お金持ちの教科書

お金持ちになるための法則を徹底解説。お金持ちになりたい人必見の情報サイト!

*

どんな分野でも上位の人と付き合え

 

 本コラムでは、よりレベルの高い人と交友関係を持つことがお金持ちになれる有力な手段のひとつであると解説してきた。このレベルの高い人というのは、実際にお金持ちになった人であることが望ましいが、お金持ちと直接関係ない分野であっても構わない。どんな分野であれ、上位の人からは学べることが多いのだ。

どの世界にもいる驚異的なスーパーマン
 ビジネスの分野であれ、芸術の分野であれ、それぞれの世界でトップレベルにいる人というのは想像を絶する能力を持っている。
 どんなに小さな趣味の世界であっても、その中で画期的な業績をあげている人は、信じられないようなことをやってのける。そして多くの場合、その能力を発揮するために費やしている努力や労力はハンパないレベルだ。

 筆者の知り合いのあるビジネスマンは大型バイクが趣味だったが、ある時その趣味をきっぱりとやめてしまった。彼が言うには「この世界は趣味じゃないから」だという。
 つまり大型バイクの世界でカリスマと呼ばれている人は、趣味などというレベルを凌駕した超人的な活動をしている。ある意味プロ以上であり、とてもついていける世界ではないからだという。

 新しい天体をいくつも発見しているあるアマチュア天文家は、いつでも星が見られるようにトレーラーハウスに住むようになってしまったし、あるソムリエは仕事が休みの日は朝から晩まで試飲ができるショップを回り、仕事とは関係なく居酒屋に行った時でさえ、安いテーブルワインを頼んで味と品種を確認している。
 
 だいたいどの分野であっても、天賦の才能でその能力をたちまち発揮する人と、尋常ではない努力でその能力を勝ち取った人の両方がいる。いずれにしても、成果を上げる人のほとんどが、生活のすべてをその分野に捧げている。

人生のすべてを捧げられるか?
 これらは我々に二つのことを教えてくれている。人には天賦の才能という自分ではどうしようもない部分があるということ。もうひとつは、たとえ天才であっても驚異的な成果を上げるためには尋常ではないレベルでその分野に自分自身を捧げなければならないということである。

 逆に考えれば、そこまで全力で取り組むことができれば、大天才ほどの成果は上げられないにしても、人よりも圧倒的に大きな成果を上げることは十分に可能である。どんな分野であれ、上位の人と付き合ってみれば、そのことを実感できるはずだ。

 お金儲けの世界も同様で、中には人間業とは思えないお金儲けの天才という人は存在する。
 だがお金儲けに成功した人の皆が天才というわけではない。ただ共通していえることは、どちらもお金儲けに対して人生のすべてを捧げている。それだけは確かだ。
 
 このほか、驚異的な成果を上げている人と付き合う機会が多いと、中途半端なカリスマには騙されなくなる。

 世の中にはそれほど成果を上げていないにも関わらず、一部の人からカリスマ的に扱われる人がいる。中途半端なカリスマを持ち上げる人というのは、ほぼ例外なくダメ人間であり、カリスマの精神的な取り巻きになることで自分のアイデンティティを確立しようとしている。

 特定の人に入れ込んで「この人はスゴイんだ」と思い込んでいる人に大胆なアイデアなど浮かぶはずがない。その状態でお金儲けなど到底無理な話である。

【参考記事】
年収1000万円はお金持ちではない
関連サイト】
なぜあなたは出世できないのか?
投資で成功するために絶対知っておくべきこと
起業・独立で成功するために知っておくべきこと
放射能から身を守る食品サイト
記事にできないホンネを集めた脱力系裏ニュースサイト

  関連記事

a0009_000153
お金持ちの健康志向は独特だ

 お金持ちの人で健康に関する意識が高い人は多い。確かによほどの資産家で、しかもほ …

やくざやさん
お金持ちには身の危険がある!?

 お金持ちはドロボーに入られやすいとか、いろいろと危ないことがあるといわれている …

1okuattara001
お金持ちはなぜ大金を残して死ぬのか

 お金持ちの人で相当な資産を残したまま死ぬ人は少なくない。相続する子供がいれば問 …

FE048_L
遅刻体質はお金の世界では致命的問題

 貧乏な人と付き合っているとお金持ちになれないとよくいわれるが、それはお金のない …

FB119_L
年収1000万円はお金持ちではない!

 前回はいくら以上から大金持ちといえるのかというテーマだったのだが、結論としては …

tomobataraki441
世帯年収に気を付けろ

 マイホームを買うときの目安は年収の5倍などとよくいわれるが、一方で、こうした指 …

byoudouusa
本当の格差拡大はこれから

 日本はこれまで貧富の差が少なく平等な国だとされてきた。一方、米国は弱肉強食の社 …

panasonic03
選択と集中か?それとも分散か?

 かつて選択と集中というキーワードが流行ったことがある。現在でもグローバル経営の …

Image2
人に褒めてもらいたい病から脱却せよ

 人は誰かに褒められると気分がいいものである。人から褒められることが努力のインセ …

tokubai
あの人はお金持ちなはずなのに、なぜ貧乏そうなのか?

    「金持ちにホンモノもニセモノのない」の回では、上品なお金持ちと …