お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

二項対立を嫌う人はお金持ちになれない

 

 物事を分析したり解釈する際によく使われる手法が二項対立である。二項対立とは、二つの考え方が対立関係になるように二分して考える手法のことを指している。だが感情的に二項対立を嫌う人は意外と多い。だがこの概念を感情的に嫌っているとお金持ちになるのは難しいだろう。

二項対立への嫌悪は決断からの逃げである
 仕事やお金のことでよく話題になる二項対立としては、ビジネスはお金儲けのために行うのか、社会的意義ややりがいを求めて行うのか、といったものがある。友好関係なのか敵対関係なのか、あるいは進出なのか徹底なのかなど、あらゆる局面で二項対立は登場してくる。

 二項対立のよい点は、物事を極端に分けることで、双方の本質がよく見えてくることである。これは合理的な意思決定を行うにあたって非常に重要なことである。

 だが世の中には、二項対立による解釈や分類を、「極論だ!」などと言って感情的に嫌う人が多い。そのような人は、例えば「お金のためか、やりがいのためか」といったテーマでは「そもそも、お金かやりがいかで分類すること自体がよくない。そこで迷うのが人間だ」などといって、第三の軸を持ち出してきてしまう。

 第三の軸を持ち出してくると、それまでの論理的な対立軸が無効となってしまうので、永久に解決策を考え出すことができなくなる。これは意思決定において致命的といえる。

 世の中の事象は複雑なので、現実には二項対立で簡単に割り切れるものではない。こんなことは百も承知である。だが同じ折衷案であっても、極端な考え方から妥協を重ね折り合いをつけたものと、もともと曖昧な中で何となく出た結論とでは、本質的な意味が異なってくる。
 第三の軸を持ち出す行為は結局、逃げでしかないのだ。だからこそ、あえて物事を単純化し二項対立で分析するのである。

決められなければお金持ちにはなれない
 お金持ちになるためには、収入を増やして支出を減らせばよいという。とりあえずすぐに出来ることとしては支出の削減ということになるのだが、ここで二項対立ができる人とそうでない人には決定的な差が生じることになる。

 二項対立の世界では、費用削減を考える際には「必要な支出」か「不必要な支出」の2種類しかない。

 一般人の生活で支出のほとんどを占めるのは、住宅、車、保険の2つである。ここを削らないと支出削減はほぼ不可能である。ここでお金持ちになれる人は、二項対立にしたがって、要・不要を思い切って決断できる。

 多くの人にとって車は不必要な存在である。仕事で一日中車に乗る人を除いては、全部タクシーに置き換えても安上がりなケースがほとんどだ。
 車はあったら便利という存在でしかなく、二項対立という世界感においては、車は「不要」という扱いになる。

 だが二項対立を嫌う人は決してそのように判断しない。「車がないと困ることがある」「周囲の評判がある」など様々な第三の軸を持ち出してきて、要・不要を決めたがらない。
 もし必要だという結論なのであれば、車の支出削減は諦めなければならず、他の項目を大幅に減らすか、支出削減そのものをやめてしまうのかのどちらかしかない。だが、おそらくそれも決められないだろう。

 投資する・しない、会社を辞める・辞めない、付き合う・付き合わないなど、お金に限らず仕事や友人関係など様々な部分でこうした局面に遭遇しているはずだ。金持ちになれるのかどうかは、結局のところ、よほどの強運の持ち主でもなければ、決められるか、決められないかにかかっているのだ。「そうは言っても」というのが口癖の人は十分に注意した方がよいだろう。

【参考記事】
お金持ちは自分へのご褒美をしない
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

yasasi7001
お金持ちが交渉相手に対して優しいことが多い理由

 お金持ちの人は、思いのほか、交渉相手に対して優しく接することが多い。もちろんこ …

oboriken
お金持ちは情報のバイアスから自由である

 人は知らず知らずのうちに情報にバイアスをかけている。多くの人が、どうなるのかを …

PHM11_0849
海外に行くことがグローバル化だと思っている人はいつまでも貧乏なまま

 最近は企業のグローバル化やアジア進出の話題で持ちきりである。これからは世界で勝 …

kanjo6643
感情的になれないとお金持ちにはなりにくい

 人は感情に大きく左右される動物である。これがマイナスに作用すると非常によくない …

GD023_L
お金持ちになりたければリスクの概念を変えろ

 お金持ちになるためにはある程度リスクを取らなければならないと本コラムではたびた …

siniarich
日本の富裕層が124万世帯という数字をどう見るか?

 ボストン・コンサルティング・グループが発表した調査結果によると、100万ドル( …

kuremu6004
お金持ちのクレームの付け方

 前回はお金持ちの交渉術について解説したが、今回は関連してお金持ちのクレーム術に …

a0002_006849
お金にだらしない人と関わるとお金持ちになれない

 お金持ちになりたければ、お金にだらしない人と関わってはダメだ。お金にだらしない …

a1180_003202
お金持ちになりたければただの消費者になってはいけない

 お金にまつわる世界では、人間には「消費者」と「投資家」の2種類しかないといわれ …

mobile
勝つことより負けないこと

 お金持ちになるために意外と重要なことが「負けないこと」である。 投資であれ事業 …