お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

出来ない理由を列挙しない

 

 お金持ちになれる人は、常にどうすれば実現できるかを考えている。これに対してお金持ちになれない人は、常にできない理由を列挙している。
  この話は昔から言われていることだが、いつになっても状況は同じである。思い当たる人は要注意である。

出来ない理由を並べる天才
 以下は、筆者にビジネスの相談に来たY氏との会話である。Y氏はIT業界の人で、今は下請けのような立場で仕事を請け負っている。もっと儲かるビジネスをしたいと思っているという。

筆者「今、儲かっているのですか」 Y氏「さっぱりです」
筆者「なぜ儲からないのですか?」 
Y氏「下請けだと利益が薄いんです」
筆者「では直接、顧客に売りに行けばよいのでは?」
Y氏「実績がないと無理です」
筆者「実績を作ればよいのでは?」
Y氏「どうやっていいか分かりません」
筆者「タダで案件を受ければ、発注するところはあるのでは?」
Y氏「お金がないんです」
筆者「ではお金を借りてくればよいのでは?」
Y氏「銀行はお金を貸してくれません」
筆者「お金を貸してくれる事業計画を書けば良いのでは?」
Y氏「どうやって書いたらいいか分かりません」
筆者「では書ける人に頼めばよいのでは?」 Y氏「知り合いにいないのです」
筆者「クラウドソーシングで探せばよいのでは?」 Y氏「使ったことがないので・・」

ビジネスのカギとなる部分は意外と単純
 もちろん各業界にはいろいろな慣習があり、そう簡単に状況を打開できるとは限らない。しかし筆者の経験上、多くの業界において、工夫次第で、実績のカベを乗り越えたり、下請けからの脱却を実現することが可能である。
 重要なことは、それを実現するために、何をすべきか考えることである。

 だがY氏の発言は、基本的にネガティブで、うまくいかない理由を列挙しているだけになっている。そこまでネガティブなら、なぜそんなに儲けたいと思っているのか不思議なのだが、そのあたりには矛盾を感じていないようだ。

 ビジネスにおいてやるべきことは意外とシンプルである。上記の例では、とにかく直接顧客から案件を受けることが利益率向上のカギになっていることが分かる。そうであるならば、それを実現するためには何をすべきかのか、徹底的に考える必要がある。

 あるシステム会社の経営者は、最初の案件に限って、SE単価を半額にしてエンドユーザーから直接案件を獲得していた。

 日本の顧客は、「何かあったらどうするんだ?」という保身に走りがちである。だが単価が半分ということであれば、それを押しのけても発注してみようという顧客は出てくるものである。

【参考記事】
物事を言い切ってしまう人はお金持ちになれない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

Image2
お金持ちになるためにはノーと言ってはいけない

 お金持ちになれる人は、重要な相手からの依頼には決してノーとは言わない。それに対 …

????????
実用書の購入は最大の自己投資である

 一般に自己投資は大事だといわれる。だがこの手の話の多くが、お金持ちになるための …

kome001
生産性が高いということ

 「コメ作りをやっていると人口が減る」という秋田県知事の発言がちょっとした話題に …

hikutsu
卑屈な精神構造ではお金持ちになれない

 せっかくのチャンスがありながら、物事に対する考え方一つで、それを生かせないケー …

EY086_L
英語ができるとお金持ちになれるのか?

 日本人の多くが不得意と感じている英語。お金持ちになるためには英語は必要なのだろ …

a0002_01666aa
メール不達時の対応はお金持ちか貧乏人かの分かれ道

 メールを送ったがエラーで返ってきてしまった。聞いた電話番号にかけたら違う人が出 …

jikan0501
お金持ちの交渉術

 お金持ちになると交渉を有利に進めることができる。だがお金持ちでなくても、お金持 …

yume0025
夢を持てという人を信用するな

 夢を持つことは大事だといわれる。ネットやテレビを見ても夢を持たなければいけなよ …

oecdchousa001
ITが不得意な日本人はお金儲けが下手?

 OECD(経済協力開発機構)が興味深い調査データを発表している。世界の15歳を …

wakaranai9797
自分が知らない話に遭遇した時の態度でお金持ちになれるかどうかが決まる

 人は自分が知らない話に遭遇すると、うまく振る舞うことが出来ない。先入観や価値観 …