お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

共感を望んでいてはお金持ちにはなれない

 

 世の中には他人からの共感を求める人は多い。リアルな友人関係でもネットのブログでも「そうだね」といってもらったり「いいね」と言ってもらえることは気分がよいことである。だが、お金持ちになるという観点では、こうした他人からの共感はむしろ警戒する必要がある。共感を得られる言動を取っているということは、凡庸であることの証明でもあるからだ。

共感を得られないものほど可能性がある
 大きなお金を稼ぐことができるビジネスモデルや投資手法の多くは、まだ誰も手を付けていないものである。当たり前のことだが、儲かると分かっていることには皆が殺到するので、結局、競合が多くなり儲けは少なくなってくる(投資理論では裁定取引と呼ぶ)。

 したがって平均よりも大きな利益を得ようと思った場合には、まだ誰もやっていないことにチャレンジしなければならない。
 人間の多くは、自分が経験してきたことと異なるものに対しては拒絶反応を示す。結果として新しいビジネスや投資に関するアイデアは誰からも共感を得られないということになる。

 周囲にいる人の誰もが「うまくいくワケがない」と言うくらいのものでなければ、成功した時に莫大な利益をもたらしてくれないだろう。逆にいうと、周囲の人が皆、反対し、眉をひそめるような状況を見た時、「これはいけるかも」と思えるくらいタフでなければダメなのだ。

 その意味で、他人からの共感を得られないと精神的に満足できない人はお金持ちにはあまり向いていないかもしれない。お金持ちは孤独との戦いであることが多い。寂しがり屋の人は、あまりチャレンジしない方がよい。

顧客には共感ではなくメリットを提供する
 共感は凡庸につながるというのはビジネスそのもにもあてはまる。もちろん商売は顧客の支持を得られなければ利益を上げることも継続することもできない。だが本当に儲かるビジネスというのは顧客から共感を得てそうなっているわけではない。本当に儲かるビジネスをするためには、顧客に「メリット」を提供できなければダメなのである。

 あるビジネスモデルがうまくいくのかどうかをチェックするためには、以下の2つについて問いかけてみればよいといわれる。ひとつは「その商品やサービスはなくてはならないものなのか?」。もう一つは「その商品やサービスは絶対に欲しいものなのか?」という二つである。

 「こんな商品あったらいいね!」というものは、ある程度の販売にはつながるかも知れないが、大きなビジネスにはならない。

 多くの顧客が大金を落としていくのは、絶対に必要なもの、あるいは、絶対に欲しいもの、のどちらかなのある。そこにはメリットという概念は存在するが、共感という概念はあまり存在しない。

 もちろんこうした条件を満たす商品やサービスにはすでに先行者がいることが多い。だが中には、いずれかの条件を満たしているにもかかわらず、先行者がいないケースが存在する。それを見つけ出すことができた人が、大きな利益を手にするのである。

【参考記事】
お金持ちにはホンモノの味が分かるというのは本当か?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

hoken
小金持ちになるためには保険は掛け捨てに!

 前回と前々回は、お金持ちではなく、小金持ちになるための方法について述べている。 …

a0002_005819
荷物が多い人は貧乏人?

 最近、旅行ではなく普通の移動時に荷物用カートを使う人が増えてきている。電車など …

a0002_006826
あぶく銭の使い方をめぐるホントとウソ

 宝くじでちょっとした金額が当たった、思わぬ臨時収入があったなど、想定しなかった …

a0800_001183
コンプレックスはお金持ちになるための有力なツールだ

 世の中にはラッキーな人がいるもので、たいした努力もすることなく、ちょっとしたア …

a1640_000052
つまらないプライドを捨てられない人はお金持ちになれない

 人間のプライドは非常にやっかいなものである。プライドはうまく作用すれば非常に有 …

FR054_L
お金持ちの命運は家族が握る

 お金持ちにとって家族との関係は非常に重要な問題だ。  最初からお金持ちの人にと …

a0002_001044
誰が敵なのかを見極める

 ゼロサムゲームという言葉がある。ゼロサムゲームとは、参加者の得点と失点の総和が …

a0002_007515
過去の自慢話が多い人はお金持ちになれない

 学生時代の栄光を自慢げに話す人は少なくない。「オレは野球部のエースだった」「学 …

kazeyobo6573
お金持ちはカゼを引かない

 バカはカゼを引かないとよくいわれるが、本当にカゼを引かないのはお金持ちである。 …

noru
作家やミュージシャンはお金持ちなのか?

 「夢の印税生活」という言葉がある。著名な作家や作曲家であれば、印税ががっぽりは …