お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

親の年収が高いと学校の成績がよいというのは本当か?

 

 親の年収や学歴が高い方が子供の学業成績がよいという文部科学省の調査結果が話題となっている。学校の成績がよいことは必ずしもお金儲けにつながるわけではないが、家庭の環境が子供にどう影響するのかという意味では非常に興味深い。

お金がある方が学校の成績がよい理由は?
 この調査は文部科学省が実施した全国学力調査の結果と保護者へのアンケート調査の結果を組み合わせたものである。家庭の所得、父親の学歴、母親の学歴の3つを総合したものを「社会経済的背景(SES)」とし、その指標と子供の成績を比較している。

 結果はかなりハッキリとしたものになった。小学校、中学校とも、調査対象となったすべての科目において、社会経済的背景が高い家庭の子供の方がテストの結果が上位だったのである。

 結果そのものはだいたい想像ができるのだが、問題はなぜ親が高所得で高学歴だと子供の成績がよいのかという理由である。どうやら、もっとも大きく影響しているのは、家庭での勉強時間のようである。

 調査結果では、親の所得や学歴が高いほど、子供の勉強時間が長いという顕著な特徴が見られる。つまりお金があることではなく、親が子供の勉強に熱心であり、家での勉強時間が長いことが好成績につながっているというのである。

 これは逆に言えば、勉強時間さえ長ければ、経済的、社会的に不利であってもよい成績を残せることを意味している。年収や学歴がもっとも高いグループで勉強時間がゼロの子供と、もっとも低いグループで3時間以上勉強している子供の成績はほぼ同じであった。
 これをどう見るかは人それぞれだろうが、ともかく、家庭環境が悪くても長時間勉強すればそれをカバーできることは間違いない。

時間の差なら努力でカバーできる
 おそらくこうした傾向はすべての面で共通ではないかと思われる。本コラムでも何度か取り上げたことがあるが、統計的な裏付けはないものの、経験則的にはお金持ちの家の子供がお金持ちになりやすいという傾向がある(相続したという意味ではない)。

 この経験則が勉強と同じようなものと考えれば、お金持ちの家の子供がお金持ちになりやすいのは、経済力の違いそのものよりも、お金に関する知識であったり、感覚を身につける機会や時間がふんだんにあることが大きく影響している可能性がある。

 これについては二通りの解釈ができる。ひとつは、あくまで知識など教育時間の問題なので、後からでも克服することは十分に可能というもの、もうひとつは、時間の差は埋めようがないので、お金がない家に生まれた人は不利であるというものだ。

 どちらが本当かは分からないが、少なくとも時間でカバーできることは間違いないようである。そうであれば、たとえ後からでも、お金に関する知識は学習する方がよいということになる。少なくとも筆者はそれが大きな効果を発揮すると考えている。

【参考記事】
お金儲けは才能なのか?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

ES035_L
お金持ちにはホンモノの味が分かるというのは本当か?

 お金持ちの人はホンモノの味が分かるという話がある。日頃からレベルの高い食事をす …

PHM11_0627
お金がないことを言い訳にしない

 お金がないことを言い訳にするのは、努力しないことを正当化するもっとも初歩的な手 …

gakkou
学校教育の呪縛から解放されないとお金持ちにはなれない

 日本人は学校教育が大好きである。勉強が好きなことは悪いことではないが、学校教育 …

risukusuji
お金持ちはリスクを数字化できる

 お金持ちは、自分が直面しているリスクを数字にすることができる。逆にお金に縁のな …

a1640_000054
お金持ちになっても満足が得られない本当の理由

 多くのお金持ちの人は、他人が思うほど満足した人生を送っていないことが多い。これ …

sentaku401
迷ったらチャレンジングな方を取れ

 お金持ちになるための考え方の一つに「迷ったらチャレンジングな方を取れ」というも …

6153342
お金持ちの値段の聞き方

 お金持ちの人は自分が貧乏だと思われたらどうしようという感覚がないので、値段を聞 …

PHM11_0049a
スタートするのは早いほうがよいか?

 ただ漠然と毎日を過ごしていてもお金持ちになることはできない。事業であれ投資であ …

ronnso9977
お金持ちは人と論争しない

 やたらと人と論争したがる人がいる。論じることが目的の場ならいざ知らず、ビジネス …

kakikotoba
お金持ちは「書き言葉」で考える

 言葉には話し言葉と書き言葉の2種類がある。同じように頭の中においても、話し言葉 …