくるものなのだ。

【参考記事】
漠然と正しい人が儲かる
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

yume0025
夢を持てという人を信用するな

 夢を持つことは大事だといわれる。ネットやテレビを見ても夢を持たなければいけなよ …

onegai554
遠慮がちな人はお金持ちになれない

 遠慮がちに話す人はお金持ちになりにくい。それはお金持ちになる人が、ずうずうしく …

sinnjitu2147
お金持ちにとって、真実とは自分の外にあるもの

 真実は世の中にひとつだけと思われているが、実際は違う。人によって真実の定義が違 …

siomura
都議会ヤジをお金持ちの視点で見ると

 東京都議会のヤジが大きな問題となった。とりあえず都議会としては、「信頼回復を目 …

a0002_005490
ブッキングが下手な人は貧乏人

 アポイントの取り方はその人のお金持ち人生を左右するといってもいいくらい大事なこ …

shachositsu
お金持ちになるためには会社のオーナーになれ

 お金持ちになるためには、会社の社長になるだけではダメだ。会社のオーナー社長にな …

fukuzayukichi
お金持ちになれる人は、お金持ちからお金を取る

 お金持ちになれる人は、お金のある人からお金を取ろうとするが、貧乏人体質の人は、 …

atamasageru6643
お金持ちは、自分の置かれている状況についてプライドを意識する

 お金持ちの人は、自分が置かれている「状態」にプライドを意識するが、貧乏人は自分 …

copipe005
著作権侵害はなぜいけないのか?

 STAP細胞に関する小保方晴子さんの論文が大きな問題となっている。ここではその …

EY136_L
マグロ的なお金持ちとクラゲ的なお金持ち

 お金持ちにはマグロ的なお金持ちとクラゲ的なお金持ちの2種類がある。この2つは同 …