お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

お金持ちは自分へのご褒美をしない

 

 自分へのご褒美というものがある。多くは頑張った自分に対して、何か欲しいをモノを買ったり、ちょっといいお店で食事をしたりすることを指している。だが多くのお金持ちは自分へのご褒美という概念がない。残念ながら自分へのご褒美という考え方は、お金持ちになれない人に多く見られる発想法なのだ。

自分へのご褒美は結局消費でしかない
 自分へのご褒美の最大の欠点は、自分のお金を消費しているという点である。しかも、ご褒美といっているくらいだから、ちょっと無理をした出費というニュアンスが含まれている。つまり自分はがんばったが、誰もそれを評価してくれる人がいないので、自分のお金で自分にプレゼントしたというところだろうか?

 自分が抱える不満に対して自分のお金を使って癒すという行為は、下手をすると堕落ループへ一直線となる。
 ある一瞬消費によって不満を癒すことができても、根本的な解決にはならない。癒しも慣れてくると効果が薄れてくるので、より高額の消費をしないと癒せなくなってくる。ショッピング依存症はこれがひどくなった結果である。

 もちろん人間だから、自分で自分を褒めてあげたいといった感情を持つのは自然なことである。だがそれが知らず知らずのうちに、消費と結びついてしまっているとすれば黄色信号だ。

 自分が抱える不満を究極的に解消する方法は、その不満の根本原因を完全に取り去るか、それを補って余りある収穫を得るしか方法はないのである。

お金儲けができれば自分を癒す必要がなくなる
 その意味でお金儲けはかなり汎用性の高い処方箋といえる。お金に対する気持ちは人それぞれだが、程度の差こそあれ、お金はほとんどの人にとって非常に価値の高いものである。

 たくさんのお金あれば、たいがいの問題を解決することが可能となる。
 そして非常に重要なことなのだが、お金があるとそのように考えることができるようになり、実際にお金をかけなくても、その問題について気持の整理がついてくるのである。

 結果的に一銭をお金をかけることなしに、自分の心を癒すことが可能となる。

 片方ではお金がない中で、出費を重ねながら不満な気持ちを癒すという悪循環になっている。もう片方では、結果的に一銭も出費をすることなく、不満な気持ちが解消されていく。両者の差はあまりにも大きい。

 つまりお金持ちの人は、不満に耐えて自分へのご褒美を我慢しているのではなく、自分へのご褒美をする必要がないというのが実態なのである。

 どちらに向かうのかは、ちょっとした気持ちの持ち方で変わってくる。ツラい状況に陥った時、消費に走るのか、それとも、ちょっと考え方を変えて、多くのお金を稼げる方法を考える方向に進むのか。決めるのはあなた自身なのである。

【参考記事】
オイシイ話があると信じる人、信じない人
【関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

kakikotoba
お金持ちは「書き言葉」で考える

 言葉には話し言葉と書き言葉の2種類がある。同じように頭の中においても、話し言葉 …

a1180_002525
お金持ちになれない人の発想法

 よほど運のいい人でなければ、何もせずにお金を儲けることはできない。ということは …

EK074_L
自動車を買うと小金持ちにもなれない

 お金持ちになるためには、節約はほとんど意味をなさない。だが前回のコラムでは、お …

SODAN
貧乏人もお金持ちも人の話を聞かないが何が違う?

 お金持ちはたいがい人の話を聞かない。貧乏人は人の話をよく聞くかというとそうでは …

RIBU
イマドキのお金持ちならやっぱりネット系

 お金持ちにもいろいろあるが、いまどきのお金持ちといえば、やはりネット系の起業家 …

FE048_L
遅刻体質はお金の世界では致命的問題

 貧乏な人と付き合っているとお金持ちになれないとよくいわれるが、それはお金のない …

sakaduki
会社のカネで飲むな!

 このようなご時勢なので、経費がバンバン落とせる会社はそう多くはないだろうが、そ …

a0002_007180
苦労した人がお金持ちになりやすいワケ

 苦労が多かった人はお金持ちになりやすいといわれているが、それは大筋合っている。 …

FR054_L
お金持ちの命運は家族が握る

 お金持ちにとって家族との関係は非常に重要な問題だ。  最初からお金持ちの人にと …

kajidaikou345
ホリエモンの家事月2万円論争から分かること

 先日、ネット上で家事の分担をめぐってちょっとした騒動が発生した。 あるブロガー …