お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

相手にモヤモヤする人はお金持ちになれない

 

 このところ、相手にモヤモヤするという言葉の意味が変わってきている。以前はまさにスッキリしないという意味でモヤモヤだったのだが、最近では明らかに相手に対してイラついているという状態でも「モヤモヤ」という表現を使う人が増えてきている。
 だがイラついているという状況で「モヤモヤ」と表現する人は、残念ながら完璧な貧乏人予備軍である。当てはまると思うなら、すぐに改めた方がよい。

なぜイライラではなくモヤモヤなのか?
 明らかにイラついている状況であるのに、わざわざスッキリしないという意味の「モヤモヤ」を使うのは、自分が悪い人になりたくないという潜在的意識があるからである。日本では自己主張したり、仮に自分が正しくても相手を批判する人は周囲から嫌われる。これを避けるために、自分自身に言い聞かせる目的で、無意識的に曖昧な表現をしているのだと考えられる。

 だがこうした思考は何のメリットももたらさない。どんなに表現を婉曲にしていようが、不快であるという気持ちには変わりはない。「モヤモヤ」した相手に対して、これまでと同じように付き合うことはできないだろう。つまり良好な関係を今後も維持することはその時点で不可能なのである。

 一方、相手に対してはその意思を伝えているわけではないので、相手の行動は変わらない可能性が高い。結局相手は、何も気づくことなく、あなたが不快と思う行動を今度も取り続けることになる。

 もし嫌なことがあっても付き合いを継続するメリットがあるということであれば、モヤモヤした気持ちはすべて捨て去るべきだし、衝突してでも相手を変えたいと思うのであれば、遠慮なく主張すべきである。ただモヤモヤするというのはどちらの解決策にもならないのだ。

最終的な判断材料となるのは必要性のみ
 悪い人になりたくない、いい人でありたい、というのは防衛本能であり、基本的に受け身の発想である。市場メカニズムとは恐ろしいもので、常に神の見えざる手が働いている。

 受け身の姿勢ばかり取っていると、そこから得られる収益は基本的に平均値以下になってしまう。超過収益を得ようと思った場合には、やはりそれなりのリスクを取る必要が出てくる。受け身の発想をなくすことはその第一歩といえる。

 ではモヤモヤする気持ちは捨てたとして、イライラする相手に対してはどのように問題を処理すればよいのだろうか?究極的には相手の交際が自分にとって必要か必要ではないかを合理的に判断するしかない。

 「必要」というのは「利益になる」ということを意味しているのだが、その利益が何かのは、結局のところ、目的をはっきり定めないと分かってこない。つまり人間関係を最終的に決定するのは、気持ちの持ち方ではなく、目的なのである。

 なぜその人と付き合う必要があるのかをはっきりさせれば、どう振る舞うべきなのかは自ずとはっきりしてくる。
 本当に利益になる人物であるのなら、少々のイライラは我慢すべきだし、利益にならないのなら、付き合いをやめるべきである。利益になるかならないかの判断さえ付けば、行動に移すことは意外と簡単である。

【参考記事】
いつの間にかお金持ちになっていたということなどありえない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0002_00llc
お金持ちの人から話を聞くときの注意

 お金持ちの人たちの話は、著書やメディアのインタビューなどを通じて、間接的にでは …

yasukukau001
利益を上げる方法は単純だ

 利益を上げるためには、安く仕入れて、高く売ればよい。そんなことは誰もが分かって …

ET193_L
お金儲けはいけないという価値観は既得権益者のためにある

 日本では、お金儲けはいけないことという価値観が広く普及している。また日本は、所 …

konwaku
フローでお金持ちになる方法とストックでお金持ちになる方法の違い

   お金持ちにになるためは2種類の方法がある。ひとつはフローでお金持 …

EY086_L
英語ができるとお金持ちになれるのか?

 日本人の多くが不得意と感じている英語。お金持ちになるためには英語は必要なのだろ …

raibaru
お金持ちになるためには、見えない戦いに慣れる必要がある

 お金持ちになるためには、見えない相手と戦う必要が出てくる。お金持ちのレベルが上 …

waretada
お金持ちの達観は本物か?

 お金持ちになると、際限なく派手な生活をする人もいるが、一方で、悟ったようなこと …

a0002_001045666
会社は従業員の物という考え方はなぜダメなのか?

 一時期、会社は株主のモノか、従業員のモノかという論争があった。どうも日本では、 …

kajidaikou345
ホリエモンの家事月2万円論争から分かること

 先日、ネット上で家事の分担をめぐってちょっとした騒動が発生した。 あるブロガー …

Image2
お金持ちになる人は昔の話をしない

 人は誰でも昔の話を懐かしむことがある。だが人によって昔の話題が多いタイプと少な …