お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

出費が多くなっても稼ぎを優先した方がよいのか?

 

 お金持ちになるためには、出費を最小化して、収入を最大化する必要がある。だが出費の抑制と収入の最大化のどちらに力点を置くのかで、生活はだいぶ変わってくる。

節約は簡単だが限度がある
 収入を増やすことよりも支出を減らすことの方が一般的には簡単と思われている。まずは節約して支出を減らそうと考える人は多いだろう。だが節約の最大の問題点は、節約の範囲が限定されてしまうことと、効果を発揮する支出項目が少ないことである。

 どんなに節約しても、支出はゼロ以下にはならない。節約によって確保できるキャッシュ・フローには上限がある。
 一般的な生活をしている人であれば、節約の効果を得られる支出項目は限られる。ほとんどの人にとって、住宅と保険と自動車以外は、節約をしても、その効果はたかが知れているのだ。

 苦労して月5万円や10万円を浮かしたとしても、年間では60万円から120万円であり、10年続けても600万円から1200万円にしかならない。しかも節約は結構疲れる。あまり長続きしないことが多いのも事実である。

 一方、収入を増やすことは簡単ではないが、上限がないという特徴がある。何らかの形で今の収入を倍にすることができれば、節約などではとても確保することができなかった金額をあっという間に作ってしまうことも可能だ。

 短期間で大きな資産を作ろうと思ったら、やはり節約だけではダメで、収入を増やすための工夫が何としても必要となってくる。

収入を増やすための安易な支出は控えるべき
 もっとも理想的なのは、節約によってまとまった資金を作り、今度は事業などにそのお金を思い切って投資をするというやり方である。節約で作り出したお金が、収入という形で返ってくれば、プラスのサイクルが回り出すことになる。

 だが収入を増やそうとすると、支出も増えてくるという現実はよく理解しておく必要がある。
 収入を増やすためには、先行投資が必要だし、自分の時間も犠牲にする必要が出てくる。時間を最優先するため、生活費がかさんでくることが多いのである。

 最初は大きな収入を得るためとして、多少の支出増加はやむを得ないと思っていても、最終的に収入は増えず、支出だけが大きくなっていたというのはよくある話である。

 トータルして考えると、収入を増やすためといって安易に生活費が増えるようなことはしない方がよい。ほとんどの人が、支出増を収入増につなげることができないのが現実である。

 多くのお金持ちが、いかに支出を最小限にして大きな稼ぎを作るのかについて苦心してきている。こうした苦労が最終的には大きなお金を掴むためのノウハウにつながってくるのだ。

【参考記事】
夢を持てという人を信用するな
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

atasi
家族や親類は最大の敵

 お金持ちは常に多くの敵に囲まれている。ドロボーや強盗のような直接的に危害を及ぼ …

GD172_L
オーナー社長を友達に持て

 よく言われることだが、友達を5人列挙するとその平均年収があなたの年収になるとい …

kinnniku654
お金持ちの人は、知識と体験を分離できる

 人の知識というのは、体験と密接に関わり合っている。学校の勉強でも、ただ授業を聞 …

EK074_L
自動車を買うと小金持ちにもなれない

 お金持ちになるためには、節約はほとんど意味をなさない。だが前回のコラムでは、お …

pojitibu
お金持ちがポジティブ発想なのは精神論からではない

 お金持ちの人は基本的に発想がポジティブだといわれる。これに対してお金がない人は …

FE083_L
立場が弱いうちは客を選ぶな

 お金持ちになるためには、取引する相手を選んだ方がよいだろうか?それとも相手を選 …

ganko744
人の思考回路はいつから固まるのか?

 お金持ちになるためには、柔軟な頭を持っていることが重要となる。だが、人は年を取 …

‰Æ‘°02
親離れできていないとお金持ちになれない

 お金持ちになれない要素として案外見落とされがちなのが、親離れできていないことで …

brain01
右脳人間はお金持ちになれない(脳ミソロンダリングに気をつけろ)

 人間の思考回路は、論理的に処理される部分と、情緒的に処理される部分の2つで構成 …

oyakazoku2440
家族という存在を頭に入れないとお金持ちになれない

 本当はこんな生活ではなかったはずなのに、なぜかお金がない、という人は多い。基本 …