お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金儲けはいけないという価値観は既得権益者のためにある

 

 日本では、お金儲けはいけないことという価値観が広く普及している。また日本は、所得が公平で貧富の差が少ないとイメージも強い。だが実際にはかなり貧富の差がある。
 外国にように資産1兆円などという突出したお金持ちがいないのは確かだが、相対的な貧困率は先進各国の中でもかなり高い。しかもお金儲けがいけないという価値観は、現在の社会で相対的に裕福な既得権益層の富を維持するためのメカニズムとして作用しているのだ。

日本の大企業と中小企業は一種の身分制になっている
 ここでいう既得権益層とは、公務員や団体職員、規制で守られた大企業の従業員などのことを指している。公務員や大企業の従業員は終身雇用が保障されており、ひとたび入社してしまえば一生安泰だ。

 確かに日本の大企業サラリーマンや公務員は、そうでない人の何十倍もの給料をもらっているわけではない。
 だがたとえば平均的な勤労者の年収が400万円だとすると、彼らは600万から800万円をもらうことができ、それが一生保証される。

 これは一種の身分制度であり、大企業の社員や公務員になれなかった人は、起業でもしない限り、一生そうした立場になることはできないのだ。

 日本の半導体産業の復活を託されたものの、残念ながら最近米国企業の傘下に入ってしまったエルピーダメモリーという会社がある。同社の社長をつとめた坂本氏は、同社に移る前はある半導体会社の副社長だったのだが、最初は会社の倉庫番からのスタートだった。こんな大抜擢があるのは、坂本社長が以前に務めていた会社が、外資系だったからである。

 このような大抜擢は外国の会社ではよく行われる。このため学校を出た時にある程度の勝ち負けがあっても、数年経つとまた人が入れ替わりガラガラポンとなる。また競争が行われ勝ち負けが出るが、また数年するとリセットされる。
 確かにいい思いを永遠に続けることは出来ないが、失敗してもまたチャンスがある。勝った人もそうそううかうかしていられない。いい意味で、健全な競争が続くのである。

お金儲けがいけないことだと誰が得しているのか?
 日本の会社ではなぜそうならないのかというと、日本の大企業は競争を避け、待遇の差をあまり付けないからである。日本の大企業は社長になったからといって、平社員の何百倍の給料がもらえるわけではない。だが諸外国の企業は違う。課長、部長、社長と上り詰めれば、給料はすさまじい勢いで上がってくる。

 このため皆、そうした高給を得るために、必死で成果を上げるよう努力するようになる。
 成果を上げるためには、デキるヤツがいれば、学歴などに関係なく上司はどんどん抜擢する。それは自分が昇進していい給料を得るためなのである。
 だが日本企業のサラリーマンにはそうしたインセンティブはない。結果として、学校を卒業した時の序列が永遠に継続するという息苦しい社会となる。

 だがこのような閉塞的な社会制度を正当化しているのが「お金儲けはよくないこと」という価値観なのである。お金儲けはよくないことなので、競争をせず、自分よりも立場が下の人より、ちょっとだけ給料が高いことや役職が高いことに満足して、その状態が永遠に続くようにする。その結果が先進国でもトップクラスの貧富の差となってあらわれている。

 高度成長期のように黙ってものつくりをしていればよい時代ならともかく、独創的なアイデアや仕組み作りが求められる現代社会で、このような体制で勝ち残っていくことは難しい。この枠組みからはずれ、お金儲けを目指すことは、日本全体の利益にもつながるのだ。

【参考記事】
お金持ちになりたければ年配者の意見は無視しろ
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

Image6
アフィリエイト・ビジネスは儲かるのか?

 最近ではネットが生活インフラの一部として定着してきたことで、パソコンやタブレッ …

9abde14a15aecf134
市場での価値はスキルとは比例しない

 多くの人が市場での価値を高めようと努力している。しかし実際に自分というものを市 …

ennkikinouImage2
演繹法と帰納法、お金持ちになれるのはどっちだ?

 人間が何かを考えて問題を解決する場合には、二つの方向からの進め方があるとされて …

fufu0001
ダブルインカムはお金持ちへの最短距離

 大きくお金を儲けるにはある程度の元手が必要。これは残念ながら真実である。よほど …

morningset
時間のコストというものを真剣に考えよう

 時間には実は莫大なコストがかかっている。この部分をどう考えるのかで、豊かさに対 …

PHM11_0627
お金がないことを言い訳にしない

 お金がないことを言い訳にするのは、努力しないことを正当化するもっとも初歩的な手 …

hikutsu
卑屈な精神構造ではお金持ちになれない

 せっかくのチャンスがありながら、物事に対する考え方一つで、それを生かせないケー …

a0001_000576
お金持ちから遠ざかってしまう環境とは?

 お金持ちになるためには能力はもちろん大事な要素だが、日々の環境も大きな影響を及 …

sihonshugi
資本主義はお金では買えないという皮肉

 資本主義と拝金主義はしばしば混同されることがある。日本は資本主義が根付かない社 …

a0002_001045666
会社は従業員の物という考え方はなぜダメなのか?

 一時期、会社は株主のモノか、従業員のモノかという論争があった。どうも日本では、 …