お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

相手はどの程度怒っているのか?

 

 人のコミュニケーションにおいて、相手がどの程度怒っているのか正確に把握することは非常に重要である。特にトラブルになりかかっているときは、この判断が結果を大きく左右する。お金が稼げる人と稼げない人では、このあたりの能力に大きな差があることが多い。

最悪なのは知らずにチキンレースをしてしまうパターン
 人との交渉は常に押し付け合いである。なるだけ相手に負わせて、自分の負担を軽くするようにしなければ、自分は不利になってしまう。

 だからといって、ただ、強引に押してばかりでは交渉はうまくいかない。ギリギリまで押して、相手が怒り出しそうになったら、一旦引いて、相手のメンツを立て、再び押すという駆け引きが必要となる。

 だが、この一旦引くという行為がうまく出来ない人は多い。押し引きが下手な人の交渉を見ていると、相手がどれだけ怒っているのか理解できていないことが多い。相手の状況を考えずに、同じ主張を繰り返し、交渉を潰してしまうのである。一種のチキンレースである。

 これは、言葉使いが丁寧だったり、激しく口論していないこととは関係ない。口調が丁寧でも、相手の感情を考えずに同じ主張を繰り返していると、そういった結果になりがちだ。よく公務員などが窓口で住民とトラブルになることがあるが、同じような事情が背景に存在していることが多い。

 住民が何について怒っているのか分からず、杓子定規に同じような対応を繰り返すことで、住民の怒りを倍増させてしまうのだ。このようなケースでは、本人はチキンレースをしている感覚がないので非常にやっかいだ。

小さな勝ちの積み上げが大きな勝ちを呼ぶ
 相手の怒りを推し量る能力を身に付けるためには、場数を踏むことが大事なのだが、皆がそうした経験を積めるわけではない。だが、周囲の人の様子を常に観察するクセを付けておくと、それだけでもかなりのトレーニングになる。

 大した問題にはなっていなくても、日常的なコミュニケーションの中には、ちょっとした怒りや、それに対するケアという交渉が存在している。どういう時に、相手の怒りが倍増し、どういうタイミングで引けばうまく収まるのかについては、こうしたやり取りを見ていれば、おおよそ判断がつくようになる。

 相手が怒り出すギリギリのところでうまく話をまとめ、できるだけ自分に有利な事柄をたくさん獲得できた人が、最終的には大きな果実を得ることになる。ひとつひとつは小さいものであっても、積み重なると大きな資産になるはずだ。

 お金持ちになるためには、リスクを取って大きな利益を追求するタイミングがどこかで必要となる。

 こうしたチャンスが巡って来た時に、思い切ってリスクを取れるかどうかは、普段からの準備状況に大きく依存している。

 日常的な交渉で小さな勝ちを積み上げてきた人は、資金面で不安がなく、面倒なトラブルを抱えていない。イザという時に大きなリスクを取れる体質になっているのだ。

【参考記事】
謝り方が分からない人はお金持ちになれない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

Image2
ブログを書いてお金持ちになれるのか?

 前回はアフィリエイト・ビジネスについて書いた。アフィリエイト・ビジネスで大儲け …

ganko744
人の思考回路はいつから固まるのか?

 お金持ちになるためには、柔軟な頭を持っていることが重要となる。だが、人は年を取 …

GD169_L
借金や破産にもいろいろある

 お金持ちになるために借金をする人も少なくない。特に事業をする場合には一定の軍資 …

PHM11_0564
お金持ちは格言や安易な社会風潮を信じない

 世の中には格言やべき論に溢れている。歴史のある格言は確かに含蓄のあるものが多く …

bitokoin_s
仮想通貨のハッキング被害から身を守る方法

 仮想通貨取引所のコインチェックがハッキング被害に遭い、顧客の資産が流出したこと …

a1640_000198
お金持ちは仕事をえり好みしない

 人には好きな仕事、嫌いな仕事というものがある。好きでない仕事が割り振られるとや …

a1640_000190
同じことをやり続けるのは得か?

 新しいプロジェクトを始めたとしても、すぐに成果が出るとは限らない。だが、いつか …

kaisuiyoku
お金持ちは矛盾に対する感覚が鋭い

 矛盾した言動や状況に対する人の反応にはかなりの個人差がある。お金持ちの人の論理 …

honpickechi
ピケティから何を学ぶか

 フランスの経済学者トマ・ピケティの著作「21世紀の資本」が話題となっている。7 …

a0006_002881
「時間が出来たら」という人はお金持ちになれない

 旅行や趣味などお金や手間のかかることについて「時間が出来たらやりたい」と考える …