お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちの人が諦めモードになりやすい理由

 

 すべての人がそうではないが、お金持ちの人は、世の中に対して諦めモードになっている人が多い。だが話をよく聞いてみると、最初からそうだったわけではなく、むしろ逆の性格だった人も多い。だが、お金持ちになってしまうとなぜか諦めモードが強くなってしまうのだ。

お金持ちの体験を伝えようとするが・・・
 お金持ちの人は、自身が成功すると、他の人にも同じように成功して欲しいと考えることが多い。中には自身の成功体験をさらにお金儲けの手段として活用する人もいるが、そうではなく、次に続く人を純粋に育成したいという趣旨で、成功体験を話す人もいる。

 ただ他人に成功体験を話したり、アドバイスを続けていると、いろいろなことが見えてくる。
 本コラムでは何度か指摘しているが、お金持ちになるための絶対的な方法などは存在しない。それがあれば、皆がお金持ちになっているはずである。だがお金持ちに特有の考え方や物事への取り組み方というものは存在している。

 だがこの考え方や価値観が、理解できると人と理解できない人にくっきりと分かれてしまうというのが現実である。お金持ちの人の価値観は、既存の一般的な価値観とは合わないことが多いので、それを聞いた人の中は、感情的に納得できないということも多いのだ。

 お金持ちの人は、自身の考え方を他人に伝え、他人もなるだけお金持ちに近づけるようにと考えているわけだが、まったく受け付けてもらえないということもあるようだ。

努力できるのも才能のうち?
 お金持ちになった人が、最初からお金儲けだけを目的に事業や投資をはじめたとは限らない。自身の信念が正しいことを事業や投資で証明したいという目的でプロジェクトを始める人も少なくないのだ。

 だがせっかく事業や投資で成功したとしても、後に続く人というのはなかなかいない。
 結局、何かを成し遂げる人は放っておいても達成するし、何も達成できない人はどんなにアドバイスをしてもムダという感覚になってきてしまう。その結果、世の中に対して突き放したようなスタンスになってしまうのだ。

 最終的にお金持ちの人は、成功するかしないかは、才能の問題なのか、努力の問題なのか、という点で深く悩んでしまう。
 お金持ちなった人の多くは、当初は、お金持ちになれるかなれないかは、努力の問題が大きいと考えている。少なくとも、お金が離れていくようなことをやらないという多少の努力さえすれば、お金持ちにかなり近づけると考えている。

 だが時間が経つにつれて、お金持ちになれるのかどうかは才能ではないか?という方向に考え方は変わっていく。だがその才能はいわゆる天賦の才能ではない。お金持ちになるための努力ができるかできないのかという意味での才能である。

 努力することも才能なのだとすると、確かに解決方法は存在しないことになってしまう。もっともこのテーマは永遠のものであり、最終的な結論が得られることはないだろう。

【参考記事】
失うものがない人ほど失敗を恐れるわけ
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

moyamoya003
相手にモヤモヤする人はお金持ちになれない

 このところ、相手にモヤモヤするという言葉の意味が変わってきている。以前はまさに …

kauntodaun
お金持ちの人は自分の死を数字にできる

 お金持ちの人にとって時間は何よりの貴重品である。したがって自分が死ぬまでにどの …

sekai
グローバルなお金持ちが見せるもう一つの顔

 日本には150万人とも180万人ともいわれる数のお金持ち(金融資産1億円以上) …

fudosan
お金持ちは時代で変わる

 どのような職業の人がお金持ちになりやすいのかは時代によって変化する。時代によっ …

FQ115_L65a
お金持ちの人が心の安らぎを得られない理由

 お金持ちの人は、どんなにお金があってもなかなか心の平安が得られないという。その …

ED156_L
お金持ち本の読み方

 世の中にはいわゆる「お金持ち本」と呼ばれるジャンルの書籍がある。   ここには …

tokubai
あの人はお金持ちなはずなのに、なぜ貧乏そうなのか?

    「金持ちにホンモノもニセモノのない」の回では、上品なお金持ちと …

business
お金持ちにとって飛行機のビジネスクラスとは?

 お金持ちがビジネスクラスが大好きなのは本当だ。 筆者が話を聞いたお金持ちの多く …

honpickechi
ピケティから何を学ぶか

 フランスの経済学者トマ・ピケティの著作「21世紀の資本」が話題となっている。7 …

a1180_006712
提示された価格をそのまま受け入れてしまう人は貧乏なまま

 世の中、何をするにもお金がかかる。だが何かをするにあたって、提示されている金額 …