お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

自動車ドロボーから下院議員になった男

 

 前回のコラムでは、趣味に凝るタイプの人はお金持ちになりにくいという話を書いた。趣味に凝るタイプの人は、一筋に向かっていくタイプの人が多く、変化が多い世の中では裏目に出ることが多いのだ。
 だが中には、ひとつのことに集中してひたすらその道を邁進することで大成功するひともいる。それが少し間違ったことであってもだ。

アメリカンドリームの体現者

日本叩きで有名なアメリカの大物議員の前歴
 これはアメリカの例だが、あまりよろしくない自分の得意分野に集中して大成功したした人である。名前はダレル・アイサーという。アメリカの下院議員に6期当選しているかなりの有力政治家だ。

 2010年にトヨタのプリウスがブレーキに不具合が生じるというトラブルでリコール問題となった際、米国の議会は社長の豊田章男氏を公聴会に呼びつけた。このときトヨタ問題を主導したのが、アイサー議員である。米国の自動車産業界に大きな影響力を持っている。いわば政治の世界での自動車のプロだ。

 このアイサー議員、実は若いときに、自動車ドロボーで何回も逮捕されている。アイサー議員の父親はGM(ゼネラルモータース、日本でいえばトヨタのような会社)のトラックの販売を担当する営業マンだったので、自動車には詳しかったのだが、その知識をドロボーで生かしてしまったのだ。

 また自分の車が盗まれたとウソの盗難届けを出して保険金詐欺で逮捕されたこともある。保険詐欺にもいろいろあるが、やはりアイサー議員は自動車が大好きなので、この分野に特化?したのだ。

 ドロボーの世界ではあまり才能がなかったようで?毎回逮捕されてしまう。だが運だけは強くアイサー議員はなぜか起訴されずに済んだ。逮捕はされているものの、有罪になることなく生き延びることができたのである。

アイサー議員が創業した会社の盗難防止装置

自動車は俺の天命?
 その後アイサー議員は心を入れ替え、自分で事業を起こしてまじめに働くことにした。

 どのような分野の事業がよいか悩んだアイサー氏が選んだ事業は、なんと自動者の盗難防止装置の会社であった。

 自動車の盗難であれば誰よりも自分がよく分かっている。それに何度も自動車ドロボーで逮捕されるほど自動車が好きだ。これほど彼にぴったりの事業はないだろう。

 彼が作った会社の盗難防止装置は大ヒット。会社は急成長してNASDAQに上場するまでになった。会社の創業者であるアイサー議員はとうとう大金持ちの仲間入りを果たしたのである。

 その後アイサー議員は政治活動に力を入れるようになり、とうとう2000年に下院議員に当選することができた。

 日本と同様、アメリカの政治の世界も、それぞれの得意分野というものがあり、いわゆる属議員がたくさんいる。当選後、彼が選んだ分野はやはり自動車であった。その後、議会で彼は大活躍し、現在に至っている。

ブレるな!だが変化せよ

ブレない軸と臨機応変な行動が成功に導く
 アイサー議員の人生は、自動車というひとつの軸で一貫している。

 アメリカではアイサー議員はかなり人気があるという。ドロボーという前歴も含めて、そこから立ち上がり、アメリカンドリームを実現した男というわけである。
 いろいろと「?」がつく話であるが、自動車へのこだわりがなければ彼の成功がなかったことは間違いないだろう。

 このコラムの冒頭では、何かに集中してまっすぐ進む人は金銭的には成功しにくいと書いた。だが一方でコロコロとやることが変わって落ち着かないのもよくないといわれる。好きこそものの上手なれ、という言葉もある。
 その意味でアイサー議員の生き方は参考になる(ドロボーを参考にしてはいけません)。

 もしアイサー議員が、自動車ドロボーに集中して、それだけを続けていれば、多少の自動車ドロボーのプロにはなれたかもしれないが、いつかは刑務所だ。
 彼は自動車という軸こそブレなかったが、やっていることは次々と変化させている。ブレない軸と状況に応じて柔軟に変化させる姿勢がうまくミックスされている。

 自分が好きなことで成功したいと願う人は多い。だがバカのひとつ覚えのように同じことばかりやっていてはダメだ。好きなことを軸として持ちつつ、アプローチの方法を変化させることを考えてみると道が開けるかもしれない。

【参考記事】
フローでお金持ちになる方法とストックでお金持ちになる方法の違い
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kuraudo5466
クラウドの進展は、お金儲けをしたい人にとって大きなチャンス

 このところ、ITビジネスの世界で大きな変化が起こっている。これまで一部のサービ …

a0002_006818
お金は人を変えない

 お金は人を変えるとよく言われるが、それはたいがいウソである。お金が人を変えるこ …

4350891
医者はお金持ちなのか?

 かつて医者はお金持ちの代名詞だった。今でも医者は高額所得者のイメージがあるかも …

kouka64a
消費税前、駆け込み購入は無意味

 4月1日から消費税が増税された。日本はこの四半期、景気の落ち込みが予想されてい …

6153342
お金持ちの値段の聞き方

 お金持ちの人は自分が貧乏だと思われたらどうしようという感覚がないので、値段を聞 …

koutujiko
お金持ちになれる人は、特権に対する解釈が違う

 先日、TBSの記者が万引きで逮捕されるという事件があった。今回のケースにおいて …

a0008_002042
床屋に髪を切るべきか相談するな

 「床屋に髪を切るべきか相談するな」というのは、かのウォーレン・バフェットの名言 …

178088ryoshu
独立と自立は違う

 お金持ちになるための有力な方法のひとつが独立することである。独立と自立という言 …

a0001_016080
田舎モノはお金持ちになりやすいか?

 田舎モノ(地方出身者)の多くは東京に対するコンプレックスを持っている。 コンプ …

nedan
1日24時間は全員に平等というのはウソ

 前回の記事では、時間には値段があると書いた。時間の値段とはどういうことなのだろ …