お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちになれる趣味の持ち方

 

 世の中には、いい趣味の持ち方といった話がある。いい趣味を持って、オンとオフをしっかり切り替えられば、仕事もうまくいくといったニュアンスのようである。だが、お金持ちを目指す場合、この話は成立しないことが多い。

同じ趣味といっても2つの種類がある
 趣味には実は2種類ある。ホンモノの趣味となんちゃって趣味である。ホンモノの趣味とは、ここまでくれば、もはや趣味ではないのだが、それをしていないと、その人の人生が成り立たないような行為のことを指している。

 コレクションなどに全財産をつぎ込み、家を傾かせているという人がたまにいるが、まさにこのようなケースのことである。お金持ちの人であれば、それはまさに放蕩ということになるだろうが、ホンモノの趣味とはこのようなものである。

 これにハマッた人には、アドバイスなどしてもムダである。それが人生そのものであり、人から指摘されてやめるような種類のものではないからだ。

 一方、なんちゃって趣味はまったく状況が異なる。なんちゃって趣味は、まさにオン・オフの切り替えができるような適度な楽しみ方ができるものである。
 年配の人でソバ打ちを始める人は多い。ソバ打ちは適度に難しいが、ある程度の努力があれば誰でもできるものでもある。なんちゃって趣味としては最適なものといえるだろう。

 こうした趣味があれば、定年後にやることがなくて困るといった事態は避けることができるだろう。その意味では多くの人にお勧めの習慣といえる。

お金儲けはアートと同じ
 だが、本気でお金持ちになろうとするのであれば、どちらの趣味も必要ない。というよりも「お金儲けが趣味」というくらい、のめり込まないと普通の人が大金を稼ぐ事は難しいからである。

 先ほどの趣味を例にとれば、全財産を傾ける趣味がお金儲けといったところだろうか?逆にいえば、適度にオン・オフを切り替えるといった程度の趣味であれば、すべての時間を仕事に費やした方がよいし、そうであればこそ見えてくる世界もある。

 ある外国人の起業家が、雑誌のインタビューで面白いことを言っていた。
 なぜ、わざわざ起業という大変な道を選ぶのか?という質問に対して「起業家とはアーティストやアスリートのようなもの」「なぜ絵を描くのか、なぜ走るのかといった質問は愚問だ」と答えていた。

 実際、ビジネスや投資というものは、非常に奥が深く、面白いものである。

 これにハマってしまったら、普通の趣味ではとても満足できないだろう。また、ベンチャー・ビジネスや投資から得られるアドレナリンは、そこらのギャンブルでは、到底、得ることなどできないレベルのものとなるはずだ。

【参考記事】
メール不達時の対応はお金持ちか貧乏人の分かれ道
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

bafe
ウォーレン・バフェットの投資手法は参考にできるか?

 前回はウォーレン・バフェットが庶民から批判されないという話をした。バフェット氏 …

a0001_013809
お金持ちになると出費が少なくて済む

 お金持ちはますますお金持ちになるとよくいわれている。その理由は、お金持ちの人に …

FS040_L
お金持ちの変化に対する考え方

 お金持ちになれる人はほぼ例外なく変化を受け入れることに柔軟である。これは当たり …

tukinjikan
通勤中のサラリーマンの目は死んでいる?

 先日「通勤中のサラリーマンの目は死んでいる」という大学生の投稿がネットで話題と …

dokuji
お金持ちの人だけが持つ独特の判断基準

 お金持ちの人たちは独特の判断基準を持っている。  フツーの人は、何かを判断しな …

a0001_001838t
未来のことをどう考えるかはお金持ちになれるかの試金石

 未来のことについてどのように認識するのかは、お金持ちになれるかどうかに大きく影 …

katenaihito445
ビジネスや投資で勝てない人の共通項

 ビジネスや投資で勝てない人には共通項がある。それは過去の事実をしっかり認識しな …

pbank
お金持ちのための銀行「プライベートバンク」とは?

 お金持ちにはお金持ちのための専用銀行があるのをご存知だろうか?。プライベートバ …

Image2
もし今、1億円が手に入ったら

 もし今、1億円が手に入ったら何に使いますか? このような質問をされたらあたなは …

saito
偽ブランド物販売サイトは詐欺か?

 ブランド物の時計やバッグなどの偽モノ(コピー商品)を販売するサイトがある。多く …