お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

人に褒めてもらいたい病から脱却せよ

 

 人は誰かに褒められると気分がいいものである。人から褒められることが努力のインセンティブになっている人も多い。だがお金持ちになりたければ、人から褒められたいという願望は捨てるべきだ。人ではなく、お金に褒められることを望む必要がある。
 人から褒められたいという願望は下手をすると、従属的な人間関係に自らを貶めてしまうリスクがある。例外はあるが、従属的な立場の人が大金を稼ぐことはほぼ不可能である。

人を褒めるという行為には上下関係が付随してくる
 人を褒めるという行為のほとんどは、立場が上の人から、下の人に対して行われる。学校の先生がもっとも良い例といえるだろう。学校において教師は無条件に立場が上である。教師に褒められる生徒は、教師の言うことを100%受け入れている生徒であり、そこには完全に従属的な関係性が存在する。

 職場でも同じ事である。部下を使うのがうまい上司は、部下を褒めるのが上手だ。褒めている分にはタダなので、一生懸命褒めて、部下をその気にさせて仕事に邁進させる。

 もちろん褒められたいという気持ちを原動力にして努力することは悪いことではないが、その気持ちが強すぎるのは非常に危険だ。学校を卒業して社会人になっても褒められたい病から抜けられない人は、常に自分を褒めてくれる、上の人を求めることになる。

 それから脱却できないと常に自分を褒めてくれるご主人様を探し続けるハメになる。

人から褒められるということは陳腐であるということ
 このようなマインドはお金持ちになるためにはもっとも邪魔になるものである。人から褒められるということは、人に使われているということであり、人から搾取されていることと同じである。

 究極的な話をすれば、人から一切褒められることがなく、人を褒めているばかりの人が、最終的な勝者となる。それは人から使われている部分が一切なく、人を使う側に立っていることを示しているからだ。

 先にも触れたように、褒め言葉と無償労働はセットになっていることが多い。
 お金持ちを目指すのであれば、お金に褒められることを望むべきである。お金が入ってきたことが褒められたことで、出て行ったことがけなされたことであると定義すれば、これほど明確なルールはない。
 お金の世界では、無償労働は単なる無償労働だ。それ以上でもそれ以下でもない。

 褒められたい願望は、新しいアイデアの邪魔にもなる。お金持ちになるためには、人がやらないことを先んじて実行する勇気が必要となる。凡庸な人は新しいアイデアに対して常に否定的だ。

 人から褒められたいという願望が強い人は、他人のウケがよい、陳腐なアイデアを出しがちである。これでは勝負は最初から決まってしまったも同然である。

【参考記事】
お金持ちは顔に出る?
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

Image2
もし今、1億円が手に入ったら

 もし今、1億円が手に入ったら何に使いますか? このような質問をされたらあたなは …

kauntodaun
お金持ちの人は自分の死を数字にできる

 お金持ちの人にとって時間は何よりの貴重品である。したがって自分が死ぬまでにどの …

ikehaya
ノマド的生き方でお金持ちになれるか?

 最近ノマド的な生き方に関する議論が熱い。メディアではノマド的な生き方をしている …

00001
お金持ちは顔に出る?

 以前のコラムで、多くの人はブランド物以外にお金持ちかどうかを判断する材料は持っ …

narikin
お金持ちにホンモノもニセモノもない

 世の中の多くの人が成り金を嫌っている。確かに、これ見よがしにブランド物を身に付 …

a0002_010421
どのレベルのお金もちを目指すのか?

 ひとくちにお金持ちといってもいろいろある。500万円の貯金があればお金持ちと思 …

project
お金で解決することの是非②

 前回は、お金持ちが見せた絶妙なお金での解決方法を紹介した。今回はそれとは正反対 …

morningset
時間のコストというものを真剣に考えよう

 時間には実は莫大なコストがかかっている。この部分をどう考えるのかで、豊かさに対 …

a0002_009572
お金持ちになると悟ることができる?

 仏教は悟りを目指す宗教である。悟りの境地に達すると、金銭、色恋、命などの煩悩に …

EK074_L
自動車を買うと小金持ちにもなれない

 お金持ちになるためには、節約はほとんど意味をなさない。だが前回のコラムでは、お …