お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

つまらないプライドを捨てられない人はお金持ちになれない

 

 人間のプライドは非常にやっかいなものである。プライドはうまく作用すれば非常に有効な働きをするが、下手に作用するととんでもない結果をもたらす。特にお金に関しては、つまらないプライドを持っていると、お金持ちへの道をシャットアウトしてしまう可能性があるので要注意だ。

ホームレスまで経験して怖いものなしのハズだったが
 現在、無職のTさんは以前は一流企業に勤めるサラリーマンだった。だが一流企業のサラリーマンには結構多いのだが、身の丈に合わない支出をしていて結構借金があった。
 Tさんは一発逆転を図ろうと、知人の実業家と一緒に新しい事業を立ち上げた。だが実業家も借金がかさんでいて事業資金を融通できない。結局、サラリーマンの肩書きのあるTさんが融資を受け事業をスタートさせたが、事業は失敗。借金の山だけが残ってしまった。

 Tさんは会社を辞めることになり、一時は生活に困窮。1週間程度ホームレス生活までするハメになった。結局、親類が多少の援助することになり、今は何とか生活ができているが、まだ職にはありついていない。

 筆者は以前にTさんと仕事上の付き合いがあり、Tさんから就職口を紹介してもらえないかと依頼されていた。Tさんは自己破産しており、以前の借金はチャラになっている。
 すべて失った後なので、とりあえず仕事を探し、タイミングを見計らって、今度はちゃんと事業を起こしたいという。Tさんは「ホームレスまで経験したので自分には恐れるものはなにもない。次は本気でチャレンジしてお金持ちになる」と言っていた。

 だが、こんなご時世なのでそうそう就職口などあるわけがない。筆者が手を尽くした結果、営業系のポストならいくつか紹介できるものがあった。すぐにTさんを紹介したのだが、Tさんが抱える問題点は、再就職が実現してからすぐに顕在化してきた。

自分では気がつかないが、人はバカげたプライドを結構持っている
 Tさんはせっかく就職した会社をすぐに辞めてしまったのである。Tさんに理由を聞いてもはっきりしない。就職先の会社の人に話を聞くと、どうも、営業の仕事がTさんには耐えられなかったようなのである。

 Tさんは以前は大手企業なので、営業といっても人に頭を下げる必要などなかった。ただ困ったことに、本人はそう考えておらず、自分は営業マンとしていろいろな経験を積んできたとすら考えている。だが中小企業の営業の現場では、顧客に怒鳴られることもしばしばで、Tさんにとってはこれが耐えられなかったのだ。

 破産してホームレスまで経験し「自分には怖いものはない」などと豪語していたにもかかわらずである。
 大手企業に勤めていたとはいえ、Tさんはただのサラリーマン家庭の出身でバリバリの庶民。人に頭を下げたくないという、Tさんのプライドはまったく意味不明だが、こんな状況になっても、それが邪魔をしているという事実は驚くべきことである。

 Tさんの例は決して極端ではない。自分では気がつかないプライドが思わぬところで、行動の制約になっていることが結構あるのだ。大企業など優遇された環境で生活してきた人にはその傾向が強い。お金持ちになりたいと思っている人は要注意である。

 筆者はその後Tさんに「つまらないプライドが邪魔しているのではないか?失うものがないというあたなの意見は、自分を偽っていますよ」と忠告したが、Tさんは納得しなかった。

 筆者はその後、Tさんと距離を置くことにしたのはいうまでもない。

【参考記事】
お金持ちになりたければ本当の敵を知れ
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0008_001856e
貧乏人の運に対する考え方

 前回に引き続いて、お金持ちと「運」に関する話をしたい。前回は、お金持ちの人ほど …

a0001_016474
頭で分かっているというのは分かっていない

 人間の理解には2つの段階がある。ひとつは理解したつもりになっている段階と、もう …

a1640_000076
いい人はお金持ちになれないが、誠実な人はお金持ちになれる

 世の中には、いわゆる「いい人」がたくさんいるのだが、彼らがお金持ちになることは …

a1640_000190
同じことをやり続けるのは得か?

 新しいプロジェクトを始めたとしても、すぐに成果が出るとは限らない。だが、いつか …

narikin
お金持ちにホンモノもニセモノもない

 世の中の多くの人が成り金を嫌っている。確かに、これ見よがしにブランド物を身に付 …

noru
作家やミュージシャンはお金持ちなのか?

 「夢の印税生活」という言葉がある。著名な作家や作曲家であれば、印税ががっぽりは …

ES153_L
お金持ちの人たちに学ぶ上手なお店の使い方

 お金持ちの人の多くは、馴染みのお店を持っている。 確かに馴染みのお店があると、 …

shouhitaisho9316
お金持ちにとって消費してよいお金とは

 散財して資産をなくしてしまうお金持ちは論外として、大きな資産を維持できるお金持 …

naniwa
高利貸しが儲かると思っているようではお金持ちにはなれない

 銭ゲバの象徴ともいえる高利貸し。非合法のものはヤミ金、合法だがかなりドギツイの …

Image2
お金持ちになるためにはノーと言ってはいけない

 お金持ちになれる人は、重要な相手からの依頼には決してノーとは言わない。それに対 …