お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

川越シェフ騒動から考えるお金持ちの振る舞い

 

 テレビでも人気の川越シェフが、顧客からのクレーム・コメントに雑誌で反論した内容が問題となり、2度にわたって謝罪する状況に追い込まれた。クレームをつけた顧客の主張と川越氏の反論の是非はともかくとして、一連の出来事はお金持ちの振るまいとはどのようなものであるべきかを知る上で非常に参考になる。

水の値段が問題なのか、勝手なオーダーが問題なのか混同
 きかっけはネットに書き込まれた顧客のクレームであった。顧客は、川越シェフの店に行ったが、頼んでもいない水を出されて800円請求されたのはおかしいと主張していた。これに対して川越シェフは、雑誌のインタビューで、年収300万円、400万円という貧乏人が来るところではないと反論したことから大騒ぎになったのである。

 川越シェフによれば、高級店では水が800円するのは当たり前で、2000円するところもある。この値段で高いと思うような人は来なくていいということであった。ネットでは、年収300万円、400万円という発言が一人歩きして、川越シェフには批判が集中したわけだが、メディアの続報では、川越シェフを擁護する発言も一部には見られた。

 だが世の中のお金持ちの人の多くは首をひねったはずである。高級店で水をオーダーすれば1000円、2000円するのは当たり前なのだが、いわゆる高級店と呼ばれる店で、客にだまって有料の水を出すこと自体があり得ないからである。

 客単価が高い店には、実は二つの種類がある。実際にお金のある人が何度もやってくるタイプの店と、高級にあこがれる庶民が奮発してたまに行くだけの店である。両者は価格帯は似ていても、サービスの内容はかなり異なっている。川越シェフの店は、前者であるかのような誤解があり、話がややこしくなっているのである。

高級店と疑似高級店の違い
 ホンモノの高級店は、顧客からのオーダーには相当の神経を使う。お金持ちの常連さんで持っているので、勝手にオーダーしていない水などを出して料金を徴収したら大変なことになる。顧客はお金に余裕があるので、大声でクレームはつけないだろう。だがその顧客は二度とその店には来なくなる。
 高級店では、よほど店と顧客の信頼関係が出来ていない限り、オーダーの内容は必ず確認するようなシステムになっていることがほとんどである。

 一方、庶民相手の疑似高級店はちょっと状況が違う。基本的に顧客は一度きりである。庶民が何度も足を運ぶことはないからである。
 したがって一回の来店時が勝負のすべてであり、とにかく客単価を上げようとする。
 よくないことだが、店によっては勝手にオーダーを入れるところもあるかもしれない。たとえは悪いが、銀座のクラブや観光地の安っぽいがバカ高いレストランみたいなものである。

 川越シェフの店は、どうも勝手にオーダーを入れていたようであり、その意味では疑似高級店といってよい。だがそうであれば、相手は庶民である。いろいろなクレームが出てくるはずであり、これに反論するのは御法度である。

 川越シェフがどこまでこのことを認識して発言をしていたのか不明である。ただ現時点で言えることは、サービスを提供した川越シェフもネットでクレームをつけた顧客も、疑似高級店という認識がなかった可能性が高いということだ。

 お金持ちの人は、自分が満足できる店はそうそうないことをよく知っている。新しい店に行くときには、基本的に何も期待していない。サービスがダメでもクレームをつける気にもならないことがほとんだ。お金持ちとはそんなものである。

【参考記事】
お金持ちはすべて自分のせいにする
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a1640_000190
同じことをやり続けるのは得か?

 新しいプロジェクトを始めたとしても、すぐに成果が出るとは限らない。だが、いつか …

monogayoi5512
いいモノを作れば売れるという話はなぜ間違っているのか?

 ビジネス世界では「いいモノを作れば売れる」という考え方と「いいものが売れるとは …

a0001_016523
いつもお金の話をすることの有効性

 ただ黙って座っているだけではお金持ちになることはできない。 お金持ちになるため …

PHM11_0592
貧乏人は自ら人の下に入ってしまう

 お金持ちになれない人の特徴的な思考回路のひとつに、自ら人の下に入ってしまうとい …

horiemon002
お金で幸せは買えるのか?

 ホリエモンこと堀江貴文氏が「お金があれば、愛も、幸福も、何でも買える」と発言し …

Image0002
お金持ちはお金に対する大衆の心理を理解している

 日本人の多くは、恐ろしいほどお金やビジネスに対する知識がない。知識がないといと …

PHM11_0627
お金がないことを言い訳にしない

 お金がないことを言い訳にするのは、努力しないことを正当化するもっとも初歩的な手 …

jikochu2001
自己中心的であることと、自身が儲けることとは天と地ほど違う

 お金持ちの人は基本的に自分の利益しか考えない。そうであるからこそ大きなお金を稼 …

kiseirashu
お盆に旅行するのはバカか?

 ホリエモンこと堀江貴文氏が「お盆に旅行するのはバカ」と発言したことが話題になっ …

risukutoritan551
無謀なことをするのとリスクを取ることは違う

 世の中にはリスクを取ることは無謀なことをすることと勘違いしている人がいる。その …